コペンの人気カラーランキング!人気色とおすすめのカラーは?

人気カラーランキング! おすすめの人気色も紹介

軽自動車という手軽さに加えて、本格的なオープンスポーツを楽しめる2シーターの「コペン」は、「Robe」「Cero」「XPLAY」と3つのスタイルが選べます。

走りの楽しさだけにとどまらず、デザインの自由度の高さという面でも注目されている「コペン」ですが、それに加えてそれぞれのスタイルに合ったカラー選びも、購入に際しての楽しみのひとつでもあります。

そんな「コペン」の人気カラーについて解説していきましょう!

ダイハツ「コペン」の人気カラーランキング発表!

順位カラー名
1位パールホワイトⅢ
2位マタドールレッドパール
3位リキッドシルバーメタリック(Robe・Cero専用色)
4位ジョーヌイエロー
5位トニコオレンジメタリック
6位ブリティッシュグリーンマイカ(Cero専用色)
7位ブラックマイカメタリック
8位クリアブルークリスタルメタリック
9位ブライトシルバーメタリック
10位オフビートカーキメタリック(XPLAY専用色)

ダイハツ「コペン」の人気のカラーを紹介

1位 パールホワイトⅢ

パールホワイトⅢのコペン

王道「パールホワイトⅢ」は、個性的な「コペン」においても人気の高いカラーとなっています。

シンプルだからこそどのスタイルにも合うカラーで、艶のあるクリームがかったホワイトは程良い高級感もあって、派手なカラーが苦手な方は1番に候補に挙がるカラーではないでしょうか⁉︎

水垢にさえ気を付けておけば、傷も目立ちにくいメンテナンスのしやすいカラーでもあるので、これも多くの人に支持されるポイントのひとつでしょう。

スポーティらしさも充分に感じられ、カラー選びに迷ったらこのカラーを選んでおけば間違いないでしょう!

2位 マタドールレッドパール

マタドールレッドパールのコペン

「スポーツカーと言えば赤!」そんなイメージを持っている方もいらっしゃるかと思います。

例えば、普通の車であれば赤は派手だし…と敬遠してしまう人も、「遊び心のあるコペンなら…」と、この「マタドールレッドパール」を思い切ってチョイスしてみたという人も少なくないようです。

ソリッドなトーンを持つ赤で、光沢感や艶感が抑えられてる感じからは、如何にも正統派のスポーツカーといった雰囲気が伝わってきます。

ただ、このタイプの赤は塗装の色褪せが目立ちやすいので、年数が経った時の色褪せ具合がどれくらいのものか気になるところなので、できる限り屋内駐車場や屋根付き駐車場で車を保管する方が良いでしょう。

3位 リキッドシルバーメタリック

リキッドシルバーメタリックのコペン

少し青みがかかったシルバーである「リキッドシルバーメタリック」は、落ち着いた上品なシルバーカラーです。

スポーツ走行を楽しむというよりは、ゆったりとオープン走行を楽しみたい…という年配の方を中心に人気を集めているカラーのようです。

また、晴れた日の屋外など、光が当たる場所では青みがかった特徴が強調され、まるで欧州の高級外車にありそうな上質感あるカラーの雰囲気が、なんとも言えない愉悦感を与えてくれます。

定番カラーで飽きがこない、でも少し変わった印象があって実は奥深い「リキッドシルバーメタリック」は、今後さらに多くの人を魅了するのではないでしょうか。

4位 ジョーヌイエロー

ジョーヌイエローのコペン

「ジョーヌイエロー」も赤と同じく、スポーツカーにとてもよく似合うカラーとして、人気の高いカラーです。

イエローらしい、爽快感と明るさは目立つこと間違いなしで、駐車場でどこに停めたか分からなくなっても、車体は小さくて目立ちにくともボディカラーで簡単に見つけることができそうですね。

ラインナップで唯一のソリッドカラーで、山吹色のような濃いイエローはどのタイプの「コペン」にも良く似合います。

また、山吹色のようなカラーということで、大自然の中…特に紅葉の時期などには、周りの風景に自然な佇まいで馴染んでくれるので、とても写真映えしそうですね!

汚れや傷も割と目立ちにくいので、色褪せにさえ気を付けておけばメンテナンスしやすいカラーだと言えます。

5位 トニコオレンジメタリック

トニコオレンジメタリックのコペン

艶やかなオレンジカラーが目を惹く「トニコオレンジメタリック」は、男性はもちろんのことスポーティーな車が好きな女性からも人気の高いカラーとなっています。

ピラーからルーフにかけてのブラックカラーとの相乗効果で、丸目で可愛いイメージのある「Cero」も含め、グッと引き締まって精悍な印象を与えるカラーですね。

一方で太陽の下で輝くオレンジカラーの鮮やかさは眩しくもあり、夕陽が沈むゴールデンタイムの黄金色の空のように、燃えるような情熱的な雰囲気もあって、多くのオーナーさんの心を虜にするのも頷ける美しさがあるカラーだと言えます。

他銘柄の車では、なかなか見掛けないカラーでもあるので、自分らしさが出せて人と被りづらいカラーでもあります。

ダイハツ「コペン」のピックアップカラー

ブリティッシュグリーンマイカ

ブリティッシュグリーンマイカのコペン

ここでピックアップしたいカラーが、Cero専用色である「ブリティッシュグリーンマイカ」です。

全体的にスポーティーらしさを感じさせるカラーが多い中で、このカラーは「Cero」のエクステリアを活かして、クラシカルな味わい深い雰囲気を表現した秀逸なカラーだと言えます。

さらにブリティッシュという名前を冠することからも分かるように、イギリスの古きライトウェイトスポーツを彷彿とさせるダークグリーンは、紳士的なイメージで落ち着きのあるカラーで、車好きからそうでない人まで…幅広い層から支持されています。

特にベージュのインテリアカラーとの相性は抜群で、多くの方が選ぶ組み合わせとなっています。

オープンにした時には、特にダークグリーンとベージュのコントラストが美しく映えるので、気が付けばオープンでドライブする機会も自然と増えるかもしれませんね!

また、世界で1番売れているオープーンスポーツカーとしてギネス記録にも認定されており、日本を代表するライトウェイトスポーツカーであるマツダ「ロードスター」の初代NA型においても、Vスペシャルというグレードの、ダークグリーン×タンカラー(ベージュカラー)という組み合わせが、当時から今現在までも人気が高いことからも分かるように、ライトウェイトスポーツカーにこそ相応しいボディカラー(及びベージュの組み合わせ)であることは間違いないでしょう!

ダイハツ「コペン」のオススメカラーを紹介

レッドインテリアパックが似合うカラーはこれ!

ホワイトパールⅢのコペンがおススメ!

「コペン」はインテリアカラーをブラック・ベージュ・レッド…の3パターンから選べるというのも特色のひとつとなっていますが、スポーティーな印象を受ける赤のシートが似合うカラーとしてオススメしたいのが、「パールホワイトⅢ」です。

シンプルなホワイトには、多少派手めなカラーを挿し色に加えても、どんなカラーでもしっくりくるということもありますが、この組み合わせはスポーツカーとして正統派なイメージもあって、安定感を感じられます。

また、年齢を問わず男性人気の高い組み合わせでもありますね。

「コペン」を買ったら、峠道をオープンにして小気味よく駆け抜けたい…

そんな夢のあるオーナーさんに、是非おすすめしたい組み合わせのカラーですね!

若い人にオススメしたいカラー!

クリアブルークリスタルメタリックのコペン

ここで、あえて若い人に…と書きましたが、フレッシュで爽快感あるカラーということで、個人的に「若いオーナーの方に似合うカラーだな」と感じるのが「クリアブルークリスタルメタリック」です。

突き抜ける青空のように広がりのある美しいブルーは、自分らしさを表現したいフレッシュマンにぴったりではないでしょうか。

また、ボディのプレスラインに対してしっかりと陰影感も出るので、メタリックカラーの持つキリっとした艶感と相まって、引き締まったカッコ良さが感じられます。

趣味性の強い車だからこそ、カラー選びも無難なものでなく、普通の乗用車には無いようなカラーを、この際思い切って選んでみてはいかがでしょうか。

ダイハツ「コペン」のカラーまとめ

「コペン」は3パターンのエクステリアデザインだけでなく、3色あるインテリアカラーや、Dラッピングと呼ばれるカーボン調のルーフカラーを「ブラック」「ワインレッド」「シルバー」の3色から選べるオプションなど、カラー選びにおいては様々な組み合わせで個性が出せる車です。

定番カラーから、落ち着きある大人のカラー、またはスポーツカーらしい鮮やかなカラーまで豊富なカラーラインナップは見ているだけでも、ワクワクしてきますね。

これだけ幅広い価値観や趣味に対応した車というのも、珍しいのではないでしょうか。

そんな特色を存分に活かして、これから始まるあなただけの「コペン」探しの旅が、最高のひと時となることを願います♪

下取り車があるならさらに新車の総額を下げる事が出来ます!

下取り車を高く売る?面倒だからあなたにあげる

新車購入で気になるのは値引きや総支払額ですが、もし下取り車があるなら、さらに支払額を下げる事が出来ます。

もちろん値引き交渉が苦手でも、簡単にできる方法なので、是非ご参考ください。

ディーラーはウソを付いている!?

新車を買うなら、取り合えずディーラーで査定してもらう人が大半でしょう。管理人も毎回そうです。

しかし、ここで注意したいのは、「ディーラーは下取り金額でウソを付いている」ケースが多い事です。

正確には、本来ある相場よりも低い下取り金額を伝えて来ます。

相場よりも低い金額で買い取れれば、新車とは別に下取り車でも大きな利益を得る事が出来ます。

なので、新車から値引きしても、下取り車の利益で補てん出来てしまうので、ディーラー的には損が無いと言う事になります。

ユーザーにとっては損しかありませんね・・・

ディーラーに騙されないためには?

以前、管理人はBMW1シリーズ(116i)を買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。その時の下取り金額は85万円です。

ただ、ディーラーが本来の相場よりも安めに言ってくる事は知っていたので、比較するために買取店にも査定を申し込みました。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の相場を教えてくれます。

 

かんたん車査定ガイドの概算相場画面

そこで出た金額は、ディーラーよりも20万円も高い金額でした。

次回ディーラーに行った時に、「買取店では105万円と言われましたけど・・」と伝えて見ると、セールスさんは少々慌てて上司に確認を取りに奥へ引っ込みました。

10分ほど経って戻ってくると、「うちもギリギリの線なので103万円+リサイクル預託金でいかがですか?」と言われました。

リサイクル料の戻りも加算すると、約104.2万円になります。

その時の契約書はこちらです。

 

下取り車の契約書

もし最初の85万円で契約していたら、19万円もの損をする所でした・・・

この時した事は、買取店の査定サイトで表示された概算相場をディーラーに伝えただけです。

これだけで19万円もアップしたので、やっぱりディーラーは下取り金額を安く見積もって来たんだな、と思いましたね。

ディーラーの査定より高ければ買取店へ売る選択も

ディーラーで契約の時に、「BMは買取店へ売る事になるかもしれないので、その時は下取りに入れない事を承知してもらえますか?」と伝えたら、あっさりOKしてくれました。

これで納車直前に、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらい、ディーラーより高ければ買取店へ売る事が出来ます。

もしディーラーの方が高ければ、そのままディーラーへ下取りに入れる事でセールスさんからOKをもらってます。この方法は、納車直前まで自分の車に乗っていられるのでおすすめです。

そして納車前に実際に2店の買取店に査定してもらいました。

1店目は、ディーラーの104.2万円に対して107万円

そして2店目には、「1店目で110万円、120万なら即決」と少し盛って伝えると、「120は相場を超えちゃってるので無理ですが・・・110ですか~・・・116万円ではいかがでしょう?」と、ディーラーよりさらに11.8万円のアップに成功です!

その時の契約書です。

買取店の契約書

一番最初の査定金額は、ディーラーの85万円だったので、実に31万円の上乗せに成功しました。

ディーラーだけでなく買取店の査定を検討して、本当に良かったと思いましたね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

1分足らずの入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されるので、管理人のようにディーラーの下取り金額と比較したい方、すぐに愛車の相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

限界まで値引きを引き出すコペンの値引き交渉術

一度の交渉のみで、コペンの限界値引きを引き出す方法です。少ない労力で大きい効果が得られるので、是非試してみて下さい。

>>コペンの一発値引き交渉はこちら