N-WGN/カスタムの人気カラーランキング!人気色とおすすめのカラーは?

人気カラーランキング! おすすめの人気色も紹介

N-WGN/カスタムの購入を検討している人は多いと思いますが、どのボディカラーを選んだら良いのか悩んでいませんか?

車のイメージは色によって大分違って見えるものですし、リセールにも結構差が付いてしまうので、色選びは重要なポイントです。

ここでは、カスタムも含めたN-WGNの人気カラーランキングを紹介すると同時に、是非とも注目したいピックアップカラーや、おすすめのカラーについて紹介しますので、是非とも参考にしてくださいね。

N-WGN(カスタム含む)の人気カラーランキング発表!

順位カラー名
1位クリスタルブラックパール
2位プラチナホワイトパール※
3位ルナシルバーメタリック
4位プレミアムベルベットパープル※
5位プレミアムガットブラウンパール
6位ホライズンシーブルーパール※
7位ミッドナイトブルービームメタリック※
8位シャイニンググレーメタリック
9位ミラノレッド※
10位プレミアムアイボリーパールⅡ
11位ピーチブロッサムパール※
12位ガーデングリーンメタリック※

※ツートンカラーの設定あり

N-WGNの人気のカラーを紹介

1位 クリスタルブラックパール

人気ランキング1位となったのは、ブラック系のクリスタルブラックパールです。

カスタム系にも標準系にも設定されている色ですが、いずれもツートンの設定はありません。

カラー名の由来は、クリスタル=水晶のように輝くパール塗装という意味でしょう。

その名に相応しく光輝感のある黒なので、N-WGNが一層上質なイメージになります。

精悍なデザインのカスタム系に似合う色ですが、「標準系のデザインが好きだけれど、ちょっと可愛すぎるかな・・・」という場合にも、シックに見えるこの色はお勧めです。

ただ、黒は収縮色なので、ただでさえ小さいN-WGNの車体がより小さく見えてしまいます。

対向車や歩行者などから実際より遠くにいるように見えてしまうため、安全性を重視したい場合は、この色は避けた方がいいかもしれません。

2位 プラチナホワイトパール

2位に入ったのはホワイト系のプラチナホワイトパールで、カスタム系、標準系ともに設定されています。

32,400円のメーカーオプションカラーで、カスタム系はルーフとドアミラーがブラックとなるツートンカラー(81,000円)を選ぶことも可能です。

カラー名の意味は、プラチナ(白金)を彷彿とさせる白のパール塗装ということでしょう。

有料色だけにかなり手間が掛かっていることは間違いなく、実車を見てもとても綺麗で清潔感があります。

ただ、N-WGNのような小さい車でホワイト系カラーを選ぶと、少し淡白に見えてしまうので、好みは分かれるかもしれません。

しかし、カスタム系でツートンを選んだ場合は色のメリハリが付き、見栄えが良くなります。

81,000円は軽自動車のカラーオプションとしては高価ですが、検討する価値はありそうです。

3位 ルナシルバーメタリック

3位にランクインしたのはシルバー系のルナシルバーメタリックで、標準系だけに設定されています。

ルナとは月の意味ですが、月をイメージしたシルバーという意味のようです。

こちらはツートンの設定はなく、モノトーンのみとなっています。

シルバー系はとにかく無難な色なので、N-WGNのスタイリングとのマッチングも問題ありません。

汚れが目立たないので洗車をさぼれることや、薄味の長続きで飽きがこないこともメリットです。

ただし、N-WGNの外観がイメージアップするほどの色ではなく、商用車チックに見えてしまう欠点も・・・。

維持が楽なメリットに免じて、その点は割り切りが必要です。

4位 プレミアムベルベットパープル

4位にはカスタム系だけに設定されているパープル系カラー、プレミアムベルベットパープルがランクインしています。

32,400円のメーカーオプションカラーで、ルーフがシルバーとなるツートン(81,000円)の選択も可能です。

プレミアムでベルベット(パイル織物の一種)のような質感を持つ紫色、という意味でしょう。

実車を太陽光の下で見ると、カタログ以上に深みのある色に感じられ、とても魅力的です。

プレミアムを冠するカラー名に恥じない上質感もあるので、N-WGNカスタムが軽自動車とは思えないほど高級な車に見えます。

ちょっとワルっぽいイメージになる点も、魅力と言えるでしょう。

ツートンを選ぶと、折角のパープル塗装の面積が小さくなってしまうので、モノトーンがお勧めです。

5位 プレミアムガットブラウンパール

5位に入ったのは、これもカスタム系だけで選べるブラウン系カラー、プレミアムガットブラウンパールです。

32,400円のメーカーオプション色で、ツートンの設定はありません。

高級なガット(楽器の弦などに用いられる素材)をイメージした茶色、という意味なのでしょう。

実車の色はカタログよりも少し濃く見え、光輝感も強く感じられるなど、なかなか魅力的です。

基本的にブラウン系は地味な色ではあるものの、N-WGNのプレミアムガットブラウンパールは十分見栄えがします。

汚れも比較的目立たないので、露天の駐車場に停める場合も問題ないでしょう。

N-WGNのピックアップカラー

ホライズンシーブルーパール(ツートンカラー)

人気ランキングでは、ベスト5圏内にあと一歩の6位だったホライズンシーブルーパールですが、その名のとおり水平線を彷彿とさせる爽やかなブルーが魅力です。

標準系のみに設定されているこのカラーには、59,400円のメーカーオプションでツートンが設定されています。

そして、このホライズンシーブルーパールのツートンは、標準系N-WGNのイメージカラーになっているのです。

メーカーが標準系N-WGNに一番マッチする色と考えているのですから、注目しないわけにはいきません。

ブルーとホワイトのツートンはとても清涼感がありますし、標準系N-WGNの外観がより親しみやすく感じられます。

モノトーンも悪くありませんが、見栄えの良さはツートンの方が一枚上です。

プラス59,400円の出費は大きいものの、それだけの価値はあると言えるでしょう。

N-WGNのおススメカラーを紹介

フォーマルユースにも使いたいなら、このカラーがおススメ!

N-WGNをファーストカーとして使う場合、冠婚葬祭などのフォーマルな場に出掛けることもあるはずです。

その場合、あまり派手な色だと場の雰囲気から浮いてしまい、いくらお気に入りの色だといっても気恥ずかしい思いを免れません。

おススメは、どんな場にも違和感なく馴染むシルバー系やグレー系のカラーです。

標準系ならルナシルバーメタリック、カスタム系ならシャイニンググレーメタリックが該当します。

こうしたカラーを選んでおけば、お葬式の会場に乗り付けても全く問題ありません。

癒しを求めるあなたには、このカラーがベスト!

同じ車種でも、ボディカラーによって威圧感を感じさせたり、ハッピーな気分にさせたりと、かなり違った印象を受けるものです。

もしN-WGNに癒しを求める場合は、標準系に設定されているガーデングリーンメタリックとホワイトのツートンカラーをおススメします。

木々の緑を彷彿とさせるグリーンは、眺めていると穏やかな気分になれること請け合いです。

また、ルーフとドアミラーのホワイトが良いアクセントになっているので、お洒落にも見えます。

あなた自身やあなたの家族のみならず、道行く人々の心も和ませてくれるはずです。

59,400円の有料色なので、少し購入のハードルが高くなりますが、是非とも奮発したいところ。

とにかく目立ちたいなら、ズバリこのカラーを!

目立ちたがり屋さんの場合は、車のボディカラーもやはり目立つ色を選びたいですよね。

N-WGNにもいくつかの目立つ色が用意されていますが、中でもミラノレッドは派手さという点で群を抜いています。

ひとことで赤と言っても、明るい赤から落ち着いた赤まで種類は様々です。

N-WGNの赤はイタリアの都市ミラノの名を冠するだけあり、イタリアンレッドに近い鮮烈な赤なので、かなり目立ちます。

標準系・カスタム系どちらにも設定されていますが、カスタム系は+59,400円の出費で、ルーフとドアミラーがブラックとなるツートンを選ぶことも可能です。

ツートンはより強いインパクトを感じさせるので、カスタム系を買う場合はツートンをおススメします。

他のドライバーや歩行車の視線を感じることも多くなるはずですから、目立ちたいという願望を満たせることでしょう。

N-WGNのカラーまとめ

N-WGNはツートンカラーが設定されていることもあり、カラーバリエーションはかなり豊富です。

ここで取り上げなかったカラーも、そのカラーならではの魅力があります。

中には車自体は魅力的でも、カラーバリエーションが少ないため魅力が半減している車種もありますが、N-WGNに関しては全くそんなことはありません。

自分にピッタリのカラーが、必ず見つかるはずです。

下取り車があるならさらに新車の総額を下げる事が出来ます!

下取り車を高く売る?面倒だからあなたにあげる

新車購入で気になるのは値引きや総支払額ですが、もし下取り車があるなら、さらに支払額を下げる事が出来ます。

もちろん値引き交渉が苦手でも、簡単にできる方法なので、是非ご参考ください。

ディーラーはウソを付いている!?

新車を買うなら、取り合えずディーラーで査定してもらう人が大半でしょう。管理人も毎回そうです。

しかし、ここで注意したいのは、「ディーラーは下取り金額でウソを付いている」ケースが多い事です。

正確には、本来ある相場よりも低い下取り金額を伝えて来ます。

相場よりも低い金額で買い取れれば、新車とは別に下取り車でも大きな利益を得る事が出来ます。

なので、新車から値引きしても、下取り車の利益で補てん出来てしまうので、ディーラー的には損が無いと言う事になります。

ユーザーにとっては損しかありませんね・・・

ディーラーに騙されないためには?

以前、管理人はBMW1シリーズ(116i)を買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。その時の下取り金額は85万円です。

ただ、ディーラーが本来の相場よりも安めに言ってくる事は知っていたので、比較するために買取店にも査定を申し込みました。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の相場を教えてくれます。

 

かんたん車査定ガイドの概算相場画面

そこで出た金額は、ディーラーよりも20万円も高い金額でした。

次回ディーラーに行った時に、「買取店では105万円と言われましたけど・・」と伝えて見ると、セールスさんは少々慌てて上司に確認を取りに奥へ引っ込みました。

10分ほど経って戻ってくると、「うちもギリギリの線なので103万円+リサイクル預託金でいかがですか?」と言われました。

リサイクル料の戻りも加算すると、約104.2万円になります。

その時の契約書はこちらです。

 

下取り車の契約書

もし最初の85万円で契約していたら、19万円もの損をする所でした・・・

この時した事は、買取店の査定サイトで表示された概算相場をディーラーに伝えただけです。

これだけで19万円もアップしたので、やっぱりディーラーは下取り金額を安く見積もって来たんだな、と思いましたね。

ディーラーの査定より高ければ買取店へ売る選択も

ディーラーで契約の時に、「BMは買取店へ売る事になるかもしれないので、その時は下取りに入れない事を承知してもらえますか?」と伝えたら、あっさりOKしてくれました。

これで納車直前に、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらい、ディーラーより高ければ買取店へ売る事が出来ます。

もしディーラーの方が高ければ、そのままディーラーへ下取りに入れる事でセールスさんからOKをもらってます。この方法は、納車直前まで自分の車に乗っていられるのでおすすめです。

そして納車前に実際に2店の買取店に査定してもらいました。

1店目は、ディーラーの104.2万円に対して107万円

そして2店目には、「1店目で110万円、120万なら即決」と少し盛って伝えると、「120は相場を超えちゃってるので無理ですが・・・110ですか~・・・116万円ではいかがでしょう?」と、ディーラーよりさらに11.8万円のアップに成功です!

その時の契約書です。

買取店の契約書

一番最初の査定金額は、ディーラーの85万円だったので、実に31万円の上乗せに成功しました。

ディーラーだけでなく買取店の査定を検討して、本当に良かったと思いましたね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

1分足らずの入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されるので、管理人のようにディーラーの下取り金額と比較したい方、すぐに愛車の相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

限界まで値引きを引き出すN-WGNの値引き交渉術

一度の交渉のみで、N-WGNの限界値引きを引き出す方法です。少ない労力で大きい効果が得られるので、是非試してみて下さい。

>>N-WGNの一発値引き交渉はこちら