ホンダ ヴェゼルの人気カラーランキング!人気色とおすすめのカラーは?

人気カラーランキング! おすすめの人気色も紹介

いま、国内外問わず勢いがあり人気のあるSUV市場は、各社力を入れているカテゴリーで様々な魅力溢れる車が販売されています。

ホンダ「ヴェゼル」もそんな人気車種のひとつで、小型SUVでありながら見た目以上に広い室内空間を持ち、SUVでありながらクーペのような美しいフォルムのエクステリアなどが支持されています。

ファミリー層から年配の方まで広く支持されているヴェゼルは、どういったカラーが選ばれ人気があるのか⁉︎早速、見ていきましょう!

ホンダ「ヴェゼル」の人気カラーランキング発表!

順位カラー名
1位ホワイトオーキッド・パール
2位クリスタルブラック・パール
3位ルナシルバー・メタリック
4位ミスティグリーン・パール
5位プレミアムクリスタルレッド・メタリック
6位モルフォブルー・パール
7位ルーセブラック・メタリック
8位シナモンブロンズ・メタリック

※「ホワイトオーキッド・パール」「ミスティグリーン・パール」「モルフォブルー・パール」「ルーセブラック・メタリック」は+¥37,800の特別塗装。

「プレミアムクリスタルレッド・メタリック」は+¥59,400の特別塗装。

ホンダ「ヴェゼル」の人気のカラーを紹介

1位 ホワイトオーキッド・パール

ヴェゼル ホワイトオーキッド・パール

「ホワイトオーキッド・パール」は、透明感があって上品なパールホワイトカラーということで、若い人から年配の方まで誰が選んでも間違いないカラーです。

リセールバリューも高値で安定していることもあり見事、人気1位のカラーとなりました。

SUVでありながら、無骨さよりもシティランナー的な要素が強く、洗練された内外装のヴェゼルには、こういった美しく透明感のあるカラーがピッタリですね!

晴れた日には眩しいくらいに、光を反射してくれるボディはとても美しく、車格感を演出してくれるのではないでしょうか。

2位 クリスタルブラック・パール

ヴェゼル クリスタルブラック・パール

続いて人気の「クリスタルブラック・パール」も老若男女問わず選ばれる、不動の人気を誇るカラーとなっています。

ヴェゼルのサイズ感やデザインから、他車種のブラックカラーと違って、威圧感と言うよりはお洒落で上品なイメージも感じ取れる「クリスタルブラック・パール」は、より様々な人が選びやすいカラーとなっています。

実際に、「柔らかい感じの輝く黒が好印象」…というオーナーさんの声もあります。

その要因のひとつが、パールカラーと言うことで塗装表面にキラキラとした艶やかさがあるところではないでしょうか。

また、ボディ全体がグッとまとまって見えるのもこのカラーの特徴です。

より、ヴェゼルのデザインが引き締まるのでカッコ良さも兼ね備えたカラーと言えます。

3位 ルナシルバー・メタリック

ヴェゼル ルナシルバー・メタリック

ルナはイタリア語で「月」と言う意味を持つ言葉で、この「ルナシルバー・メタリック」は、夜に浮かぶ月のように暗がりの中で輝きを放つ美しいカラーと言えます。

カラーネームからしてお洒落で、よくある定番カラーのシルバーとは違った、思わず他人に語りたくなるような思いが込められていますね。

そんなカラーネームのイメージ通りの上品さと、シルバーカラーの持つ硬質さ・シャープさがうまくマッチしており、落ち着いた大人の雰囲気のあるカラーが、愛車への愛着をより強くしてくれます。

また、傷や汚れも目立ちにくいので、カラー選びに悩んだ時には是非オススメしたいカラーの1つです。

4位 ミスティグリーン・パール

ヴェゼル ミスティグリーン・パール

少し変わったカラーでもある「ミスティグリーン・パール」ですが、人気4位とだけあって街中でもよく見掛けるカラーとなっています。

上品なカーキという言葉で表現できそうなこのカラーは、重圧感と爽快感が良いバランスで混ざり合っており、お洒落カラーとしての人気もあり、特に派手なカラーをあまり好まない女性から好まれる傾向にあります。

元々、候補には無かったカラーなのに、当初イメージカラーだったこともあり、実車を見て一目惚れして購入を決めたという人も多いようです。

明るい場所では爽やかな雰囲気が好印象で、暗い場所では落ち着いた風格漂う雰囲気に思わず見惚れてしまうこと間違いなしです!

5位 プレミアムクリスタルレッド・メタリック

ヴェゼル プレミアムクリスタルレッド・メタリック

とにかく今までに無かった発色の良い赤が目を惹き、今人気急上昇中なカラーが「プレミアムクリスタルレッド・メタリック」です。

暗めのカラーが多いヴェゼルにおいて、かなりインパクトの強いカラーとも言えます。

しかし、ただ目立つと言う訳でなく艶と深みのある色合いが上品さも演出しており、意外とどんな人でも選びやすいカラーになっています。

また、リヤのコンビネーションランプが独特でインパクトのあるヴェゼルですが、ランプの多くを占める赤色のレンズ部分とボディカラーが同系色となっている為、リヤのコンビネーションランプが目立ちにくくなっている点も特徴です。

特別な塗装により、陰影がハッキリとして立体感もありキャラクターラインが強調される佇まいに思わず心奪われ、購入を決めたと言う方も多いようです。

ホンダ「ヴェゼル」のピックアップカラー

プレミアムクリスタルレッド・メタリック

ヴェゼル プレミアムクリスタルレッド・メタリック

マツダが「鼓動デザイン×赤」で統一したラインナップを発表して以降、各メーカーもそれに追従し、従来には無かったような上品で鮮やかな赤をラインナップする車が増えてきました。

ホンダの「プレミアムクリスタルレッド・メタリック」も例外ではなく、2015年に特別仕様車でこのカラーが追加されて以降、販売台数を伸ばし続けているカラーでもあります。(現在は全グレードに設定)

テレビCMでもこのカラーのヴェゼルが起用され、目立つカラーということもあってか、街中でも割とよく見掛ける気がしませんか?

そして、このカラーが今までの赤とは違った上質な印象を受ける理由が、他のカラーとの塗装工程の違いにあります。

まず、アルミフレークを含んだ「メタリックカラー」、そしてその上から「ソリッドカラー」、「クリア」…と塗装を重ねた、手間を掛けたものとなっているのです。

あえてメタリックカラーの上からソリッドカラーを重ねることで、

・光が当たる部分は、アルミフレークが光を反射することで、艶のある赤を表現

・影になる部分は、ソリッドカラーの層とメタリックカラーの層が重なっていることで、濃度の高い赤を表現

…というような特徴のあるカラーが生まれました。

これにより、ボディーラインに合った立体感とボディ全体にメリハリが生まれると同時に、上質さも表現できたという訳です。

そんなメーカーのこだわりもあり、オーナーの満足度も高いカラーで、普段から綺麗に車を乗られている方も特に多い印象があります。

今後さらに「プレミアムクリスタルレッド・メタリック」を選ぶ人も増えてきそうですね!

ホンダ「ヴェゼル」のオススメカラーを紹介

とにかく他には無い、自分だけの愛車を求める人にはこのカラー!

ヴェゼル モルフォブルー・パール

定番カラー以外で個性を出しつつ、更に他の車でもなかなか見ることのない珍しいカラーが「モルフォブルー・パール」です。

このカラーは、カタログ等で見ると鮮やかな青という印象のあるカラーですが、写真等で見るよりも実車は「濃い」または「暗い」青という表現の方が適切なカラーと言えます。

光の当たり方で鮮やかに見えたりシックに見えたりして、さらに見る角度によっては綺麗なパープルブルーに変化する様子が、青とも紫とも取れる、なんとも言葉では言い表せれない魅惑的なカラーと言えます。

そんな、マジョーラカラーのような色味の変化と独特な雰囲気は、ヴェゼルを所有することの楽しみをより強いものにしてくれそうです。

その佇まいは、世界で最も美しいと言われる「モルフォ蝶」をイメージしたカラーだという「モルフォブルー・パール」の名に恥じない、圧倒的な存在感があります。

灯火廻りの白のLEDとの相性も抜群のカラーで、闇夜に浮かぶ愛車の姿は魅惑的で、思わず写真に収めたくなってしまうのでは⁉︎

エレガント雰囲気が好きな方なら、このカラー!

ヴェゼル シナモンブロンズ・メタリック

ヴェゼルの中では少数派のカラーではありますが、その落ち着いた佇まいに大人の魅力を感じずにはいられない、エレガントなカラーが「シナモンブロンズ・メタリック」です。

茶色系のカラーとメタリックという組み合わせが、日中の太陽の下などではピンクゴールドのような美しいカラーにも見え、どんな風景にも自然と溶け込みます。

また、汚れや洗車傷などが目立ちにくいというのも+αの嬉しいポイントですね。

エレガントな雰囲気…ということで、特に女性や上品な年配のオーナーさんにぴったりなカラーと言えそうです。

ホンダ「ヴェゼル」のカラーまとめ

ダーク系のカラーが多いイメージのあるヴェゼルですが、それぞれのカラーにはホンダとしての強いこだわりが感じられましたね。

老若男女色々な趣味嗜好を持った人がいて、勿論ボディカラーの好き嫌いも人それぞれあるとは思いますが、ひとつひとつにこだわりのあるカラーラインナップだからこそ

「まさに自分にぴったりなカラーはこれだ!」

…と思えるようなカラーがきっとあるはずです!

ネットでの写真と実車とでは随分とイメージの違うカラーもあるので、可能であれば是非、お気に召したカラーの実車を見てみることをオススメします。

下取り車があるならさらに新車の総額を下げる事が出来ます!

下取り車を高く売る?面倒だからあなたにあげる

新車購入で気になるのは値引きや総支払額ですが、もし下取り車があるなら、さらに支払額を下げる事が出来ます。

もちろん値引き交渉が苦手でも、簡単にできる方法なので、是非ご参考ください。

ディーラーはウソを付いている!?

新車を買うなら、取り合えずディーラーで査定してもらう人が大半でしょう。管理人も毎回そうです。

しかし、ここで注意したいのは、「ディーラーは下取り金額でウソを付いている」ケースが多い事です。

正確には、本来ある相場よりも低い下取り金額を伝えて来ます。

相場よりも低い金額で買い取れれば、新車とは別に下取り車でも大きな利益を得る事が出来ます。

なので、新車から値引きしても、下取り車の利益で補てん出来てしまうので、ディーラー的には損が無いと言う事になります。

ユーザーにとっては損しかありませんね・・・

ディーラーに騙されないためには?

以前、管理人はBMW1シリーズ(116i)を買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。その時の下取り金額は85万円です。

ただ、ディーラーが本来の相場よりも安めに言ってくる事は知っていたので、比較するために買取店にも査定を申し込みました。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の相場を教えてくれます。

 

かんたん車査定ガイドの概算相場画面

そこで出た金額は、ディーラーよりも20万円も高い金額でした。

次回ディーラーに行った時に、「買取店では105万円と言われましたけど・・」と伝えて見ると、セールスさんは少々慌てて上司に確認を取りに奥へ引っ込みました。

10分ほど経って戻ってくると、「うちもギリギリの線なので103万円+リサイクル預託金でいかがですか?」と言われました。

リサイクル料の戻りも加算すると、約104.2万円になります。

その時の契約書はこちらです。

 

下取り車の契約書

もし最初の85万円で契約していたら、19万円もの損をする所でした・・・

この時した事は、買取店の査定サイトで表示された概算相場をディーラーに伝えただけです。

これだけで19万円もアップしたので、やっぱりディーラーは下取り金額を安く見積もって来たんだな、と思いましたね。

ディーラーの査定より高ければ買取店へ売る選択も

ディーラーで契約の時に、「BMは買取店へ売る事になるかもしれないので、その時は下取りに入れない事を承知してもらえますか?」と伝えたら、あっさりOKしてくれました。

これで納車直前に、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらい、ディーラーより高ければ買取店へ売る事が出来ます。

もしディーラーの方が高ければ、そのままディーラーへ下取りに入れる事でセールスさんからOKをもらってます。この方法は、納車直前まで自分の車に乗っていられるのでおすすめです。

そして納車前に実際に2店の買取店に査定してもらいました。

1店目は、ディーラーの104.2万円に対して107万円

そして2店目には、「1店目で110万円、120万なら即決」と少し盛って伝えると、「120は相場を超えちゃってるので無理ですが・・・110ですか~・・・116万円ではいかがでしょう?」と、ディーラーよりさらに11.8万円のアップに成功です!

その時の契約書です。

買取店の契約書

一番最初の査定金額は、ディーラーの85万円だったので、実に31万円の上乗せに成功しました。

ディーラーだけでなく買取店の査定を検討して、本当に良かったと思いましたね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

1分足らずの入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されるので、管理人のようにディーラーの下取り金額と比較したい方、すぐに愛車の相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

限界まで値引きを引き出すヴェゼルの値引き交渉術

一回の交渉だけで、ヴェゼルから限界値引きを引き出す方法です。

短期間でしかも手間なく出来るので、何度もディーラーへ行く時間がない方、交渉事が苦手な方でも出来る方法です。

是非ご参考ください。