デイズルークスの人気グレードと装備を評価!おすすめのグレードは?

デイズルークスの人気グレード徹底比較

デイズルークスは軽でありながら広い室内空間を持っているハイトワゴンで、室内の高さは1400mmもあり、自転車も積むことができます。

その広さとともに、オートスライドドアなどの使い勝手もあいまって人気を博しています。

そのデイズルークスの装備やおすすめグレードをを紹介します。

デイズルークスの売れ筋人気グレードベスト6を発表!

メーカー発表のグレード別販売台数や中古車流通量、ディーラーへの調査など、当サイト独自に出したデイズルークスの人気グレードランキングです。

順位グレード名価格(万円)流通台数
1位ハイウェイスター X162.9457台
2位X142.6361台
3位ハイウェイスター X Gパッケージ170.1303台
4位S130.7204台
5位ハイウェイスター X ターボ166.131台
6位ハイウェイスター G ターボ175.511台

デイズルークスの価格帯は130.7万円~203.8万円ですが、一番の売れ筋は中間グレードの「X」となっていることがわかります。

デイズルークスの人気グレードの装備を比較

デイズルークス ハイウェイスター Xの主な装備は?

デイズルークス ハイウェイスター X

○ スライドドアオートクロージャー(両側)

※X/ハイウェイスター X Gパッケージにも標準装備。

ドアを閉めるときに半ドア状態まで閉めると、あとは自動的に完全に閉めてくれます。

力の弱い子供やお年寄りに優しい機能です。

○ リモコンオートスライドドア〈助手席側〉

※Xにも標準装備。

デイズルークスのリモコンオートスライドドア(助手席)
デイズルークスのスライドドアのノブのスイッチ

インテリジェントキーを身に着けていれば、助手席側のスライドドアのノブのスイッチを押すだけで自動的に開閉します。

両手が荷物でふさがっている場合などに便利です。

デイズルークスのオートスライドドアはインテリジェントキー、インサイドドアハンドル、運転席スイッチから操作可能。

また、インテリジェントキーのリモコンや後席の内側のドアハンドル、運転席からも同じように動作可能です。

○ 155/65R14 75Sタイヤ&14インチアルミホイール

デイズルークス ハイウェイスター X専用14インチアルミホイール

専用の14インチアルミホイールが装備されていて、足元が引き締まった印象を与えます。

○ LEDヘッドランプ(LEDポジションランプ、オートレベライザー付)

※ハイウェイスター X Gパッケージにも標準装備。

デイズルークス ハイウェイスター XのLEDヘッドランプ

通常のバルブヘッドライトに比べて明るくて経済的なLEDのヘッドライトを装備しています。

また、荷物などで車体が下がった場合に、自動でヘッドライトの光軸を調整ししてくれるオートレベライザー機能もついています。

○ ハイビームアシスト

※ハイウェイスター X Gパッケージにも標準装備。

デイズルークス ハイウェイスター Xのハイビームアシスト

前方についたカメラで、先行車、対向車のライト、道路周辺の明るさ等を検知して自動でハイビームとロービームを切り替えます。

ハイビームでの走行を多くすることで、歩行者を早く発見するなど安全運転に貢献します。

デイズルークス Xの主な装備は?

デイズルークス X

○ 電動格納式リモコンカラードドアミラー(ドアロック連動自動格納機能付)

デイズルークス Xの電動格納式リモコンカラードドアミラー

電動式の格納ドアミラーですが、ドアロックに連動して自動で格納されるので狭い場所での駐車などに便利です。

○ アラウンドビューモニター

※ハイウェイスター X/ハイウェイスター X Gパッケージにも標準装備。

デイズルークスのアラウンドモニター
デイズルークスの自動防眩式ルームミラー
デイズルークスのアラウンドビューモニター(トップビュー&バックビュー)
デイズルークスのアラウンドビューモニター(サイドブラインドビュー&フロントビュー)

ディスプレイ付自動防眩式のルームミラーに4つのビュー(「トップビュー」「フロントビュー」「サイドブラインドビュー」「バックビュー」)が表示されるので、狭い場所での駐車でも、周囲が映像で確認でき、駐車が苦手な方でも安心して駐車することができます。

デイズルークスのルームミラー(自動防眩機能付き)

また、後続車のライトのまぶしさを防止する自動防眩機能も装備しています。

○ IRカット&スーパーUVカットグリーンガラス(フロント)

※ハイウェイスター X/ハイウェイスター X Gパッケージにも標準装備。

デイズルークスのIRカット&スーパーUVカットグリーンガラス(フロント)

紫外線(UV)をフロントガラスで約100%、フロントドア、フロントクォーターガラスでは約99%カットし、肌や髪へのダメージを少なくしますので女性や子供にうれしい機能です。

また、ジリジリとした暑さを防ぐ赤外線(IR)カット機能も装備しています。

○ プッシュエンジンスターター

※ハイウェイスター X/ハイウェイスター X Gパッケージにも標準装備。

デイズルークスのプッシュエンジンスターター

インテリジェントキーを装備していれば、プッシュスタートを押すだけでエンジンのスタート、ストップができます。

デイズルークス ハイウェイスター X Gパッケージの主な装備は?

デイズルークス ハイウェイスター X Gパッケージ

○ 165/55R15 75Vタイヤ&15インチアルミホイール(15×4.5J)

デイズルークス ハイウェイスター X Gパッケージの専用15インチアルミホイール

口径も一回り大きい専用の15インチアルミホイールを装備していて、足元のアクセントになっています。

○ オートライトシステム(ワイパー連動)

※ハイウェイスター Xにも標準装備。

周囲の明るさに応じてヘッドライトが自動で点灯・消灯します。

夕暮れ時やトンネル入り口などで自動点灯しますので、安全性に貢献します。

また雨天時にフロントワイパーを使用したときにも連動して自動点灯する便利な機能付きです。

○ 本革巻ステアリング

※ハイウェイスター Xにも標準装備。

デイズルークス ハイウェイスター X Gパッケージの本革巻きステアリング

本革のステアリングが手にしっとりとなじんで心地よく、またすべりにくく安全性にも貢献します。

○ サイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラー(ドアロック連動自動格納機能付)

※ハイウェイスター Xにも標準装備。

デイズルークスのサイドターン付電動格納式リモコンカラードドアミラー
デイズルークスのサイドターン付電動格納式リモコンカラードドアミラー
デイズルークスのサイドターン付電動格納式リモコンカラードドアミラー(ドアロック連動)

ターンランプをドアミラーにも装備していますので、他の車からも目立ち、安全性に貢献しています。

○ 助手席シートアンダーボックス(スライド式)

※X/ハイウェイスター Xにも標準装備。

デイズルークスの助手席シートアンダーボックス

助手席の下の小物入れはスライド式になっていて、前からも後ろからも出し入れでき、ちょっとしたものを出し入れするのに非常に便利です。

その他の人気の装備は?

○ エマージェンシーブレーキ

デイズルークスのエマージェンシーブレーキのイメージ図

標準装備になりつつある、緊急時の自動ブレーキです。

赤外線レーザーレーダで前方の車両を検知していて、衝突の危険が迫るとメーター内の警告とブザーでドライバーに注意を促して、緊急ブレーキをかけて衝突を回避、もしくは被害を軽減します。

 

デイズルークスのエマージェンシーブレーキの急ブレーキのイメージ図

また、急ブレーキを踏んだりした場合には、ハザードランプを高速で点滅させて後続車に危険を促して、追突される危険を少なくします。

○ 踏み間違い衝突防止アシスト(前進時)

デイズルークスの踏み間違い衝突防止アシスト

前方の障害物がある場合において、低速でアクセルを間違えて急に踏み込んだ場合等にメーター内の警告とブザーでドライバーに注意を促して、緊急ブレーキをかけて衝突を回避、もしくは被害を軽減します。

マニアには大人気!?デイズルークスのマニアックなグレード

デイズルークス ライダー

デイズルークスにはオーテックジャパンが製作する「ライダー」と言うグレードがあります。

専用のフロントグリルやフロントバンパーなど、スポーティな専用装備で、標準グレードとは一線を画すグレードとなっています。

様々なライダー専用パーツ

デイズルークス ライダーのフロントグリル&フロントバンパー
デイズルークス ライダーの専用エンブレム
デイズルークス ライダーの専用シート地(格子柄ニット)
デイズルークス ライダーの専用センタークラスター&シフトフィニッシャー

ライダー専用のフロントグリルやフロントバンパー、専用15インチアルミホイール、専用エンブレム、専用シート地、専用センタークラスターフィニッシャー、専用シフトフィニッシャーなど、ライダー専用パーツでよりスポーティでクールな外観と内装に仕上がっています。

当サイトのおススメグレードはデイズルークス ハイウェイスター X!

当サイトのおススメは、デイズルークス ハイウェイスターXです。

デイズルークスにはこれまでご紹介してきたように様々なグレードがありますが、当サイトのおススメグレードは「デイズルークス ハイウェイスター X」です。

その理由をご紹介します。

ハイウェイスター Xとハイウェイスター X Gの価格差

「ハイウェイスター X」と「ハイウェイスター X Gパッケージ」の価格差は約8万円で、その装備の差は、内装が豪華になるとか、スピーカーが増えるとかがメインで、機能的にはほとんど差がありません。

少々豪華な内装を好む方であれば「ハイウェイスター X Gパッケージ」でもいいかと思いますが、必要十分な「ハイウェイスター X」でOKだと思います。

XとハイウェイスターXの差

「X」と「ハイウェイスターX 」を比べますと、これはやはり装備にかなりの差があります。

ハイウェイスターエアロ、LEDヘッドランプ、オートライト、ハイビームアシスト、本革巻きステアリング等の装備が標準の「X」には付いていないので、価格は約20.3万円アップしますが、価格以上の満足度がハイウェイスターXにはあるでしょう。

質実剛健で十分な装備のハイウェイスター X

「ハイウェイスター X」は十分な装備を備えている上に、価格もそれなりに抑えられています。

このグレードであれば日頃のアシとしてのクルマの機能とともに、パッケージの良さも含めて、遠出をした場合など様々な場面でいろいろと活躍してくれるでしょう。

また、標準グレードより高いですが、その分ハイウェイスター外装のため、見た目がカッコいいです。車に乗り込むたびに、満足感と所有欲が満たされるのではないでしょうか。

下取り車があるならさらに新車の総額を下げる事が出来ます!

下取り車を高く売る?面倒だからあなたにあげる

新車購入で気になるのは値引きや総支払額ですが、もし下取り車があるなら、さらに支払額を下げる事が出来ます。

もちろん値引き交渉が苦手でも、簡単にできる方法なので、是非ご参考ください。

ディーラーはウソを付いている!?

新車を買うなら、取り合えずディーラーで査定してもらう人が大半でしょう。管理人も毎回そうです。

しかし、ここで注意したいのは、「ディーラーは下取り金額でウソを付いている」ケースが多い事です。

正確には、本来ある相場よりも低い下取り金額を伝えて来ます。

相場よりも低い金額で買い取れれば、新車とは別に下取り車でも大きな利益を得る事が出来ます。

なので、新車から値引きしても、下取り車の利益で補てん出来てしまうので、ディーラー的には損が無いと言う事になります。

ユーザーにとっては損しかありませんね・・・

ディーラーに騙されないためには?

以前、管理人はBMW1シリーズ(116i)を買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。その時の下取り金額は85万円です。

ただ、ディーラーが本来の相場よりも安めに言ってくる事は知っていたので、比較するために買取店にも査定を申し込みました。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の相場を教えてくれます。

 

かんたん車査定ガイドの概算相場画面

そこで出た金額は、ディーラーよりも20万円も高い金額でした。

次回ディーラーに行った時に、「買取店では105万円と言われましたけど・・」と伝えて見ると、セールスさんは少々慌てて上司に確認を取りに奥へ引っ込みました。

10分ほど経って戻ってくると、「うちもギリギリの線なので103万円+リサイクル預託金でいかがですか?」と言われました。

リサイクル料の戻りも加算すると、約104.2万円になります。

その時の契約書はこちらです。

 

下取り車の契約書

もし最初の85万円で契約していたら、19万円もの損をする所でした・・・

この時した事は、買取店の査定サイトで表示された概算相場をディーラーに伝えただけです。

これだけで19万円もアップしたので、やっぱりディーラーは下取り金額を安く見積もって来たんだな、と思いましたね。

ディーラーの査定より高ければ買取店へ売る選択も

ディーラーで契約の時に、「BMは買取店へ売る事になるかもしれないので、その時は下取りに入れない事を承知してもらえますか?」と伝えたら、あっさりOKしてくれました。

これで納車直前に、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらい、ディーラーより高ければ買取店へ売る事が出来ます。

もしディーラーの方が高ければ、そのままディーラーへ下取りに入れる事でセールスさんからOKをもらってます。この方法は、納車直前まで自分の車に乗っていられるのでおすすめです。

そして納車前に実際に2店の買取店に査定してもらいました。

1店目は、ディーラーの104.2万円に対して107万円

そして2店目には、「1店目で110万円、120万なら即決」と少し盛って伝えると、「120は相場を超えちゃってるので無理ですが・・・110ですか~・・・116万円ではいかがでしょう?」と、ディーラーよりさらに11.8万円のアップに成功です!

その時の契約書です。

買取店の契約書

一番最初の査定金額は、ディーラーの85万円だったので、実に31万円の上乗せに成功しました。

ディーラーだけでなく買取店の査定を検討して、本当に良かったと思いましたね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

1分足らずの入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されるので、管理人のようにディーラーの下取り金額と比較したい方、すぐに愛車の相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

限界まで値引きを引き出すデイズルークスの値引き交渉術

一度の交渉のみで、デイズルークスの限界値引きを引き出す方法です。少ない労力で大きい効果が得られるので、是非試してみて下さい。

>>デイズルークスの一発値引き交渉はこちら