フリードの人気カラーランキング!人気色とおすすめのカラーは?

人気カラーランキング! おすすめの人気色も紹介

ホンダのコンパクトミニバン、フリードは、使い勝手の良さが持ち味です。

コンパクトながら家族みんなで楽しく、大きく、気持ちよく乗れることが評判で、高い人気をキープしています。

そんなフリードも、ボディカラーによって感じる雰囲気は違ってくるので、カラー選びは大切なポイントです。

おしゃれに乗りたいか、明るい気分で乗りたいか、プレミアムな気分で乗りたいか、人によってニーズは様々でしょう。

ここでは、フリードの人気カラーランキングを発表するとともに、様々なニーズにマッチしたおすすめのカラーを紹介していきます!

フリードの人気カラーランキング発表!

順位カラー名
1位クリスタルブラック・パール
2位プラチナホワイト・パール※
3位ルナシルバー・メタリック
4位スーパープラチナグレー・メタリック※
5位ミッドナイトブルービーム・メタリック※
6位シーグラスブルー・パール
7位シルバーミストグリーン・メタリック
8位プレミアムクリスタルレッド・メタリック※
9位プレミアムクリスタルオレンジ・メタリックⅡ※

※メーカーオプションカラーのため有料

フリードの人気のカラーを紹介

1位 クリスタルブラック・パール

今回1位を見事獲得したカラーはクリスタルブラック・パール!

艶やかなブラックで、その存在は見た者全ての注目を集めることは間違いないでしょう。

とてもおしゃれで、高級感を醸し出しています。

国産車とは思えないその高級感は、どこか外国の車を思わせる雰囲気です。

男性にも、女性にも、そして幅広い年代の方から選ばれています。

一人でカッコ良く。

家族でおしゃれに。

もちろん仕事でも十分に使える。

色んな用途に間違いなく合うカラーと言えるでしょう。

堂々の1位獲得です!

2位 プラチナホワイト・パール

2位はホワイト系でした。

1位のクリスタルブラック・パールと人気を二分したと言っても過言ではありません。

それほどこのプラチナホワイト・パールも多くの方に選ばれています。

こちらはブラックとは違い、美しい高級感を纏っています。

どこから見ても美しく輝いていて、華やかな気分にさせてくれるカラーです。

どちらかというと、女性に人気があるようですね。

ホワイト系はブラック系と違って、傷があまり目立たないので、永く乗っても、きれいに乗れるという利点もあります。

もちろん査定の評価も高く、このカラーでマイナスになることはまずないでしょう。

選んで間違いなしのカラーです。

3位 ルナシルバー・メタリック

「夜に浮かぶ月のように、陰影に中に輝きを放つシルバー」

ホンダがこう表現したくなる気持ちも分かります。

とても洗練されたシルバーで、普通のシルバーとは違うのですね。

普通のシルバーをより際立たせ、高貴に、美しく仕立て上げているのです。

「飽きずにずっと乗りたい」

「だけど地味な色は嫌だ」

そんな思いの方に選ばれているのでしょう。

決して地味ではなく、確かな存在感を持って、美しく映えるシルバー。

このカラーが人気を博しているのは十分な理由があります。

これからもきっと人気を集めるカラーと言えるでしょう。

4位 スーパープラチナグレー・メタリック

シルバー系に続き、グレー系がランクインしました。

先ほどのルナシルバー・メタリックと同系統とも言えますが、スーパープラチナグレー・メタリックの方が濃い色合いです。

ダークな雰囲気があり、ボディが引き締まって見えますね。

ダークと言ってもブラックよりは明るく、バランス感覚の良いカラーです。

あまり目立たないカラーでもあるので、派手なカラーが嫌いな方や、仕事で使うことが多い方が好んで選んでいるようですね。

5位 ミッドナイトブルービーム・メタリック

これまで落ち着いたカラーがランクインしてきましたが、ここでついに明るめのカラーがランクイン!

このミッドナイトブルービーム・メタリックは、それほど派手ではありませんが、比較的目立つカラーと言えるでしょう。

本来フリードが持っている、家庭的な雰囲気やフレンドリーさを表現できるカラーです。

実際このカラーを選ぶ方は、家族持ちのパパやママが多いようです。

子供にも女性にも好かれる、センスのいいカラーですね。

あまり派手なのは苦手だけれど、明るい気分でフリードに乗りたい、という方におすすめのカラーになります。

フリードのピックアップカラー

シーグラスブルー・パール

ここでピックアップしたいカラーは、6位にランクインした「シーグラスブルー・パール」です!

あまり派手なカラーよりも、無難なカラーが選ばれる近頃ですが、フリードには明るく爽やかなカラーこそ似つかわしい、と言えるかもしれません。

そんなカラーが、このシーグラスブルー・パールです。

フリードのイメージカラーにもなっているので、ホンダの「お墨付き」の色ということですね。

瑞々しさの中にも落ち着きがあり、フリードがとても素敵なクルマに見えます。

老若男女問わず、どなたにも好かれる色と言えるでしょう。

人気ランキングは高くありませんが、ぜひ選んで欲しいカラーですね!

フリードのおすすめカラーを紹介

選んで間違いなしのカラーは?

それはやはりホワイトかブラックか。どちらかのカラーでしょう。

今回はブラック系をおすすめさせて頂きましょう!

やはり一番は「クリスタルブラック・パール」です。

ランキングでも堂々の1位を獲得しましたが、やはりその通り、選んで間違いなしのカラーなのです。

フリードを際立たせ、カッコ良く、オシャレな車に仕立て上げます。

その素晴らしさは他の高級車にもまるで負けない圧倒的な存在感です。

永く乗っても飽きることはなく、乗れば乗るほど、そのイメージを強いものにしていくでしょう。

きっといつまでも多くの方に選ばれ続け、ランキング上位を維持し続けていくことでしょう。

リセールも高く選んで間違いは絶対になし!

素晴らしいカラーです!

アクティブな方にピッタリのカラーは?

アクティブな行動派で、フリードを旅行やレジャーにガンガン使いたい!という方におすすめのカラーが、「プレミアムクリスタルオレンジ・メタリックⅡ」です。

ランキングでは最下位となってしまいましたが、派手で目立つという点では、このカラーに勝るものはありません。

新グレードのフリードクラスターのイメージカラーになっていますが、アクティブなイメージとしてはピッタリなカラーではないでしょうか。

フリードがとても楽し気で、はつらつとしたクルマに見える色ですね。

眺めているだけで気分が高まりますし、街の風景を明るくするポジティブな効果も。

自然の中を走り回っても、周囲の緑とのコントラストで、とても見栄えがします。

子供受けも抜群なので、もしお子さんがいる場合は、この色のフリードが納車されたらきっと大喜びするでしょう。

これから人気が高まりそうなカラーは?

「シルバーミストグリーン・メタリック」です。

新色でなじみが薄いこともあり、ランキングでは7位に甘んじてしまいましたが、なかなか魅力的なカラーです。

落ち着きのある緑色で、大人っぽい雰囲気が感じられますね。

この系統の色のクルマは少ないので、派手さはないものの、街中でしっかり存在感を示してくれます。

自然の中を走れば、木々の緑と調和して、とても良い感じです。

フリードの新たな魅力を引き出してくれるカラーなので、これから人気が上がっていくと思われます。

フリードのカラーまとめ

近年、ミニバンは高級志向を強めていますが、ボディカラーも明るくポップな色よりも、重厚で高級感のある色が好まれるようです。

フリードのボディカラーランキングも、そのような傾向が見られます。

しかし、フリードは渋めのカラーだけでなく、鮮やかなカラーも設定されているなど、多様なニーズに対応しているのが特徴です。

無難なカラーや、リセールが期待できる人気カラーを選ぶのも勿論OKですが、自分の感性を信じて、人が選ばないカラーを選ぶのもいいですね。

フリードは永く乗っても飽きない車なので、カラー選びはとても大切です。

自分が満足できるだけでなく、家族みんなが納得できるカラーをぜひとも選んで頂きたいですね。

下取り車があるならさらに新車の総額を下げる事が出来ます!

下取り車を高く売る?面倒だからあなたにあげる

新車購入で気になるのは値引きや総支払額ですが、もし下取り車があるなら、さらに支払額を下げる事が出来ます。

もちろん値引き交渉が苦手でも、簡単にできる方法なので、是非ご参考ください。

ディーラーはウソを付いている!?

新車を買うなら、取り合えずディーラーで査定してもらう人が大半でしょう。管理人も毎回そうです。

しかし、ここで注意したいのは、「ディーラーは下取り金額でウソを付いている」ケースが多い事です。

正確には、本来ある相場よりも低い下取り金額を伝えて来ます。

相場よりも低い金額で買い取れれば、新車とは別に下取り車でも大きな利益を得る事が出来ます。

なので、新車から値引きしても、下取り車の利益で補てん出来てしまうので、ディーラー的には損が無いと言う事になります。

ユーザーにとっては損しかありませんね・・・

ディーラーに騙されないためには?

以前、管理人はBMW1シリーズ(116i)を買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。その時の下取り金額は85万円です。

ただ、ディーラーが本来の相場よりも安めに言ってくる事は知っていたので、比較するために買取店にも査定を申し込みました。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の相場を教えてくれます。

 

かんたん車査定ガイドの概算相場画面

そこで出た金額は、ディーラーよりも20万円も高い金額でした。

次回ディーラーに行った時に、「買取店では105万円と言われましたけど・・」と伝えて見ると、セールスさんは少々慌てて上司に確認を取りに奥へ引っ込みました。

10分ほど経って戻ってくると、「うちもギリギリの線なので103万円+リサイクル預託金でいかがですか?」と言われました。

リサイクル料の戻りも加算すると、約104.2万円になります。

その時の契約書はこちらです。

 

下取り車の契約書

もし最初の85万円で契約していたら、19万円もの損をする所でした・・・

この時した事は、買取店の査定サイトで表示された概算相場をディーラーに伝えただけです。

これだけで19万円もアップしたので、やっぱりディーラーは下取り金額を安く見積もって来たんだな、と思いましたね。

ディーラーの査定より高ければ買取店へ売る選択も

ディーラーで契約の時に、「BMは買取店へ売る事になるかもしれないので、その時は下取りに入れない事を承知してもらえますか?」と伝えたら、あっさりOKしてくれました。

これで納車直前に、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらい、ディーラーより高ければ買取店へ売る事が出来ます。

もしディーラーの方が高ければ、そのままディーラーへ下取りに入れる事でセールスさんからOKをもらってます。この方法は、納車直前まで自分の車に乗っていられるのでおすすめです。

そして納車前に実際に2店の買取店に査定してもらいました。

1店目は、ディーラーの104.2万円に対して107万円

そして2店目には、「1店目で110万円、120万なら即決」と少し盛って伝えると、「120は相場を超えちゃってるので無理ですが・・・110ですか~・・・116万円ではいかがでしょう?」と、ディーラーよりさらに11.8万円のアップに成功です!

その時の契約書です。

買取店の契約書

一番最初の査定金額は、ディーラーの85万円だったので、実に31万円の上乗せに成功しました。

ディーラーだけでなく買取店の査定を検討して、本当に良かったと思いましたね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

1分足らずの入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されるので、管理人のようにディーラーの下取り金額と比較したい方、すぐに愛車の相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

限界まで値引きを引き出すフリードの値引き交渉術

簡単に、しかも一度の商談だけで、フリードの限界値引きを引き出す方法です。また、下取り車があるなら、新車の値引き以上に総支払額を下げる購入方法も。

交渉事が苦手でも簡単に出来る方法なので、是非チェックしてみて下さい。

>>フリードの一発値引き交渉術!