タフトの人気カラーランキング!人気色とおすすめのカラーは?

人気カラーランキング! おすすめの人気色も紹介

タフトは個性的なボディカラーが多いのが特徴です。

どの色にも魅力があるので、色選びに迷ってしまいますよね?

ここではタフトの人気カラーランキングや見逃せないカラー、おすすめのカラーを紹介していきますので、新車購入時の参考にどうぞ!

タフトの人気カラーランキング発表!

順位カラー名
1位レイクブルーメタリック
2位フォレストカーキメタリック
3位シャイニングホワイトパール(メーカーオプション 22,000円)
4位ブラックマイカメタリック(G / Gターボに設定)
5位スプラッシュブルーメタリック(G / Gターボに設定)
6位ブライトシルバーメタリック
7位サンドベージュメタリック
8位コンパーノレッド(G / Gターボにメーカーオプション 22,000円)
9位レモンスカッシュクリスタルメタリック(G / Gターボに設定)

タフトの人気のカラーを紹介

1位 レイクブルーメタリック

タフトのイメージカラーになっているレイクブルーメタリックが、堂々のランキング1位に!

メーカーがタフトに一番似合うカラーだと自負するだけあり、タフトの魅力を存分に引き出しています。

どちらかといえば地味なブルーですが、ほかではなかなか見掛けない個性が魅力です。

その独特な色合いが、タフトのユニークなスタイリングによくマッチしていますね。

山や海辺の風景にも、都会の街並みにも自然に溶け込むカラー。

それがレイクブルーメタリックです。

2位 フォレストカーキメタリック

タフト人気カラー

daihatsu.co.jp/taft

2位には、オリーブグリーン系のフォレストカーキメタリックがランクイン。

ちょっとミリタリーっぽい色合いが、無骨なタフトのスタイリングを一層引き立てます。

またフォレストの名のとおり、緑豊かな森の風景にすんなりと馴染む点も魅力です。

アウトドア志向のタフトにピッタリのカラー、それがフォレストカーキメタリックと言えるでしょう。

3位 シャイニングホワイトパール

タフト人気カラー

daihatsu.co.jp/taft

定番カラーのホワイト系、シャイニングホワイトパールが3位に入りました。

個性的デザインのタフトは、淡泊なホワイトをまとっても決して薄味にはなりません。

下回りのブラックがメリハリを付けていることも、好印象を与える一因になっているのでしょう。

有料のパール塗装だけあり、上質な輝きも魅力になっています。

老若男女問わず、誰が乗っても似合うカラーです。

4位 ブラックマイカメタリック

タフト人気カラー

daihatsu.co.jp/taft

もうひとつの定番、ブラック系のブラックマイカメタリックは4位にランクイン。

のんびりした顔立ちのタフトですが、ブラックをまとうとイメージが激変しますね。

精悍な雰囲気さえ漂い、タフトがまるで別の車のように!

男っぽいイメージを望むなら、この色がベストでしょう。

ただしXには設定がないので、グレードはGかGターボを選ぶ必要があります。

5位 スプラッシュブルーメタリック

タフト人気カラー

daihatsu.co.jp/taft

5位にランクインしたのは、スプラッシュブルーメタリック。

同じブルー系でも、レイクブルーメタリックよりずっと鮮やかな色彩になっています。

とても爽やかな色合いなので、眺めているだけで気分が良くなりますし、レクリェーションにピッタリなイメージです。

RV (レクリェーションビークル) という用語は最近あまり使われなくなりましたが、スプラッシュブルーメタリックのタフトは、あえてRVと呼びたくなってしまいます。

これもGとGターボだけのカラーで、Xでは残念ながら選べません。

タフトのピックアップカラー

サンドベージュメタリック

タフト人気カラー

daihatsu.co.jp/taft

タフトで注目したいカラーが、サンドベージュメタリック!

人気ランキングではパっとしませんが、タフトを魅力的に見せるという点では、ほかのカラーに負けません。

フォレストカーキメタリック同様、こちらもミリタリー系カラーなので、タフトのスタイリングとのマッチングは抜群です。

フォレストカーキメタリックより明るい色合いなので、楽し気な雰囲気も感じられます。

自然の風景にも都会の風景にも溶け込む色ですし、汚れが目立たないのもグッド!

とても素敵な色なので、もっと多くの人に選んで欲しいですね。

タフトのおススメカラーを紹介

街乗りメインの人におススメカラーは?

タフト人気カラー

daihatsu.co.jp/taft

買い物や送迎などの街乗りがメインで、あまり遠出はしないという人も多いと思います。

そんな人におススメのカラーが、シャイニングホワイトパール。

ホワイト系はどんな風景にもなじみますが、街並みの風景とのマッチングは特に優れています。

特に自己主張することなく、街の風景の一部としてすんなり溶け込むカラー、それがシャイニングホワイトパールです。

人からしげしげと見られることもないので、都会の雑踏でも気兼ねなく乗り回せるでしょう。

アウトドアで使い倒したいなら、このカラーを!

タフト人気カラー

daihatsu.co.jp/taft

キャンプなどのアウトドアが好きな人におススメのカラーが、フォレストカーキメタリック。

フォレストカーキメタリックのタフトを山に持ち込めば、自然に溶け込むというより、自然の一部になってしまいます。

クルマという鉄の塊を自然に持ち込むと、どうしても浮いてしまいがちですが、このカラーならそんなこともありません。

クルマもろとも自然と一体になりたい!そんな思いをかなえてくれるのが、フォレストカーキメタリックです。

タフトを可愛く見せたいなら、このカラー!

タフト人気カラー

daihatsu.co.jp/taft

無骨な中にも愛嬌が感じられるタフトのスタイリングですが、より可愛く見せたいならコンパーノレッドがおススメです。

真紅というよりもオレンジ掛かった赤ですが、そこがまた一層可愛いイメージに感じられます。

コンパクトな車と赤系のカラーは一般的に相性がいいものですが、タフトの場合も相性はバッチリです!

特に若い女性が乗ると似合う色ですが、男性やシニアの女性がファッションに気を配りつつ、お洒落に乗りこなしてもカッコいいと思います。

タフトのカラーまとめ

定番カラーから個性派カラーまで揃っているタフトのボディカラー。

タフト人気カラー

daihatsu.co.jp/taft

タフトはスタイリングのセンスが良いので、どのカラーを選んでも似合ってしまいます。

しかし雰囲気は大分違って見えるので、やはりボディカラー選びは重要です。

じっくり検討して、ぜひとも後悔のないのカラーを選んでくださいね!

 

下取り車があるならさらに新車の総額を下げる事が出来ます!

下取り車を高く売る?面倒だからあなたにあげる

新車購入で気になるのは値引きや総支払額ですが、もし下取り車があるなら、さらに支払額を下げる事が出来ます。

もちろん値引き交渉が苦手でも、簡単にできる方法なので、是非ご参考ください。

ディーラーはウソを付いている!?

新車を買うなら、取り合えずディーラーで査定してもらう人が大半でしょう。管理人も毎回そうです。

しかし、ここで注意したいのは、「ディーラーは下取り金額でウソを付いている」ケースが多い事です。

正確には、本来ある相場よりも低い下取り金額を伝えて来ます。

相場よりも低い金額で買い取れれば、新車とは別に下取り車でも大きな利益を得る事が出来ます。

なので、新車から値引きしても、下取り車の利益で補てん出来てしまうので、ディーラー的には損が無いと言う事になります。

ユーザーにとっては損しかありませんね・・・

ディーラーに騙されないためには?

以前、管理人はBMW1シリーズ(116i)を買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。その時の下取り金額は85万円です。

ただ、ディーラーが本来の相場よりも安めに言ってくる事は知っていたので、比較するために買取店にも査定を申し込みました。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の相場を教えてくれます。

 

車査定の概算相場画面

そこで出た金額は、ディーラーよりも20万円も高い金額でした。

次回ディーラーに行った時に、「買取店では105万円と言われましたけど・・」と伝えて見ると、セールスさんは少々慌てて上司に確認を取りに奥へ引っ込みました。

10分ほど経って戻ってくると、「うちもギリギリの線なので103万円+リサイクル預託金でいかがですか?」と言われました。

リサイクル料の戻りも加算すると、約104.2万円になります。

その時の契約書はこちらです。

 

下取り車の契約書

もし最初の85万円で契約していたら、19万円もの損をする所でした・・・

この時した事は、買取店の査定サイトで表示された概算相場をディーラーに伝えただけです。

これだけで19万円もアップしたので、やっぱりディーラーは下取り金額を安く見積もって来たんだな、と思いましたね。

ディーラーの査定より高ければ買取店へ売る選択も

ディーラーで契約の時に、「BMは買取店へ売る事になるかもしれないので、その時は下取りに入れない事を承知してもらえますか?」と伝えたら、あっさりOKしてくれました。

これで納車直前に、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらい、ディーラーより高ければ買取店へ売る事が出来ます。

もしディーラーの方が高ければ、そのままディーラーへ下取りに入れる事でセールスさんからOKをもらってます。この方法は、納車直前まで自分の車に乗っていられるのでおすすめです。

そして納車前に実際に2店の買取店に査定してもらいました。

1店目は、ディーラーの104.2万円に対して107万円

そして2店目には、「1店目で110万円、120万なら即決」と少し盛って伝えると、「120は相場を超えちゃってるので無理ですが・・・110ですか~・・・116万円ではいかがでしょう?」と、ディーラーよりさらに11.8万円のアップに成功です!

その時の契約書です。

買取店の契約書

一番最初の査定金額は、ディーラーの85万円だったので、実に31万円の上乗せに成功しました。

ディーラーだけでなく買取店の査定を検討して、本当に良かったと思いましたね。

この時利用した査定サイトは、ズバット車買取比較です。

1分足らずの入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されるので、管理人のようにディーラーの下取り金額と比較したい方、すぐに愛車の相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

限界まで値引きを引き出すタフトの値引き交渉術

一回の交渉だけで、タフトから限界値引きを引き出す方法です。

短期間でしかも手間なく出来るので、何度もディーラーへ行く時間がない方、交渉事が苦手な方でも出来る方法です。

是非ご参考ください。