スバル フォレスターの人気カラーランキング!人気色とおすすめのカラーは?

人気カラーランキング! おすすめの人気色も紹介

スバル「フォレスター」は。SUVらしい見た目の期待を裏切らない悪路の走破性の高さだけでなく、高速走行の安定性も高く評価されています。

また、様々なシーンで活躍してくれる本格派SUVとして、特に男性からの人気が高い車です。

使い勝手の良い大きさで運転もしやすく、普段使いからレジャーシーンまでカバーする万能選手と言えるでしょう!

味のある渋いカラーが多い印象の「フォレスター」ですが、人気のあるカラーはどのようなカラーなのか早速みていきましょう!

スバル フォレスターの人気カラーランキング発表!

順位 カラー名
1位 クリスタルブラック・シリカ
2位 クリスタルホワイト・パール
3位 アイスシルバー・メタリック
4位 セピアブロンズ・メタリック
5位 ダークブルー・パール
6位 ヴェネチアンレッド・パール
7位 ダークグレー・メタリック
8位 ジャスミングリーン・メタリック

※特別仕様車「X-BREAK」では「セピアブロンズ・メタリック」は選べません
※「クリスタルホワイト・パール」と「ヴェネチアンレッド・パール」は+¥32,400の特別塗装

スバル「フォレスター」の人気のカラーを紹介

1位 クリスタルブラック・シリカ

フォレスター クリスタルブラック・シリカ

フォレスターの男らしく精悍なSUVというキャラクターとの相性が抜群で、若い男性から特に支持の高いカラーが「クリスタルブラック・シリカ」です。

はっきりとした黒がボディラインを引き締めてくれ、闇夜に浮かぶ姿は「漆黒」という言葉がぴったりな、雰囲気のある佇まいがカッコ良いカラーです。

今流行りのメッキパーツ等でカスタマイズすると、メリハリも生まれてそんなカッコ良さの中にまた違った魅力が出てきます。

汚れや傷が目立ちやすい点がネックですが、コーティングを施工するなどして対処すれば、ある程度は負担を軽減できます。

また、中古車市場でも人気が高いカラーなので、リセールバリューも他のカラーと比べると高い傾向にあるようです。

2位 クリスタルホワイト・パール

フォレスター クリスタルホワイト・パール

「クリスタルホワイト・パール」はそのカラーネームの通り、質感の良い高級感を感じるカラーとなっています。

真っ白というよりは少しクリームがかった色味で、近くで見るとパール塗装のキラキラした粒感が、より上質な印象を与えます。

太陽の下で眩しいくらいに輝く様子が魅力的なのは勿論のこと、夜にボディが街灯などに照らされ、周囲の暗さとのメリハリによってはっきりと浮かびあがる姿は、「クリスタルホワイト・パール」にしか出せない魅力と言えるでしょう。

傷や汚れが目立ちにくいので、洗車をあまりしなくてもボディが綺麗に見えるのも嬉しいポイントですね!

幅広い世代に選ばれ、乗る人を選ばないカラーということでリセールバリューも期待できそうです。

3位 アイスシルバー・メタリック

フォレスター アイスシルバー・メタリック

硬質な塊感とシャープさの感じるカラーがフォレスターのデザインにぴったりな「アイスシルバー・メタリック」は、すっきりと爽快感のある青みがかったシルバーという印象の受けるカラーです。

よくあるシルバーとはひと味違ったカラーで、さらに光の加減で見え方が変わるので、朝から晩までそれぞれの時間ごとに違った表情を見せてくれます。

特にボディのプレスラインに沿ってくっきりと陰影ができる姿は、色味と相まってとてもクールな印象を受けます。

また、青みがかったシルバーは塗装の艶感も強調してくれるので、上質感もバッチリ感じられます。

洗車が面倒で、傷や汚れが目立ちにくいから…という理由でこのカラーを選んだオーナーさんも、所有してから様々な魅力に気付いて、すっかり「アイスシルバー・メタリック」の虜になってしまうのではないでしょうか。

4位 セピアブロンズ・メタリック

フォレスター セピアブロンズ・メタリック

渋さはあるが、すっきりした雰囲気が好印象で、定番カラー以外のカラーの中でも選びやすいカラーが「セピアブロンズ・メタリック」です。

ブロンズということで、日本語でのカラーの表現が難しく「薄いこげ茶色」…という表現が妥当かどうか分かりませんが、実車を前にして他の車ではあまり見掛けないそのカラーに、一目惚れしてしまうオーナーさんも少なくないようです。

また、その色味がSUVの無骨な雰囲気にぴったりで、悪路を走り抜ける姿がとてもよく似合うカラーと言えそうです。

一方でシーンが真逆の都会にも合うゴージャスな雰囲気も持ち合わせており、シーンを選ばない万能選手な一面もあります。

ありきたりなカラーに飽きた方は是非、一度実車を見て候補に入れて見てはいかがでしょうか⁉︎

5位 ダークブルー・パール

フォレスター ダークブルー・パール

落ち着いた濃紺色の「ダークブルー・パール」は、暗い場所ではブラックに近い色味に見え、明るい場所では鮮やかなブルーが顔を覗かせる…という特徴のあるカラーです。

汚れや傷が目立つ傾向にあるので、ボディのお手入れには気を遣いますが、洗車後の景色が映り込むほど綺麗なボディを見ていると、洗練された落ち着きのある「ダークブルー」から高級感が感じられ、オーナーの優越感を満たしてくれます。

地味なイメージのあるカラーかもしれませんが、ショールームなどでこのカラーを見た人からは、「実際に見てみると綺麗なカラーだ!」とかなり好印象です。

パール塗装のキラキラ感は、これくらい濃色の方が相性が良く綺麗に見えますね!

スバル「フォレスター」のオススメカラーを紹介

新緑に映える、自然をバックに思わずシャッターを切りたくなるカラー!

フォレスターを選ぶオーナーさんは、アウトドアやドライブなどのアクティブな趣味をお持ちの方がきっと少なくないはずです。

自然の中で愛車の側でバーベキューをしたり、景色の綺麗な海沿いのドライブウェイや、新緑の山の中をドライブしたり…

そんな思い出のシーンに寄り添う愛車フォレスターのカラーでオススメしたいのが「ヴェネチアンレッド・パール」です。

フォレスター ヴェネチアンレッド・パール

このカラーは、光の当たり方によって「渋さの感じる落ち着きあるカラー」であったり、「大人のアグレッシブさを感じるカラー」であったりします。

そのどちらにも共通して「深みのある赤」というイメージがぴったり合うのですが、このなんとも言えない「深みのある赤」が自然の緑や、青い海、青い空との絶妙なコントラストを生み出してくれるのです。

自然のカラーが「ヴェネチアンレッド・パール」を引き立ててくれ、「ヴェネチアンレッド・パール」が自然のカラーを引き立ててくれ、そんな光景を目の当たりにすると思わず写真を撮りたくなるはずです♪

どちらかと言えばマイナーカラーの部類かもしれませんが、実際に見てみると特別塗装であることも納得のカラーと言えるのではないでしょうか。

家族を大切に想った車選びをしつつも、自分らしい愛車も大切にしたい…

そんな方にもオススメしたいカラーです!

黒が好きだけど、洗車に気を遣いすぎるのはもう嫌だ…という方にオススメのカラー

車は濃色系、その中でもやっぱり全体が引き締まるカッコイイ「ブラック」一択!

…と考えてらっしゃる方もいるかもしれませんが、それでも洗車の拭き上げに気を遣うのが億劫だったり、長年乗るとなると傷が気になったりしませんか?

そんな方に、是非一度検討して頂きたいカラーが、「ダークグレー・メタリック」です。

フォレスター ダークグレー・メタリック

 

このカラーは光の当たり方によっては、ほとんど「ブラック」に近い表情を魅せてくれるカラーで、メタリック塗装の上品さと合わせてとても綺麗なカラーと言えます。

暗い場所では、「ブラック」と思わず見間違えることもあるのでは?

一方で、明るい場所で見ると勿論、グレーであることは分かるのですが限りなく濃色系カラーと言うこともあり、しっかりボディ全体のラインを引き締めてくれます。

また、洗車をしてあげるとボディの面に綺麗に景色が映り込む様子は、ブラックに近い濃色系の特権と言えます!

何よりブラックほど洗車傷が目立たないのが嬉しいポイントですね。

とても魅力的なカラーなので、個人的にもオススメのカラーの1つです。

「フォレスター」の希少カラーと言えばこれ!

フォレスター ジャスミングリーン・メタリック

街中であまり見掛けないので、購入の際に検討するにしても実車での確認が難しいほど、希少なカラーが「ジャスミングリーン・メタリック」です。

シルバーにくすんだグリーンを少し混ぜたようなカラーで、お洒落で落ち着いた印象があります。

また、ミリタリーっぽい雰囲気もありアウトドア系SUVの「フォレスター」には、ぴったりなカラーと言えます。

そんなグリーンカラーである「ジャスミングリーン・メタリック」は、山や木々の中に同系色としてすっと自然に馴染み、「森」を連想させる車名にぴったりな、唯一無二のカラーと言えます。

希少なカラーですが、このカラーにビビッと来た人であれば、迷わず選んで間違いないとても素敵なカラーです!

スバル「フォレスター」のカラーまとめ

派手なカラーはありませんが、どのカラーも上質で落ち着きのあるカラーで、プライベートから仕事まで幅広く使いやすいカラーラインナップと言えます。

フォレスターのキャラクターが映える素敵なカラーばかりなので、どのカラーを選んでもきっと満足のいくカーライフとなるでしょう!

下取り車があるならさらに新車の総額を下げる事が出来ます!

下取り車を高く売る?面倒だからあなたにあげる

新車購入で気になるのは値引きや総支払額ですが、もし下取り車があるなら、さらに支払額を下げる事が出来ます。

もちろん値引き交渉が苦手でも、簡単にできる方法なので、是非ご参考ください。

ディーラーはウソを付いている!?

新車を買うなら、取り合えずディーラーで査定してもらう人が大半でしょう。管理人も毎回そうです。

しかし、ここで注意したいのは、「ディーラーは下取り金額でウソを付いている」ケースが多い事です。

正確には、本来ある相場よりも低い下取り金額を伝えて来ます。

相場よりも低い金額で買い取れれば、新車とは別に下取り車でも大きな利益を得る事が出来ます。

なので、新車から値引きしても、下取り車の利益で補てん出来てしまうので、ディーラー的には損が無いと言う事になります。

ユーザーにとっては損しかありませんね・・・

ディーラーに騙されないためには?

以前、管理人はBMW1シリーズ(116i)を買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。その時の下取り金額は85万円です。

ただ、ディーラーが本来の相場よりも安めに言ってくる事は知っていたので、比較するために買取店にも査定を申し込みました。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の相場を教えてくれます。

 

かんたん車査定ガイドの概算相場画面

そこで出た金額は、ディーラーよりも20万円も高い金額でした。

次回ディーラーに行った時に、「買取店では105万円と言われましたけど・・」と伝えて見ると、セールスさんは少々慌てて上司に確認を取りに奥へ引っ込みました。

10分ほど経って戻ってくると、「うちもギリギリの線なので103万円+リサイクル預託金でいかがですか?」と言われました。

リサイクル料の戻りも加算すると、約104.2万円になります。

その時の契約書はこちらです。

 

下取り車の契約書

もし最初の85万円で契約していたら、19万円もの損をする所でした・・・

この時した事は、買取店の査定サイトで表示された概算相場をディーラーに伝えただけです。

これだけで19万円もアップしたので、やっぱりディーラーは下取り金額を安く見積もって来たんだな、と思いましたね。

ディーラーの査定より高ければ買取店へ売る選択も

ディーラーで契約の時に、「BMは買取店へ売る事になるかもしれないので、その時は下取りに入れない事を承知してもらえますか?」と伝えたら、あっさりOKしてくれました。

これで納車直前に、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらい、ディーラーより高ければ買取店へ売る事が出来ます。

もしディーラーの方が高ければ、そのままディーラーへ下取りに入れる事でセールスさんからOKをもらってます。この方法は、納車直前まで自分の車に乗っていられるのでおすすめです。

そして納車前に実際に2店の買取店に査定してもらいました。

1店目は、ディーラーの104.2万円に対して107万円

そして2店目には、「1店目で110万円、120万なら即決」と少し盛って伝えると、「120は相場を超えちゃってるので無理ですが・・・110ですか~・・・116万円ではいかがでしょう?」と、ディーラーよりさらに11.8万円のアップに成功です!

その時の契約書です。

買取店の契約書

一番最初の査定金額は、ディーラーの85万円だったので、実に31万円の上乗せに成功しました。

ディーラーだけでなく買取店の査定を検討して、本当に良かったと思いましたね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

1分足らずの入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されるので、管理人のようにディーラーの下取り金額と比較したい方、すぐに愛車の相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

限界まで値引きを引き出すフォレスターの値引き交渉術

一回の交渉だけで、フォレスターから限界値引きを引き出す方法です。

短期間でしかも手間なく出来るので、何度もディーラーへ行く時間がない方、交渉事が苦手な方でも出来る方法です。

是非ご参考ください。