新車を買おうCAR!>コペン 値引き

コペンの一発値引き交渉!交渉が苦手な方必見!


※コペン:daihatsu.co.jp

 

値引きが渋い傾向にあるコペンを、一度の交渉で限界値引きまで引き出す方法です。

 

このページで情報収集して商談すれば、値引き交渉が苦手な方でも簡単に出来る方法なので、是非参考にしてみてください。

 

 

コペンの限界値引き金額をシミュレーション

 

コペンの車両本体からの値引きの他に、ディーラーオプションからも20~30%の値引きが可能です。

 

ディーラーオプションに、ディーラーの利益率が高い点検パックボディコーティング、錆止め塗装、ホイール付きの冬タイヤ、同等の市販品より高い純正ナビなどが含まれていれば、ディーラーオプションからの値引きは大きくなります。

 

以下を参考にコペンの限界値引き額を算出しましょう。

 

ダイハツ コペン車両本体からの目標値引き額(2017年11月現在)

 

10万円

 

ディーラーオプション金額 ディーラ―オプションからの目標値引き額
10万円 2~3万円
20万円 4~6万円
30万円 6~9万円
40万円 8~12万円
50万円 10~15万円
瞬間的に値引きが多くなる時期
1月後半~3月末
(年度末決算セール)
上記+3万円前後
6月~7月末
(夏のボーナス商戦)
上記+1万円前後
8月中旬~9月末
(中間決算セール)
上記+2万円前後
11月~12月末
(秋・年末商戦)
上記+1万円前後

※参考 コペン実際の値引き額

 

上記の今月の車両本体からの値引き相場と、ディーラーオプションからの値引きを合わせれば、コペンの限界値引き額が算出されます。

 

さらにコペンを購入する時期によっては、上記の瞬間的に値引きが大きくなる時期があります。それらの時期に該当するなら、上記の値引き金額もプラスして、一発値引き交渉でディーラーに伝える目標の総支払額をシミュレーションしましょう。

 

上記の値引き金額には、〇万円~〇万円と金額に幅を持たせています。

 

MAXの値引き数値でも可能な値引き金額となりますが、時期やタイミング、またディーラーによっては、限界値引きを達成できないケースも出てきます。

 

MAX値引きじゃなくても上記の金額の幅であれば、コペンの値引き相場として十分お買い得な値引き金額となるので、MAXから幾分控えめな値引き数値も、契約条件の落としどころとして準備しておきましょう。

 

MAX値引き例(決算期や利益率が高いディーラーオプションを付けた場合)

値引き種別 値引き金額
車両本体から 10万円
ディーラーオプション20万円から(30%) 6万円
9月の中間決算期 3万円
コペンの限界値引き額 19万円

 

 

控えた値引き例

値引き種別 値引き金額
車両本体から 10万円
ディーラーオプション20万円から(20%) 4万円
9月の中間決算期 1万円
コペンの限界値引き額 15万円

 

以上はあくまで一例です。ケースバイケースで臨機応変に設定しましょう。

 

 

下取り車の相場チェック

 

下取り車があれば、現在の価格相場を調べてコペンの希望予算に組み込みましょう。

 

221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム
ガリバーのオンライン無料査定です。買取業界最大手のガリバーは、買取実績ナンバーワンです。台数を多く買い取る事により高価買取が可能になり、下取り車の高査定が期待できます。下取り車を高く売るならガリバーの査定は欠かせませんね。

 

 

コペンの諸費用は?

 

コペンの諸費用です。

 

車両本体価格とオプション価格に、諸費用をプラスして、コペンの値引き前の総支払額を出しておきましょう。

 

コペンセロの諸費用合計金額 122,060円

 

・自動車税 0円

・自動車取得税 32,100円

・自動車重量税 9,900円

・自賠責保険料 35,610円

・リサイクル料金 8,860円

・登録諸費用 35,590円

 

 

実践!コペンの一発値引き交渉術!

 

コペン一発値引き交渉を成功させるには、まずは上記でコペンの限界値引き額を算出して、定価の総支払額から差し引き、コペン購入目標金額を出しましょう。

 

定価の総支払額(希望グレードの車両本体価格+メーカーオプション金額+ディーラーオプション金額+諸費用)-コペン限界値引き額=コペン購入目標金額

 

 

ライバル車を契約寸前の状態でダイハツへ行く

 

購入目標金額が出せたら、ダイハツディーラーへ行って一発値引き交渉を仕掛けますが、ここで普通に商談していては成功しません。

 

「コペンは値引きできないんですよね~」とお決まりのセリフで終わってしまうでしょう。

 

コペンから値引きを引き出すには、セールスさんにやる気になってもらわないといけません。

 

「値引きしてでもこの人にコペンを売りたい!」と思わせる事ですね。

 

そのためには、「他の車と迷っている」状況を作る事です。

 

コペンのライバル車はホンダのS660です。S660を引き合いに出して一発値引き交渉をやってみましょう。

 

まずダイハツディーラーへ行ったら、コペンの実車を見学したり、試乗したりして、コペンを気に入ったそぶりをセールスさんに見せておきます。

 

そして商談のテーブルに着いたら、以下のように話してみましょう。

 

「先週からホンダのS660の商談をしています。値引きも出たのでこれから契約に行くつもりでしたが、コペンも気になったので見に来ました。車はどちらも気に入ったので、こちらの予算に合わせてくれたら、この場で決めようと思います。ダメならホンダへ行きます」

 

とやります。

 

以上のように伝える事で、セールスさんにも2つの大きなメリットを渡す事が出来ます。

 

・今すぐ契約出来る熱いお客(HOT客)に付いた

・ライバル社のお客さんを自社に取り込める

 

また、コペンの値引きをしなければライバルへお客さんを譲る事になるので、上司から値引き決済を取るための交渉がしやすくなるでしょう。

 

コペンから値引きを引き出すのは、正直簡単ではありませんが、このページで算出した限界値引き額なら、可能な数字となっています。

 

ただ、地域や時期、タイミングによってはそこまで値引きをしてくれないディーラーが出てくるかもしれません。

 

その場合は、落としどころで用意した「控えた限界値引き」を提示して着地させても良いでしょう。

 

上記ではS660を引き合いに出しましたが、隣県へ越境可能なら「隣の県のダイハツとの競合」を引き合いに出して一発値引き交渉をやっても効果があります。

 

 

コペンの購入条件を伝えて待つ方法

 

コペン一発値引き交渉では、成功すれば時短+大幅値引きを達成して効果が大きいですが、万が一ディーラーに断られて失敗に終わるケースもゼロではありません。

 

そんな不確定要素を排除するなら、コペンの購入条件を伝えて待つ方法もあります。

 

ダイハツディーラーへ行ったら、コペンの試乗や見積もりをして、出来ればセールスさんと良好な関係を作っておきましょう。

 

と言っても特別な事はする必要は無いので、普通に車以外の雑談等も交えながら、心象を良くしておきます。

 

そして帰り際に、「購入は急いでいませんが特別待つ理由もありません。お得に購入出来る時があれば連絡をもらえますか?」と言って連絡先を置いて出てきましょう。

 

こうしておけば、99%セールスさんから連絡が入ります。連絡があると言う事は「お得に購入できる時」と言う事ですね。

 

そして連絡が入ったらディーラーへ行き、「是非○○さんから買いたいが、予算が限られているので、こちらの希望に合わせてくれたら契約します。」と伝えます。

 

・お得に購入できる時に来ている

・セールスさんと良好な関係が作れていれば値引きを頑張ってくれる

 

以上の状況なので、セールスさんもなんとか買ってもらおうと、値引きを頑張ってくれるでしょう。

 

そしてセールスさんの顔色を伺いながら、コペンの限界値引きで通すのか、控えめの限界値引きで決めるか、探っていきましょう。

 

 

下取り車があるならさらにコペンの総額を下げる事が出来ます!

 

コペンから値引きを引き出す方法は上記の通りですが、もし下取り車があるなら、さらに支払額を下げる事が出来ます。

 

もちろん値引き交渉が苦手でも、簡単にできる方法です。

 

やらないと損なので、是非実践してみて下さい。

 

 

ディーラーはウソを付いている!?

 

新車を買うなら、取り合えず下取り車をディーラーで査定してもらう人が大半でしょう。管理人も毎回そうです。

 

しかし、ここで注意していただきたいのは、「ディーラーは下取り金額でウソを付いている」ケースが多い事です。

 

正確には、本来ある相場よりも低い下取り金額を伝えて来ます。

 

相場よりも低い金額で買い取れれば、新車とは別に下取り車でも大きな利益を得る事が出来ます。

 

なので、新車から値引きしても、下取り車の利益で補てん出来てしまうので、ディーラー的には損が無いと言う事になります。

 

ユーザーにとっては損しかありませんね・・・

 

 

ディーラーに騙されないためには?

 

以前、管理人はモビリオを買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。

 

その時の下取り金額は50万円でした。

 

ただ、ディーラーが本来の相場よりも安めに言ってくる事は知っていたので、比較するために買取店にも査定を申し込みました。

 

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の相場を教えてくれます。

 

 

概算相場

 

そこで出た金額は、ディーラーよりも20万円も高い金額でした。

 

次回ディーラーに行った時には、「買取店では70万円と言われましたけど・・」と伝えてみました。

 

セールスさんは少々慌てて上司に確認を取りに奥へ引っ込みました。

 

10分後戻ってくると、「うちもギリギリの線なので68万円+リサイクル預託金でいかがですか?」と言われました。

 

リサイクルの戻りも加算すると、約69.1万円になります。

 

その時の契約書はこちらです。

 

 

契約書

 

ディーラーの下取り金額が当初の50万円から、約19万円もアップした事になります。

 

もし最初の50万円で契約していたら、19万円もの損をしていた所でした・・・

 

この時した事は、買取店の査定サイトで表示された概算相場をディーラーに伝えただけです。

 

これだけで19万円もアップしたので、やっぱりディーラーは下取り金額を安く見積もって来たんだな、と思いましたね。

 

ちなみに、買取店の査定額は70万円でした。納車まで乗っていられるので、1万弱の差ならそのままディーラーへ下取りに出しましたが、買取店の方が2万でも高ければ、買取店へ売っていたと思います(笑)。

 

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

 

1分足らずの入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されるので、管理人のようにディーラーの下取り金額と比較したい方、すぐに愛車の相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

スポンサーリンク

PAGE TOP

copyright©2017 新車を買おうCAR! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com