N-WGNの人気グレードと装備を評価!おすすめのグレードは?

N-WGNの人気グレード徹底比較

6年ぶりのフルモデルチェンジで話題を集めている「N-WGN」は、基本的に標準系が3タイプ、カスタム系が3タイプの計6タイプのグレード展開となっています。

グレードの数は多くありませんが、それでもいざ選ぶとなると意外と悩んでしまうものですよね。

ここでは、N-WGNの人気グレードと装備を評価すると同時に、おすすめのグレードも紹介しますので、是非とも参考にしてみてください。

N-WGNの売れ筋人気グレードベスト9を発表!

順位グレード名
1位G
2位カスタム G
3位カスタム L ターボ
4位L
5位カスタムL
6位L ターボ

N-WGNの人気グレードの装備を比較

第3位の「カスタム L ターボ」はカスタム系の最上級グレードであると同時に、N-WGN全体の中でも一番高いグレードです。

第2位の「カスタム G」は、カスタム系の最廉価グレードになります。

そして人気ランキング第1位に輝いた「G」は、標準系の最廉価グレードであると同時に、N-WGN全体でも一番安いグレードです。

ユーザー層が上級志向と低価格重指向にはっきり分かれているのは、興味深いものがあります。

カスタム L ターボにはあってGには無い装備は?

この項目では、人気ランキング第1位のGと第3位のカスタム L ターボの装備を比較します。

カスタム L ターボにはあってGには無い主要装備は、以下のとおりです。

明るく消費電力も小さい「9灯式フルLEDヘッドライト」

Gのヘッドライトはマルチリフレクターハロゲン式ですが、カスタム L ターボに付く9灯式フルLEDヘッドライトは、それよりも明るいので夜間走行時の安心感が勝ります。

更に、低消費電力なのでバッテリーの負担が小さいこともメリットです。

純正ナビの使い勝手を高める「ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器」

ナビ装着用スペシャルパッケージは、後方視界をサポートするバックカメラ、オーディオの操作が手元で行えるステアリングスイッチ、臨場感溢れるサウンドを再生する4スピーカーがセットになったものです。

それに加え、高速道路走行時に欠かせないナビ連動タイプのETC車載器が付きます。

純正ナビを付ける場合は、是非とも欲しい装備と言えるでしょう。

上質で手触りの良い「本革巻ステアリングホイール」

Gのウレタンステアリングホイールよりも手触りが良く、外観も上質な本革巻ステアリングホイールが付きます。

ステアリングホイールは常に手に触れている部分なので、手触りの良さは大きなメリットです。

有害な紫外線・赤外線をカットする「360°スーパーUV・IRカット パッケージ」

日焼けやシミの原因となる有害な紫外線を約99%をカットするスーパーUVカット機能と、室温上昇の原因となる赤外線を有効にカットするIRカット機能が、全てのガラスに付きます。

Gのガラスは、紫外線の遮断性能がスーパーUVカット機能よりも劣るUVカット機能のみで、IRカット機能は付きません。

室内で快適・安心に過ごしたいなら、是非とも欲しい装備と言えます。

ワインディング走行が楽しくなるパドルシフト

Gもカスタム L ターボも、トランスミッションは無段変速機のCVTです。

しかし、カスタム L ターボには疑似的に段を刻む変速機能と、変速操作をステアリングに手を添えたまま行えるパドルシフトが付きます。

ワインディングをスポーティに走りたい場合などは、特に重宝する装備です。

N-WGNで人気の装備は?

寒い日に体を直接暖めてくれる「運転席&助手席シートヒーター」

シートの座面を直接暖め、寒い冬の日でも快適なドライブが楽しめる装備です。

シートバックにヒーターが内蔵されていないのは残念ですが、それでもお尻や太ももの冷えを防いでくれるので、特に冷え性の人が多い女性には嬉しい装備でしょう。

スマホなどの充電ができる「充電用USBジャック」

インパネ中央のエアコン操作部下に、スマホなどの充電ができるUSBジャックが2個付きます。

運転席からだけでなく助手席からでも使える上、急速充電にも対応するので、かなり重宝するはずです。

ドアミラーを自動で格納・展開する「オートリトラミラー」

ドアを施錠すると自動でドアミラーが格納され、解錠すると自動で展開する装備です。

イグニッションを切った後でドアミラーのたたみ忘れに気付き、もう一度エンジンを始動させるはめになったり、うっかりドアミラーをたたんだまま走り出してしまったりする失敗は、誰にでも経験があると思います。

しかし、この装備があればそんな失敗とも無縁になりますし、いちいちドアミラーの操作をする手間も省けるので大変便利です。

アレルゲンやウイルスを抑制する「アレルクリーンプラスシート」

シート表皮に付着したダニやスギ花粉などのアレルゲンや、ウイルスの活動を不活性化する機能が付くシートです。

そこまで潔癖になる必要があるかどうかはともかくとして、安心感をもたらすことは間違いありません。

当サイトのおススメグレードは「L ターボ」!

当サイトがおススメするN-WGNのグレードは、意外かもしれませんが、人気ランキングでは最下位の6位だった「L ターボ」です。

その理由は、以下にあげる3つあります。

装備が充実しているのに割安だから

L ターボは標準系モデルの最上級グレードだけあり、装備が大変充実しています。

N-WGNで一番高いカスタム L ターボと比べても、差があるとすれば本革製ステアリングホイールやアルミホイールが付かないことぐらいで、実質的には遜色ありません。

それでいて、価格はカスタム L ターボよりも162,000円も安いので、お買い得感があります。

動力性能が優れているから

N-WGNに搭載されるエンジンは、ターボ・ノンターボともに業界トップのスペックを誇ります。

また、同じエンジンを搭載するN-BOXよりも車体が軽いこともあり、ノンターボでも走りに大きな不満は感じないはずです。

とはいえ、軽自動車最強のスペックを持つターボエンジンのパワフルさを知ってしまうと、ノンターボでは物足りなく感じてしまうでしょう。

たとえ街乗りがメインでも、パワーはいくらあっても邪魔になりません。

燃費が気になるかもしれませんが、ノンターボ車よりカタログ値で2km/L劣るだけなので、ガソリン代にビクビクする心配もないでしょう。

こうした点から、N-WGNの場合は是非ともターボ付のグレードをおススメしたいところです。

外観が魅力的だから

カスタム系のフロントマスクは良く言えば精悍ですが、悪く言えばロボットのように無機質です。

それに比べ、標準系のフロントマスクは小動物のような愛嬌があり、N-WGNの全体的なフォルムとのマッチングも優れています。

公式ホームページを見ると、メインページの冒頭に表示されるのは標準系モデルなので、ホンダとしても標準系を本命視していることは間違いありません。

下取り車があるならさらに新車の総額を下げる事が出来ます!

下取り車を高く売る?面倒だからあなたにあげる

新車購入で気になるのは値引きや総支払額ですが、もし下取り車があるなら、さらに支払額を下げる事が出来ます。

もちろん値引き交渉が苦手でも、簡単にできる方法なので、是非ご参考ください。

ディーラーはウソを付いている!?

新車を買うなら、取り合えずディーラーで査定してもらう人が大半でしょう。管理人も毎回そうです。

しかし、ここで注意したいのは、「ディーラーは下取り金額でウソを付いている」ケースが多い事です。

正確には、本来ある相場よりも低い下取り金額を伝えて来ます。

相場よりも低い金額で買い取れれば、新車とは別に下取り車でも大きな利益を得る事が出来ます。

なので、新車から値引きしても、下取り車の利益で補てん出来てしまうので、ディーラー的には損が無いと言う事になります。

ユーザーにとっては損しかありませんね・・・

ディーラーに騙されないためには?

以前、管理人はBMW1シリーズ(116i)を買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。その時の下取り金額は85万円です。

ただ、ディーラーが本来の相場よりも安めに言ってくる事は知っていたので、比較するために買取店にも査定を申し込みました。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の相場を教えてくれます。

 

かんたん車査定ガイドの概算相場画面

そこで出た金額は、ディーラーよりも20万円も高い金額でした。

次回ディーラーに行った時に、「買取店では105万円と言われましたけど・・」と伝えて見ると、セールスさんは少々慌てて上司に確認を取りに奥へ引っ込みました。

10分ほど経って戻ってくると、「うちもギリギリの線なので103万円+リサイクル預託金でいかがですか?」と言われました。

リサイクル料の戻りも加算すると、約104.2万円になります。

その時の契約書はこちらです。

 

下取り車の契約書

もし最初の85万円で契約していたら、19万円もの損をする所でした・・・

この時した事は、買取店の査定サイトで表示された概算相場をディーラーに伝えただけです。

これだけで19万円もアップしたので、やっぱりディーラーは下取り金額を安く見積もって来たんだな、と思いましたね。

ディーラーの査定より高ければ買取店へ売る選択も

ディーラーで契約の時に、「BMは買取店へ売る事になるかもしれないので、その時は下取りに入れない事を承知してもらえますか?」と伝えたら、あっさりOKしてくれました。

これで納車直前に、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらい、ディーラーより高ければ買取店へ売る事が出来ます。

もしディーラーの方が高ければ、そのままディーラーへ下取りに入れる事でセールスさんからOKをもらってます。この方法は、納車直前まで自分の車に乗っていられるのでおすすめです。

そして納車前に実際に2店の買取店に査定してもらいました。

1店目は、ディーラーの104.2万円に対して107万円

そして2店目には、「1店目で110万円、120万なら即決」と少し盛って伝えると、「120は相場を超えちゃってるので無理ですが・・・110ですか~・・・116万円ではいかがでしょう?」と、ディーラーよりさらに11.8万円のアップに成功です!

その時の契約書です。

買取店の契約書

一番最初の査定金額は、ディーラーの85万円だったので、実に31万円の上乗せに成功しました。

ディーラーだけでなく買取店の査定を検討して、本当に良かったと思いましたね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

1分足らずの入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されるので、管理人のようにディーラーの下取り金額と比較したい方、すぐに愛車の相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

限界まで値引きを引き出すN-WGNの値引き交渉術

一度の交渉のみで、N-WGNの限界値引きを引き出す方法です。少ない労力で大きい効果が得られるので、是非試してみて下さい。

>>N-WGNの一発値引き交渉はこちら