スズキ スイフトの人気カラーランキング!人気色とおすすめのカラーは?

人気カラーランキング! おすすめの人気色も紹介

小型車市場ではめっぽう強いのがスズキ。

スイフトはそのスズキの顔とも言えるのではないでしょうか?

日本国内では2000年に登場したスイフトですが、それ以前から海外では同社のカルタスやイグニスとの間で車名が行き来しているというちょっと複雑な経緯もあったりします。

現在は車名は統一化され、世界戦略車として認知されています。

そんなスイフトの人気のボディカラーを紹介します。

スイフトの人気カラーランキングを発表!

順位カラー名
1位ピュアホワイトパール
2位スーパーブラックパール
3位スピーディブルーメタリック
4位プレミアムシルバーメタリック
5位バーニングレッドパールメタリック
6位クラッシーブラウンメタリック
7位ヘリオスゴールドパールメタリック
8位ネオンブルーメタリック

スイフトの人気のカラーを紹介

1位 ピュアホワイトパール

スイフトのボディカラー 白

定番カラーの白が1位に。

これを選んでおけば間違いなしと言えるボディカラーはスイフトでも健在なようです。

軽快な走りのイメージともマッチしています。

2位 スーパーブラックパール

スイフトのボディカラー 黒

白に続くのが黒です。

こちらも定番カラーながら、白とは違って黒はやや重厚感を感じさせます。

落ち着きある雰囲気が欲しいときにはピッタリではないでしょうか。

3位 スピーディブルーメタリック

スイフトのボディカラー 青

スイフトの軽快さをスポーティーな形で表現するのにピッタリな青です。

ハイブリッドモデルがラインナップされていることもあり、クリーンなイメージを持たせるのにも良いでしょう。

4位 プレミアムシルバーメタリック

スイフトのボディカラー シルバー

シルバーが4位にランクイン。

こちらもクリーンなイメージを持たせるのにピッタリなボディカラーです。

5位 バーニングレッドパールメタリック

スイフトのボディカラー 赤

スポーティーさを強くアピールすることの出来る赤です。

スイフトのイメージカラーという位置づけでもあります。

スイフトのピックアップカラー

5位までのボディカラーは全てのグレードにおいて用意されていますが、残りの3色は上位グレードのRS系では見ることが出来ないボディカラーです。

RS系にはない部分での魅力を表現するためのボディカラーと言えるでしょう。

クラッシーブラウンメタリック

スイフトのボディカラー 茶

落ち着いた雰囲気をもったブラウンです。

スポーティーな面ばかり強調され続けると「乗りこなすのが難しいイメージなのでは?」と思われるかもしれませんが、スイフトは小型車としての扱い易さも両立しています。

このブラウンはあえてスポーティーさを打ち消すボディカラーだと言えます。

ヘリオスゴールドパールメタリック

スイフトのボディカラー 薄いブラウン

珍しいゴールド系のボディカラーです。

派手さのある色ながら、品の良さも感じさせるボディカラーではないでしょうか。

ネオンブルーメタリック

スイフトのボディカラー 薄緑

スイフトに用意されたもう一つの青。

スピーディブルーメタリックがスポーティーさをイメージするのであれば、こちらはクリーンなイメージを強調させるボディカラーとなっています。

スイフトのオススメカラーを紹介

洗車が楽なカラーは

スイフトは使い勝手の良さも魅力なだけに、普段の移動手段としても活躍する場面が多いことでしょう。

しかし、走る機会が増えればそれだけ汚れてしまうものです。

スイフト以上に車高の高い軽自動車が存在することを考えれば、洗車するには楽なクルマと言えます。

その中でも管理の容易さや仕上げの容易さを考慮するなら「プレミアムシルバーメタリック」と「 ヘリオスゴールドパールメタリック」がオススメ。

スイフトのボディカラー グレー

どちらもキズ・汚れが目立たない金属質のボディカラーとなります。

塗料自体が光沢を感じさせるボディカラーということもあり、ワックスを使用する頻度も少ないでしょう。

ただ、洗車することが趣味という人にとってはあまり面白みが無いかもしれません。

走りの楽しさを求めるなら

クルマの内装・外装のデザインというのはドライバーの心理を大きく左右する要素であり、ボディカラーは外装のデザインを決めるひとつの要素です。

シートに座ってしまえばボディカラーはほとんど目に入らないかもしれませんが、その座る前段階 つまりはクルマに近づき乗り込む時に目に映るクルマの姿から、そのクルマがどういう性質の物なのかというのをおのずと意識してしまうものなのです。

スイフトで走ることの楽しさが魅力だというのであれば、乗る前からワクワクした気持ちで乗り込んだ方が良いということなのですが、具体的なボディカラーとしてはどのようなものがあるのでしょうか?

コレに関してはメーカーであるスズキから既に一定の回答が出ています。

上位グレードになっているRS系は走りを追求したグレードでもあり、そのボディカラーはランキングで紹介した5色となります。

スイフトのボディカラー 青

特に「スピーディブルーメタリック」に関しては、既にそのボディカラー名からもスポーティーな面を強調していることがわかります。

とはいえ、白・黒・シルバーというのは定番カラーでインパクトに欠けるという印象もあるかもしれません。

その場合はアクセサリー類で変化をつけると良いでしょう。

デカールで飾るのも良いですし、ドアミラーのカラーを変えるワンポイントというのも有効です。

落ち着いた走りが好きなら

スイフトが小型軽量であることがスポーティーさの要因なわけですが、その恩恵というのは別の形でも現れます。

まず単純に燃費と加速性能が向上しますし、スポーティーなクルマというのは意外にも乗り心地が良いものなのです。

走行時の車体の揺れはタイヤの接地を不安定にしてバランスを崩す要因なので、これを適切に制御する足回りのセッティングを行うと揺れが小さくなり、少々固さは感じるものの安定感のある乗り心地が得られるのです。

軽量であるほどこの揺れの制御も容易になります。

そこでスズキが用意したのがRS系グレードにはない3色となります。

これらのボディカラーからはスポーティーさというのは強く感じられません。

むしろ単純に小型車ということを強調した印象です。

クラッシーブラウンメタリック」などは クラッシー=高級 という単語が含まれており、スポーティーさとは相反するイメージのものです。

スイフトのボディカラー茶

これらのボディカラーが用意されているのは中位・下位グレードですが、同時に燃費性能に優れているのもこのグレードです。

柔らかくて落ち着いた走りが好みなのであれば、これらのボディカラーも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

スイフトのカラーまとめ

スイフトがスポーティーな小型車であるということは間違いありません。

ジュニアWRCでの活躍や、よりスポーティーさを追求したスイフト スポーツの存在などから見ても明らか。

最上位グレードもそれを意識したRS系となっています。

そのRS系グレードで用意された5色はそのスポーティーさを引き出すためのボディカラーと言えます。

その一方で環境性能も注目されています。

従来の発電機を兼ねたモーターによるマイルドハイブリッドシステムを搭載し、ついにはモーター単独で走行が可能なパラレル式ハイブリッドモデルも登場しました。

それと平行して大幅な軽量化も行われています。

今日では軽自動車でさえ1トンを超えるのが当たり前となる中で、スイフトの最軽量のモデルでは840kg 最大でも970kgです。

ハイブリッド+軽量化というエコカーとしての性能も追求されており、その環境性能をアピールするのが残りの3色なのです。

かつてはエコカーとスポーツカーというのは相反するクルマというイメージでしたが、現在は両方の性能を兼ね備えたクルマが登場しています。

本来 エンジンというのは与えられた燃料からどれだけ運動エネルギーを取り出せるかで性能が決まり、それを搭載するクルマというのは走行する上でどれだけエネルギーの損失を抑えるかというのが課題と言えます。

突き詰めるとエコカーとスポーツカーが目指すところは同じです。

スイフトにおいても例外ではなく、エコカーとスポーツカーという両方の性格を併せ持つクルマへと変わりつつあり、それが用意された8色のボディカラーにも表れているのではないでしょうか。

下取り車があるならさらに新車の総額を下げる事が出来ます!

下取り車を高く売る?面倒だからあなたにあげる

新車購入で気になるのは値引きや総支払額ですが、もし下取り車があるなら、さらに支払額を下げる事が出来ます。

もちろん値引き交渉が苦手でも、簡単にできる方法なので、是非ご参考ください。

ディーラーはウソを付いている!?

新車を買うなら、取り合えずディーラーで査定してもらう人が大半でしょう。管理人も毎回そうです。

しかし、ここで注意したいのは、「ディーラーは下取り金額でウソを付いている」ケースが多い事です。

正確には、本来ある相場よりも低い下取り金額を伝えて来ます。

相場よりも低い金額で買い取れれば、新車とは別に下取り車でも大きな利益を得る事が出来ます。

なので、新車から値引きしても、下取り車の利益で補てん出来てしまうので、ディーラー的には損が無いと言う事になります。

ユーザーにとっては損しかありませんね・・・

ディーラーに騙されないためには?

以前、管理人はBMW1シリーズ(116i)を買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。その時の下取り金額は85万円です。

ただ、ディーラーが本来の相場よりも安めに言ってくる事は知っていたので、比較するために買取店にも査定を申し込みました。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の相場を教えてくれます。

 

かんたん車査定ガイドの概算相場画面

そこで出た金額は、ディーラーよりも20万円も高い金額でした。

次回ディーラーに行った時に、「買取店では105万円と言われましたけど・・」と伝えて見ると、セールスさんは少々慌てて上司に確認を取りに奥へ引っ込みました。

10分ほど経って戻ってくると、「うちもギリギリの線なので103万円+リサイクル預託金でいかがですか?」と言われました。

リサイクル料の戻りも加算すると、約104.2万円になります。

その時の契約書はこちらです。

 

下取り車の契約書

もし最初の85万円で契約していたら、19万円もの損をする所でした・・・

この時した事は、買取店の査定サイトで表示された概算相場をディーラーに伝えただけです。

これだけで19万円もアップしたので、やっぱりディーラーは下取り金額を安く見積もって来たんだな、と思いましたね。

ディーラーの査定より高ければ買取店へ売る選択も

ディーラーで契約の時に、「BMは買取店へ売る事になるかもしれないので、その時は下取りに入れない事を承知してもらえますか?」と伝えたら、あっさりOKしてくれました。

これで納車直前に、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらい、ディーラーより高ければ買取店へ売る事が出来ます。

もしディーラーの方が高ければ、そのままディーラーへ下取りに入れる事でセールスさんからOKをもらってます。この方法は、納車直前まで自分の車に乗っていられるのでおすすめです。

そして納車前に実際に2店の買取店に査定してもらいました。

1店目は、ディーラーの104.2万円に対して107万円

そして2店目には、「1店目で110万円、120万なら即決」と少し盛って伝えると、「120は相場を超えちゃってるので無理ですが・・・110ですか~・・・116万円ではいかがでしょう?」と、ディーラーよりさらに11.8万円のアップに成功です!

その時の契約書です。

買取店の契約書

一番最初の査定金額は、ディーラーの85万円だったので、実に31万円の上乗せに成功しました。

ディーラーだけでなく買取店の査定を検討して、本当に良かったと思いましたね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

1分足らずの入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されるので、管理人のようにディーラーの下取り金額と比較したい方、すぐに愛車の相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

限界まで値引きを引き出すスイフトの値引き交渉術

一回の交渉だけで、スイフトから限界値引きを引き出す方法です。

短期間でしかも手間なく出来るので、何度もディーラーへ行く時間がない方、交渉事が苦手な方でも出来る方法です。

是非ご参考ください。