新型ルークスの人気カラーランキング!人気色とおすすめのカラーは?

人気カラーランキング! おすすめの人気色も紹介

人気の軽スーパーハイトワゴン、デイズルークスはフルモデルチェンジを受け、ルークスとして生まれ変わりました。

ボディカラーはモノトーンだけでも12色をラインナップ、ツートーンも含めれば全20種類ものカラーバリエーションが設定されています。

ボディカラーひとつでルークスのイメージはガラっと変わってしまうので、カラー選びはなかなか難しいですよね。

ここではルークスの人気カラーランキングや人気カラーの特徴、ケース別のおススメカラーなどを紹介しますので、迷っている人はぜひ参考にしてください。

ルークスの人気カラーランキング発表!

順位カラー名
1位ブラック
2位ホワイトパール ※1、2
3位スターリングシルバー
4位フローズンバニラパール ※2
5位アメジストパープル ※1、2
6位アッシュブラウン ※1、2
7位チタニウムグレー
8位アトランティックブルー ※2
9位ソーダブルー ※1
10位スパークリングレッド ※2
11位ブロッサムピンク
12位プレミアムサンシャインオレンジ ※1

※1  メーカーオプションカラー
※2  ツートーンカラーの設定あり

ルークスの人気のカラーを紹介

1位 ブラック

定番カラーの一角、ブラックが人気カラーランキング1位に輝きました。

背が高くファニーな雰囲気のあるルークスですが、ブラックをまとうとグっと引き締まって見えますね。

特に迫力あるマスクを持つハイウェイスターシリーズには、ブラックがジャストフィット!

精悍かつ重厚なルックスになり、とても軽自動車には見えません。

ブラックは男性に似合う色ですが、意外に女性からの支持も高い色です。

「可愛すぎるのは苦手!」という女性も多いですから、人気のほどもうなずけます。

リセール時の査定も有利ですし、洗車嫌いでさえなければ選んで後悔しない色です。

2位 ホワイトパール

ルークスのホワイトパール

nissan.co.jp/roox

2位にランクインしたのは、これも定番カラーのホワイトパール。

清潔感あふれる純白で、とても爽やかなイメージです。

ルークスのボディを大きく見せてくれるので、自車の存在を周囲にアピールしたい人にも向いていますね。

また飽きのこない色でもあるので、長くルークスに乗りたい人にもピッタリです。

有料のカラーですが、リセール時の査定額が高いので、むしろ後々得をするカラーと言えるでしょう。

3位 スターリングシルバー

ルークスのスターリングシルバー

nissan.co.jp/roox

3位にランクインしたのは、無難なカラーの代表格とも言えるスターリングシルバー。

シルバー特有のクールな色合いが、ルークスからメカメカしい魅力を引き出します。

地味で目立たない色ですが、それだけに「薄味の長続き」で飽きることがありません。

自己主張の少ない色なので、老若男女問わず誰が乗っても似合いますよ。

汚れや小傷が目立たないので、洗車やメンテナンスが面倒な人にもピッタリ。

4位 フローズンバニラパール

ルークスのフローズンバニラパール

nissan.co.jp/roox

デイズルークスから新型ルークスにモデルチェンジすると同時に追加された新色が、フローズンバニラパール。

アイボリーよりは濃く、クリーム色よりは薄い、そんなカラーです。

ホワイト系ほど淡泊ではなく、さりとて濃厚すぎることもない、節度感のある色合いが魅力ですね。

手間の掛かったパール塗装なのに標準色、つまりプラスアルファの出費なしに選べる色なのも嬉しいところ。

5位 アメジストパープル

ルークスのアメジストパープル

nissan.co.jp/roox

宝石の一種アメジストをイメージしたカラーが、このアメジストパールです。

妖しい輝きを放つ紫色は、神秘的な魅力にあふれています。

パープル系はヤンキー好みの色というイメージがあるかもしれませんが、アメジストパープルはエレガンスを感じさせる紫なので、ユーザーを選びません。

暗い色合いながら押し出しの効いたカラーなので、街中や自然の中など、どんなシーンでも存在感を示してくれるでしょう。

定番の白・黒・シルバーでは飽き足らない人も、このカラーを選べば満足できるはず。

ルークスのピックアップカラー

プレミアムサンシャインオレンジ

ルークスのプレミアムサンシャインオレンジ

nissan.co.jp/roox

人気ランキングでは下位に沈んだプレミアムサンシャインオレンジですが、敢えてピックアップカラーに選びました。

その理由は、なんといっても明るく目立つ色であること。

ルークスに設定されている各色の中でも、人目を引くという点では一番でしょう。

とてもポップで華やかな色なので、乗り込むたびに、いや単に眺めるだけでもワクワクした気分になれること請け合いです。

同時に道行く人々も明るい気分にさせてくれる、とても素敵なカラーですね。

恥ずかしがりの人が多い日本人は、どうしてもこうした明るいカラーを避けがちですが、勇気を出して選んで欲しいと思います。

ルークスのおすすめカラーを紹介

情熱派のあなたにおすすめのカラーは?

ルークスのスパークリングレッド

nissan.co.jp/roox

仕事も遊びも家族サービスも全力で取り組む、情熱的なあなた。

そんなあなたにおすすめのカラーは、スパークリングレッドです。

火花のスパークを連想させる鮮やかな赤は、まさに情熱の塊のよう。

ファミリーカー然としたルークスも、この赤をまとうと別物に見えますね。

自らの情熱をクルマでも体現したい人に、ピッタリと言えるでしょう。

とことん可愛さを追求したい人に最適のカラーは?

ルークスのブロッサムピンク

nissan.co.jp/roox

女性ユーザーは、やはり可愛いカラーの車に乗りたい人が多いのではないでしょうか?

男性でも、可愛い系の色に密かに憧れる人は意外と多いかもしれませんね。

そうした、とことん可愛さを追求したい人におすすめのカラーは、ブロッサムピンクです。

実用性を何より重視したルークスですが、ピンクをまとえばあら不思議、とても可愛らしい雰囲気に!

見る者に癒しを与えてくれる、そんな魅力を持ったカラーです。

手間の掛からないカラーは?

ルークスのチタニウムグレー

nissan.co.jp/roox

とにかく手間の掛かることが嫌い、もちろん洗車も嫌い!という人、意外と多いのでは?

そんな面倒くさがり屋さんにおススメのカラーが、チタニウムグレーです。

埃や水垢などの汚れが目立たないので、洗車をサボってもみすぼらしい感じになりません。

日本はピカピカの車ばかり走っているので、見るからに汚い車に乗っていると引け目を感じてしまうものですが、グレー系カラーならそんな心配も無用。

ただ、洗車をしてもすごく綺麗になった感じがしないので、逆に洗車好きの人には物足りないでしょう。

さり気なく自己主張したい人向きのカラーは?

ルークスのアトランティックブルー

nissan.co.jp/roox

あまり派手な色は恥ずかしいけれど、さりとて街中でしょっちゅう見掛ける色では物足りない。

そんなちょっと難しい注文がある人におすすめしたいカラーが、アトランティックブルーです。

鮮やかで深みのあるブルーはとても綺麗で、ルークスを瑞々しく見せてくれます。

人からジロジロ見られるほど目立たない一方で、しっかりと自己主張する色。

そして街中で意外と見掛けない、個性的な色。

そんなアトランティックブルーは、さり気なく自己主張したい人にピッタリです。

家族みんなが満足できるカラーは?

ルークスのソーダブルー

nissan.co.jp/roox

広い室内空間を持つルークスは、家族みんなで乗るファミリーカーとして使われるケースが多いことでしょう。

パーソナルカーなら自分の好きな色を選べばいいのですが、ファミリーカーには家族みんなが納得できる色が望まれますね。

万人に受け入れられるカラーといえば、白・黒・シルバーの定番御三家が頭に浮かびますが、それではちょっと平凡なので、ここではソーダブルーを選びました。

文字通りソーダ水を思わせる爽やかでブルーは、地味すぎず派手すぎずの絶妙な色合い。

このカラーなら誰からも好まれるので、家族に反対されることもないでしょう。

ルークスのカラーまとめ

ルークスで選べるボディカラーはツートーンも含め全部で20色もあるので、選ぶ楽しさがある反面、迷ってしまうケースも多いと思います。

そんな時は、どんな思いでルークスに乗りたいのか、あるいはルークスに乗っている自分を周囲からどう見られたいかで色を決めるのも、良い方法です。

ボディカラー次第でカッコよくなったり可愛くなったり、あるいはアットホームな雰囲気になったりするルークス。

ルークスはとても良いクルマなので、自分にしっくりくるカラーさえ決まれば、永く乗り続けられるでしょう。

下取り車があるならさらに新車の総額を下げる事が出来ます!

下取り車を高く売る?面倒だからあなたにあげる

新車購入で気になるのは値引きや総支払額ですが、もし下取り車があるなら、さらに支払額を下げる事が出来ます。

もちろん値引き交渉が苦手でも、簡単にできる方法なので、是非ご参考ください。

ディーラーはウソを付いている!?

新車を買うなら、取り合えずディーラーで査定してもらう人が大半でしょう。管理人も毎回そうです。

しかし、ここで注意したいのは、「ディーラーは下取り金額でウソを付いている」ケースが多い事です。

正確には、本来ある相場よりも低い下取り金額を伝えて来ます。

相場よりも低い金額で買い取れれば、新車とは別に下取り車でも大きな利益を得る事が出来ます。

なので、新車から値引きしても、下取り車の利益で補てん出来てしまうので、ディーラー的には損が無いと言う事になります。

ユーザーにとっては損しかありませんね・・・

ディーラーに騙されないためには?

以前、管理人はBMW1シリーズ(116i)を買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。その時の下取り金額は85万円です。

ただ、ディーラーが本来の相場よりも安めに言ってくる事は知っていたので、比較するために買取店にも査定を申し込みました。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の相場を教えてくれます。

 

車査定の概算相場画面

そこで出た金額は、ディーラーよりも20万円も高い金額でした。

次回ディーラーに行った時に、「買取店では105万円と言われましたけど・・」と伝えて見ると、セールスさんは少々慌てて上司に確認を取りに奥へ引っ込みました。

10分ほど経って戻ってくると、「うちもギリギリの線なので103万円+リサイクル預託金でいかがですか?」と言われました。

リサイクル料の戻りも加算すると、約104.2万円になります。

その時の契約書はこちらです。

 

下取り車の契約書

もし最初の85万円で契約していたら、19万円もの損をする所でした・・・

この時した事は、買取店の査定サイトで表示された概算相場をディーラーに伝えただけです。

これだけで19万円もアップしたので、やっぱりディーラーは下取り金額を安く見積もって来たんだな、と思いましたね。

ディーラーの査定より高ければ買取店へ売る選択も

ディーラーで契約の時に、「BMは買取店へ売る事になるかもしれないので、その時は下取りに入れない事を承知してもらえますか?」と伝えたら、あっさりOKしてくれました。

これで納車直前に、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらい、ディーラーより高ければ買取店へ売る事が出来ます。

もしディーラーの方が高ければ、そのままディーラーへ下取りに入れる事でセールスさんからOKをもらってます。この方法は、納車直前まで自分の車に乗っていられるのでおすすめです。

そして納車前に実際に2店の買取店に査定してもらいました。

1店目は、ディーラーの104.2万円に対して107万円

そして2店目には、「1店目で110万円、120万なら即決」と少し盛って伝えると、「120は相場を超えちゃってるので無理ですが・・・110ですか~・・・116万円ではいかがでしょう?」と、ディーラーよりさらに11.8万円のアップに成功です!

その時の契約書です。

買取店の契約書

一番最初の査定金額は、ディーラーの85万円だったので、実に31万円の上乗せに成功しました。

ディーラーだけでなく買取店の査定を検討して、本当に良かったと思いましたね。

この時利用した査定サイトは、ナビクル車査定です。

1分足らずの入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されるので、管理人のようにディーラーの下取り金額と比較したい方、すぐに愛車の相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

限界まで値引きを引き出すルークスの値引き交渉術

一度の交渉のみで、ルークスの限界値引きを引き出す方法です。少ない労力で大きい効果が得られるので、是非試してみて下さい。

>>ルークスの一発値引き交渉はこちら