ロッキーの人気カラーランキング!人気色とおすすめのカラーは?

人気カラーランキング! おすすめの人気色も紹介

ロッキーには、シックな色から派手な色まで様々なボディカラーが用意されています。

さらにツートンカラーも設定されているので、ボディカラー選びはなかなか大変です。

ここではロッキーの人気カラーランキングや見逃せないカラー、おすすめのカラーを紹介していますので、新車購入時の参考にどうぞ。

ロッキーの人気カラーランキング発表!

順位カラー名
1位シャイニングホワイトパール(メーカーオプション:33,000円)※
2位ブラックマイカメタリック
3位ブライトシルバーメタリック  ※
4位ファイアークォーツレッドメタリック
5位レーザーブルークリスタルシャイン(メーカーオプション:33,000円)
6位ナチュラルベージュマイカメタリック
7位コンパーノレッド(メーカーオプション:33,000円)※
8位マスタードイエローマイカメタリック

※ツートンカラーの設定あり

ロッキーの人気のカラーを紹介

1位 シャイニングホワイトパール

ロッキーのボディカラー人気ナンバーワンには、シャイニングホワイトパールが輝きました。

33,000円の有料色にもかかわらず1位になったのは、さすが人気定番カラーのホワイト系です。

このシャイニングホワイトパールをまとったロッキーは、とてもクリーンなイメージに感じられます。

一方で、ホワイト系カラーはとかく淡泊に見えてしまいがちですが、力強いフォルムを持つロッキーの場合、決して淡泊には見えません。

パール塗装ならではのキラキラ感も、イメージアップにつながっているのでしょう。

2位 ブラックマイカメタリック

ロッキーのブラックマイカメタリック

daihatsu.co.jp/rocky/

人気ランキングの2位に入ったのは、ホワイト系と並ぶ人気定番のブラック系、ブラックマイカメタリックです。

ブラックマイカメタリックをまとったロッキーは、逞しさがさらに強調されます。

元々迫力あるフロントマスクを持つロッキーが、一層威圧的な雰囲気になるので、他のクルマが道を譲ってくれるかもしれませんね。

また、マイカ×メタリック塗装ならではの艶っぽい輝きも魅力です。

3位 ブライトシルバーメタリック

ロッキーのブライトシルバーメタリック

daihatsu.co.jp/rocky/

人気ランキングの3位には、シルバー系のブライトシルバーメタリックが入りました。

シルバー系もまた定番カラーのひとつですが、あまり見栄えのする色とは言えません。

しかし、メタリックな色彩感がロッキーのスタイリングにマッチし、十分魅力的に見えます。

インパクトに欠ける一方で飽きがこない色なので、長く乗り続けたい人にはピッタリと言えるでしょう。

4位 ファイアークォーツレッドメタリック

ロッキーのファイアークォーツレッドメタリック

daihatsu.co.jp/rocky/

ロッキーには2種類の赤系カラーが設定されていますが、4位に入ったのはファイアークォーツレッドメタリックです。

赤と言ってもそれほど派手ではなく、可愛いイメージと同時に大人っぽい雰囲気も感じられます。

大型SUVにはあまり似合わない色ですが、コンパクトSUVのロッキーならエクステリアデザインとの相性もバッチリです。

男性やシニアの女性が乗っても、決して不自然には見えません。

5位 レーザーブルークリスタルシャイン

ロッキーのレーザーブルークリスタルシャイン

daihatsu.co.jp/rocky/

5位には33,000円の有料色、レーザーブルークリスタルシャインがランクインしました。

落ち着いた深みのある青で、艶っぽい輝きも魅力です。

決して派手な印象はありませんが、街であまり見掛けない色ということもあり、存在感があります。

さり気なく自己主張したい人に向いている色、と言えるでしょう。

ロッキーのピックアップカラー

ブラックマイカメタリック×コンパーノレッド

ロッキーのブラックマイカメタリック×コンパーノレッド

daihatsu.co.jp/rocky/

ブラックマイカメタリック×コンパーノレッドのツートーンカラーは、ロッキーのイメージカラーになっているので、注目しないわけにはいきません。

ポップなコンパーノレッドのボディを、ブライトシルバーメタリックのルーフがキリリと引き締める感じで、とても魅力的なコンビネーションです。

ダイハツがロッキーに一番似合うと考えている色だけあり、エクステリアデザインと色彩の相性は抜群と言えるでしょう。

プレミアムで33,000円、Gで77,000円の有料色なので、特にGの場合は気軽に選びにくいかもしれませんが、派手なカラーに抵抗感がないなら検討する価値は十分あります。

ロッキーのおススメカラーを紹介

ロッキーが大人っぽく見える色ならコレ

ロッキーのレーザーブルークリスタルシャイン

daihatsu.co.jp/rocky/

ロッキーは若々しい雰囲気を持っていますが、ボディカラー次第で大人っぽいイメージにもなります。

ロッキーが大人っぽく見えるカラーは、レーザーブルークリスタルシャインです。

青空のような明るい青ではなく、ちょっと渋めの青なのでシックな雰囲気があります。

フォーマルユースにも使える色なので、ロッキーを様々な用途に使いたい人にもおススメです。

安全性の高いロッキーのカラーは、これだ!

ロッキーのマスタードイエローマイカメタリック

daihatsu.co.jp/rocky/

色には実際よりも大きく見える膨張色と、小さく見える収縮色があります。

膨張色のボディカラーを選べば、クルマが実際の距離よりも近くに見えるため、安全性につながることは間違いありません。

ロッキーのボディカラーで膨張色と言えば、マスタードイエローマイカメタリックです。

膨張色うんぬん以前に目立つ色なので、対向車や歩行者などから見落とされてしまうことはまずないでしょう。

日本人は目立つのが苦手な人が多いと思いますが、安全性を重視するならこのカラーの選択がベストです。

ロッキーでリセールが高いのは、このカラー!

ロッキーのシャイニングホワイトパール

daihatsu.co.jp/rocky/

特にボディカラーにこだわりがない場合は、リセールバリューの高い色を選ぶのが無難でしょう。

ロッキーで一番リセールが期待できるのは、シャイニングホワイトパールです。

33,000円の有料色ですが、その分リセールアップが期待できるので、必ずしも割高ではありません。

ロッキーのカラーまとめ

 

ロッキーのリアビュー

daihatsu.co.jp/rocky/

ロッキーはモノトーンだけでなくツートンカラーも用意されているなど、ボディカラーの選択肢が豊富です。

しかしツートンが選べないグレードや、逆にツートンしか選べないグレードもあるので、ロッキーのボディカラー選びはグレード選びも絡めて考える必要があります。

そんなこんなで色選びの悩みは尽きないかもしれませんが、このページが少しでも参考になれば幸いです。

下取り車があるならさらに新車の総額を下げる事が出来ます!

下取り車を高く売る?面倒だからあなたにあげる

新車購入で気になるのは値引きや総支払額ですが、もし下取り車があるなら、さらに支払額を下げる事が出来ます。

もちろん値引き交渉が苦手でも、簡単にできる方法なので、是非ご参考ください。

ディーラーはウソを付いている!?

新車を買うなら、取り合えずディーラーで査定してもらう人が大半でしょう。管理人も毎回そうです。

しかし、ここで注意したいのは、「ディーラーは下取り金額でウソを付いている」ケースが多い事です。

正確には、本来ある相場よりも低い下取り金額を伝えて来ます。

相場よりも低い金額で買い取れれば、新車とは別に下取り車でも大きな利益を得る事が出来ます。

なので、新車から値引きしても、下取り車の利益で補てん出来てしまうので、ディーラー的には損が無いと言う事になります。

ユーザーにとっては損しかありませんね・・・

ディーラーに騙されないためには?

以前、管理人はBMW1シリーズ(116i)を買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。その時の下取り金額は85万円です。

ただ、ディーラーが本来の相場よりも安めに言ってくる事は知っていたので、比較するために買取店にも査定を申し込みました。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の相場を教えてくれます。

 

車査定の概算相場画面

そこで出た金額は、ディーラーよりも20万円も高い金額でした。

次回ディーラーに行った時に、「買取店では105万円と言われましたけど・・」と伝えて見ると、セールスさんは少々慌てて上司に確認を取りに奥へ引っ込みました。

10分ほど経って戻ってくると、「うちもギリギリの線なので103万円+リサイクル預託金でいかがですか?」と言われました。

リサイクル料の戻りも加算すると、約104.2万円になります。

その時の契約書はこちらです。

 

下取り車の契約書

もし最初の85万円で契約していたら、19万円もの損をする所でした・・・

この時した事は、買取店の査定サイトで表示された概算相場をディーラーに伝えただけです。

これだけで19万円もアップしたので、やっぱりディーラーは下取り金額を安く見積もって来たんだな、と思いましたね。

ディーラーの査定より高ければ買取店へ売る選択も

ディーラーで契約の時に、「BMは買取店へ売る事になるかもしれないので、その時は下取りに入れない事を承知してもらえますか?」と伝えたら、あっさりOKしてくれました。

これで納車直前に、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらい、ディーラーより高ければ買取店へ売る事が出来ます。

もしディーラーの方が高ければ、そのままディーラーへ下取りに入れる事でセールスさんからOKをもらってます。この方法は、納車直前まで自分の車に乗っていられるのでおすすめです。

そして納車前に実際に2店の買取店に査定してもらいました。

1店目は、ディーラーの104.2万円に対して107万円

そして2店目には、「1店目で110万円、120万なら即決」と少し盛って伝えると、「120は相場を超えちゃってるので無理ですが・・・110ですか~・・・116万円ではいかがでしょう?」と、ディーラーよりさらに11.8万円のアップに成功です!

その時の契約書です。

買取店の契約書

一番最初の査定金額は、ディーラーの85万円だったので、実に31万円の上乗せに成功しました。

ディーラーだけでなく買取店の査定を検討して、本当に良かったと思いましたね。

この時利用した査定サイトは、ズバット車買取比較です。

1分足らずの入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されるので、管理人のようにディーラーの下取り金額と比較したい方、すぐに愛車の相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

限界まで値引きを引き出すロッキーの値引き交渉術

一回の交渉だけで、ロッキーから限界値引きを引き出す方法です。

短期間でしかも手間なく出来るので、何度もディーラーへ行く時間がない方、交渉事が苦手な方でも出来る方法です。

是非ご参考ください。