ライズの人気カラーランキング!人気色とおすすめのカラーは?

人気カラーランキング! おすすめの人気色も紹介

ライズのイメージはボディカラーでかなり変わるので、色選びは重要なポイントになります。

また、色によってリセールバリューに差が出るため、その意味でもおざなりに決めることはできません。

ここではライズの人気カラーランキングをはじめ、見逃せないカラーやおすすめのカラーを紹介しますので、参考にしてくださいね。

ライズの人気カラーランキング発表!

順位カラー名
1位シャイニングホワイトパール(メーカーオプション:33,000円)
2位ブラックマイカメタリック
3位ブライトシルバーメタリック
4位レーザーブルークリスタルシャイン(メーカーオプション:33,000円)
5位ターコイズブルーマイカメタリック
6位ファイアークォーツレッドメタリック
7位ナチュラルベージュマイカメタリック
8位マスタードイエローマイカメタリック

ライズの人気のカラーを紹介

1位 シャイニングホワイトパール

 

ライズのボディカラー人気ナンバーワンは、定番のホワイト系、シャイニングホワイトパールです。

パール塗装ならではのキラキラ感のある白で、清潔感ではライズのボディカラーの中で群を抜いています。

水垢が目立つので洗車をさぼるわけにはいきませんが、手間を掛けることが苦にならない、魅力的な白です。

白黒のコントラストによりフロントグリルの造形が強調されるので、ライズのキーンルックが気に入っている人にもおススメできます。

標準色より33,000円高い有料色ですが、塗装過程でそれだけの手間が掛かっているので、決して割高ではありません。

購入時に出費がかさむので気が引けるかもしれませんが、リセールアップも期待できるので、気に入ったなら思い切って選んでしまいましょう。

2位 ブラックマイカメタリック

人気ランキングの2位には、これも定番のブラック系、ブラックマイカメタリックが入りました。

マイカ (雲母) を光輝材に使ったカラー特有の、艶っぽい輝きが魅力です。

ブラック系カラーは威圧感や高級感をアップさせる効果がありますが、ライズもこのカラーを選ぶことにより、コンパクトカーとは思えないほど上質で迫力あるクルマに見えます。

ただし洗車傷が目立ちやすい、夏場に室温が高くなるといった欠点があるので、手洗いで丁寧に洗車したり、駐車時は窓をサンシェードで覆うなどの対策が欠かせません。

リセールの面では標準色ながら査定額アップが望めるので、お買得感があります。

3位 ブライトシルバーメタリック

人気ランキングの3位は、シルバー系のブライトシルバーメタリックです。

シルバー系は定番カラーのひとつですが、どちらかと言えば地味で彩にかける色とも言えます。

しかし、ガンダムチックなフロントマスクを持つライズには金属的な輝きがマッチし、相性は悪くありません。

水垢や埃などの汚れが目立たないので、無精な人にも向いています。

リセールバリューは特に高い方ではありませんが、低いわけでもないので、その意味でも無難な色と言えるでしょう。

4位 レーザーブルークリスタルシャイン

ライズに設定されている2種類のブルー系カラーのうち、レーザーブルークリスタルシャインが、より上位の4位に入りました。

かなり濃い目のブルーで、どちらかと言えば紺色に近いイメージです。

爽やかというよりは落ち着いた感じの色ですが、艶やかさもあるので決して地味ではありません。

街中であまり見掛けない色なので、さり気なくボディカラーで自己主張したい人にピッタリです。

5位 ターコイズブルーマイカメタリック

もうひとつのブルー系カラー、ターコイズブルーマイカメタリックは5位にランクイン。

レーザーブルークリスタルシャインとは対照的に、青空のように爽やかなブルーです。

こちらの方が、一般的なブルーのイメージに近いかもしれませんね。

この色をベースにした2トーンカラーは、ライズのイメージカラーとなっています。

つまり、ライズのデザイナーがベストマッチと認定した色なので、勿論相性はバッチリです。

ライズを軽快に見せるには、この色の選択がベストでしょう。

ライズのピックアップカラー

マスタードイエローマイカメタリック

人気ランキングでは振るわなかったマスタードイエローメタリックですが、存在感の面ではこれに勝る色はありません。

ライズで一番人目を引く色ですし、街の風景を明るくするポジティブな効果もあります。

人目を引くといってもド派手な黄色ではないので、シニアが乗っても不自然には見えません。

また黄色は膨張色なので、ライズを実際よりも大きく見せる効果があります。

その意味でもライズのようなコンパクトカーにマッチした色なので、もっと注目されて良い色です。

ライズのおススメカラーを紹介

ライズで汚れが一番目立たない色はコレ!

ライズのようなSUVは、悪路を走って付着した汚れもひとつの「勲章」のようなものなので、乗用車ほど汚れを気にする必要はありません。

その意味では、ライズは洗車嫌いの人にも向いているクルマ、とも言えます。

しかし、あまり汚れが目立つようでは、さすがに乗っていて恥ずかしく感じるかもしれませんね。

洗車をしなくても、あまり汚れが目立たない色を望むなら、ナチュラルベージュマイカメタリックがベストチョイスです。

水垢や埃が目立たないという点ではブライトシルバーメタリックも該当しますが、ナチュラルベージュマイカメタリックはそれに加え、泥が付着しても目立たないのが長所です。

アウトドアレジャーの道中で悪路をガンガン走ってボディが汚れても、この色なら人目をあまり気にせずにに乗ることができます。

ライズが一番キュートに見えるカラーはこれだ!

ライズが一番キュートに見えるカラーは、スバリファイアークォーツレッドメタリックです。

ライズのようなコンパクトSUVは赤系カラーとのマッチングが良く、キュートさが際立ちます。

キュートと言っても、ファイアークォーツレッドメタリックはワインレッドに近い落ち着いた赤なので、過剰なほど可愛い雰囲気にはなりません。

そのため、男性やシニアの女性が乗っても大丈夫です。

勿論若い女性ならベストマッチなので、大いにおススメします。

ライズの逞しさを強調したいなら、このカラーを!

先ほどとは逆に、ライズの持つSUVならではの逞しさを強調したいなら、ブライトシルバーメタリック×ブラックマイカメタリックの2トーンカラーをおススメします。

メカニカルな雰囲気のブライトシルバーメタリックのボディと、精悍なブラックマイカメタリックのルーフの組わせは、男っぽく逞しいイメージです。

同時にお洒落な雰囲気もあるので、欲張りなニーズにも応えてくれます。

55,000円の有料色なので、決断には少し勇気が必要になりますが、出費に見合った満足感を与えてくれることでしょう。

ライズのカラーまとめ

一般的に白・黒・シルバーが人気定番カラー御三家になっていますが、ライズにもそれは当てはまります。

ライズにはそうした定番カラーも似合いますが、あまり人気がない、明るい色とのマッチングも良好です。

美人がどんな服でも似合うように、カッコいいライズはどんな色を選んでも、それなりに似合います。

リセールにこだわるなら定番カラーを選ぶのが無難ですが、リセールなど気にせず個性的なボディカラーを選ぶのも悪くありません。

下取り車があるならさらに新車の総額を下げる事が出来ます!

下取り車を高く売る?面倒だからあなたにあげる

新車購入で気になるのは値引きや総支払額ですが、もし下取り車があるなら、さらに支払額を下げる事が出来ます。

もちろん値引き交渉が苦手でも、簡単にできる方法なので、是非ご参考ください。

ディーラーはウソを付いている!?

新車を買うなら、取り合えずディーラーで査定してもらう人が大半でしょう。管理人も毎回そうです。

しかし、ここで注意したいのは、「ディーラーは下取り金額でウソを付いている」ケースが多い事です。

正確には、本来ある相場よりも低い下取り金額を伝えて来ます。

相場よりも低い金額で買い取れれば、新車とは別に下取り車でも大きな利益を得る事が出来ます。

なので、新車から値引きしても、下取り車の利益で補てん出来てしまうので、ディーラー的には損が無いと言う事になります。

ユーザーにとっては損しかありませんね・・・

ディーラーに騙されないためには?

以前、管理人はBMW1シリーズ(116i)を買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。その時の下取り金額は85万円です。

ただ、ディーラーが本来の相場よりも安めに言ってくる事は知っていたので、比較するために買取店にも査定を申し込みました。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の相場を教えてくれます。

電話で教えてもらった金額は、ディーラーよりも20万円も高い金額でした。

次回ディーラーに行った時に、「買取店では105万円と言われましたけど・・」と伝えて見ると、セールスさんは少々慌てて上司に確認を取りに奥へ引っ込みました。

10分ほど経って戻ってくると、「うちもギリギリの線なので103万円+リサイクル預託金でいかがですか?」と言われました。

リサイクル料の戻りも加算すると、約104.2万円になります。

その時の契約書はこちらです。

 

下取り車の契約書

もし最初の85万円で契約していたら、19万円もの損をする所でした・・・

この時した事は、買取店の査定サイトで表示された概算相場をディーラーに伝えただけです。

これだけで19万円もアップしたので、やっぱりディーラーは下取り金額を安く見積もって来たんだな、と思いましたね。

ディーラーの査定より高ければ買取店へ売る選択も

ディーラーで契約の時に、「ビーエムは買取店へ売る事になるかもしれないので、その時は下取りに入れない事を承知してもらえますか?」と伝えたら、あっさりOKしてくれました。

これで納車直前に、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらい、ディーラーより高ければ買取店へ売る事が出来ます。

もしディーラーの方が高ければ、そのままディーラーへ下取りに入れる事でセールスさんからOKをもらってます。この方法は、納車直前まで自分の車に乗っていられるのでおすすめです。

そして納車前に実際に買取店に査定してもらいました。

買取店には、「ディーラーで110万円、120万なら即決」と少し盛って伝えると、「120は相場を超えちゃってるので無理ですが・・・110ですか~・・・116万円ではいかがでしょう?」と、ディーラーよりさらに11.8万円のアップに成功です!

その時の契約書です。

買取店の契約書

一番最初の査定金額は、ディーラーの85万円だったので、実に31万円の上乗せに成功しました。

ディーラーだけでなく買取店の査定を検討して、本当に良かったと思いましたね。

この時利用した査定サイトは、車買取店大手のガリバーです。

1分足らずの入力で申し込み後、概算相場を教えてくれるので、管理人のようにディーラーの下取り金額と比較したい方、すぐに愛車の相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

【中古車のガリバー】スマホで愛車無料査定

限界まで値引きを引き出すライズの値引き交渉術

一回の交渉だけで、ライズから限界値引きを引き出す方法です。

短期間でしかも手間なく出来るので、何度もディーラーへ行く時間がない方、交渉事が苦手な方でも出来る方法です。

是非ご参考ください。