プリウスαの新車が高ければ中古車や新古車を検討してみよう!

プリウスαの新車が高ければ中古車や新車も検討しよう!

新車が欲しいけど予算的に厳しいなら、プリウスαの中古車を検討すると良いでしょう。

プリウスαは販売台数が多いので、中古車の玉数が多く選びやすい車種です。マイナーチェンジ前のモデルなら現行型と燃費性能に遜色は無く、割安で購入する事が出来るでしょう。

中古車市場で人気の無い色、過走行の車両、修復歴のある車両なら、さらに割安でプリウスαの中古車を購入できます。

プリウスαの人気のボディーカラーはホワイトパールとブラックです。この2色は中古車価格が高いので、この2色以外を選べば割安な中古車価格になっています。

年間平均走行距離が1万キロ以上のプリウスαが、主に過走行の部類に入ってきます。

走行距離が増えるほど中古車価格は下がりますが、車自体はメンテナンスを行っていれば20万キロ以上は問題なく走れます。

ただ、買う時は安いですが、過走行の車両は後々メンテナンス代が掛かってくる事も頭にれて、検討したいですね。

個人的には5年1万キロのプリウスαより、5年3~4万キロでメンテナンスされていた車両の方が調子が良く感じます。

車は置きっぱなしより、ある程度走らせてメンテしていた方が、エンジンや駆動系の調子を維持できるでしょう。

どうしても新車が良いならプリウスαの新古車も検討してみよう

ディーラーが登録しただけのプリウスαを、中古車として販売している車両を新古車と言います。

ディーラーの中古車販売部門が販売している事もありますし、中古車販売店やサブディーラーが、ディーラーやオークションから仕入れて新古車を販売しているケースもあります。

基本、新車を登録してナンバープレートを付けただけの状態なので、新車とほぼ変わりません。ボディカラーやメーカーオプションは選べませんが、プリウスαの新車と同等に乗る事が出来るでしょう。

新車は登録してから車検有効期限が3年間ありますが、新古車はすでに登録されているので、車検の残り期間が新車の3年と比較すると短くなってしまう事は承知しておく必要があるでしょう。

ボディカラーや装備など希望に合致するプリウスαの新古車があれば、新車を買うよりも安く買う事が出来るでしょう。

新古車をプリウスαの値引き交渉に利用する

プリウスαの新車を安く買いたい時は、新古車を値引き交渉の材料にする事が出来ます。

まずプリウスαの新古車の見積もりを取るか、新古車の価格を調べておきます。

そして新車ディーラーで商談する時に、「中古車・新古車でプリウスαを考えていたけど、もし安くなるなら新車も検討したい」とやると効果的でしょう。

トヨタのセールスさんが、新古車の価格に近付けようと、値引きを頑張ってくれるでしょう。

 

アイちゃん
アイちゃん

中古車かあ~でも中古ってなんか不安じゃない?

買っても壊れるんじゃないかとか、事故車じゃないのかとか

タンバ君
タンバ君

確かに不安はあるけど、購入する販売店がしっかりしていれば、そこで買える中古車は信用できるよ!

アイちゃん
アイちゃん

ホント?

タンバ君
タンバ君

うん!中古車の良し悪しは中々素人では判断できないからね。専門家に頼むのもアリだよ。

もちろん、自分で好きなクルマを探す楽しみもあるけどね。

 

アイちゃん
アイちゃん

じゃあ、詳しい人は自分で探して、不安な人は探してもらえばいいんだ?

タンバ君
タンバ君

そういう事!

ガリバーのクルマコネクトで非公開車両から中古車を探してもらう

RINちゃん
RINちゃん

クルマコネクトなら、中古車の専門家が完全無料で好みの中古車を探してくれるよ!

「プリウスαの新古車が欲しい」

「運転しやすい車がいいな」

「荷物も積める車がいい」

など、何でもいいのでこちらの希望条件を伝えれば、それに合った中古車を探してくれるサービスです。

また、良質な中古車・割安な中古車など、すぐに買い手が付きそうなお得な中古車を、市場に出回る前に非公開車両として優先的に紹介してくれます。

申し込みは電話不要で、チャットのみでやり取り出来るので、空いた時間に好きなタイミングで希望条件を伝えたり、提案を確認する事が出来ます。

>>ガリバーのクルマコネクトはこちら

プリウスαの中古車をグーネットで検索

中古車情報誌のWEB版、グーネットです。車種、年式、価格、地域、色など、詳細に条件を絞って中古車を検索できます。

在庫確認など車両に関する質問、総額の見積もりなどがメールで依頼出来ます。

また、希望の車種や年式などを登録しておけば、検索条件に合う新着物件をサイト上に情報が出回る前にいち早くメールで教えてくれます。

販売店にこちらのメールアドレスは伝わりません。

下取り車があるならさらに新車の総額を下げる事が出来ます!

下取り車を高く売る?面倒だからあなたにあげる

新車購入で気になるのは値引きや総支払額ですが、もし下取り車があるなら、さらに支払額を下げる事が出来ます。

もちろん値引き交渉が苦手でも、簡単にできる方法なので、是非ご参考ください。

ディーラーはウソを付いている!?

新車を買うなら、取り合えずディーラーで査定してもらう人が大半でしょう。管理人も毎回そうです。

しかし、ここで注意したいのは、「ディーラーは下取り金額でウソを付いている」ケースが多い事です。

正確には、本来ある相場よりも低い下取り金額を伝えて来ます。

相場よりも低い金額で買い取れれば、新車とは別に下取り車でも大きな利益を得る事が出来ます。

なので、新車から値引きしても、下取り車の利益で補てん出来てしまうので、ディーラー的には損が無いと言う事になります。

ユーザーにとっては損しかありませんね・・・

ディーラーに騙されないためには?

以前、管理人はBMW1シリーズ(116i)を買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。その時の下取り金額は85万円です。

ただ、ディーラーが本来の相場よりも安めに言ってくる事は知っていたので、比較するために買取店にも査定を申し込みました。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の相場を教えてくれます。

 

かんたん車査定ガイドの概算相場画面

そこで出た金額は、ディーラーよりも20万円も高い金額でした。

次回ディーラーに行った時に、「買取店では105万円と言われましたけど・・」と伝えて見ると、セールスさんは少々慌てて上司に確認を取りに奥へ引っ込みました。

10分ほど経って戻ってくると、「うちもギリギリの線なので103万円+リサイクル預託金でいかがですか?」と言われました。

リサイクル料の戻りも加算すると、約104.2万円になります。

その時の契約書はこちらです。

 

下取り車の契約書

もし最初の85万円で契約していたら、19万円もの損をする所でした・・・

この時した事は、買取店の査定サイトで表示された概算相場をディーラーに伝えただけです。

これだけで19万円もアップしたので、やっぱりディーラーは下取り金額を安く見積もって来たんだな、と思いましたね。

ディーラーの査定より高ければ買取店へ売る選択も

ディーラーで契約の時に、「BMは買取店へ売る事になるかもしれないので、その時は下取りに入れない事を承知してもらえますか?」と伝えたら、あっさりOKしてくれました。

これで納車直前に、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらい、ディーラーより高ければ買取店へ売る事が出来ます。

もしディーラーの方が高ければ、そのままディーラーへ下取りに入れる事でセールスさんからOKをもらってます。この方法は、納車直前まで自分の車に乗っていられるのでおすすめです。

そして納車前に実際に2店の買取店に査定してもらいました。

1店目は、ディーラーの104.2万円に対して107万円

そして2店目には、「1店目で110万円、120万なら即決」と少し盛って伝えると、「120は相場を超えちゃってるので無理ですが・・・110ですか~・・・116万円ではいかがでしょう?」と、ディーラーよりさらに11.8万円のアップに成功です!

その時の契約書です。

買取店の契約書

一番最初の査定金額は、ディーラーの85万円だったので、実に31万円の上乗せに成功しました。

ディーラーだけでなく買取店の査定を検討して、本当に良かったと思いましたね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

1分足らずの入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されるので、管理人のようにディーラーの下取り金額と比較したい方、すぐに愛車の相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。