エルグランドの人気カラーランキング!人気色とおすすめのカラーは?

人気カラーランキング! おすすめの人気色も紹介

初代の登場から、長きに渡ってユーザーから支持され続けている「エルグランド」は、質感や走行スペック、使い勝手や価格帯などの車に必要な様々な要素が、行き過ぎない程良いバランスが取れた車だと言えます。

Lクラスのラグジュアリーミニバンでありながら、ローフォルムでスポーティーな雰囲気もある「エルグランド」には、唯一無二の存在感がありますね。

そんな「エルグランド」の人気カラーについて詳しく見ていきたいと思います。

日産「エルグランド」の人気カラーランキング発表!

順位カラー名
1位ファントムブラック (パール) ※
2位ブリリアントホワイトパール (3コートパール) ※
3位インペリアルアンバー (パール) ※
4位メタルグレー (マルチフレックスカラー) ※
5位ブリリアントシルバー (メタリック)

※+¥54,000(税込)の特別塗装

「インペリアルアンバーパール」と「メタルグレーマルチフレックスカラー」は、Highway STARS series 専用色

日産「エルグランド」の人気のカラーを紹介

1位 ファントムブラック (パール)

ファントムブラックのエルグランド

堂々の1位となった「ファントムブラック」は、よくあるブラックとは違った少し特別感のあるカラーとなっています。

それは実車を見れば一目瞭然で、パール塗装のラメ感がかなり分かりやすくなっており、さらに緑がかったブラックカラーは特徴的で、それだけでもただならぬオーラを感じるカラーとなっています。

やはり「エルグランド」くらいの車格感でなければ、このようなカラーは似合いませんよね!

単調になりがちなブラックカラーですが、光の当たる角度によって魅せる煌びやかさは各所メッキパーツとの相性も抜群で、そんな姿にオーナーでなくても病み付きになること間違いなしです。

「ファントムブラック」の「エルグランド」ほど、彩り豊かなネオン輝く都会の夜に似合う車はないかもしれませんね!

2位 ブリリアントホワイトパール (3コートパール)

ブリリアントホワイトパールのエルグランド

3コートパールが作り出す、深くもサラリとした光沢感のある「ブリリアントホワイトパール」は、「ファントムブラック」と並んで人気の高いカラーです。

濃いカラーがカッコ良くキマるカラーであるなら、対して「ブリリアントホワイトパール」は大人のセクシーさを持ったカラーと言えます。

また、真珠のような輝きのあるホワイトは、晴れた日であればボディを直視できない程の眩しさと輝きがあり、「エルグランド」の高級感をさらに引き出してくれます。

クリーンな印象を持ち、汚れや傷が目立ちにくいということもあり、まだお子さんの小さいファミリー層から、お孫さんを乗せて旅行したい年配の方まで、幅広い層から性別問わず支持されており、カラー選びに迷っているのであればこのカラーを選んでおけば間違いはないと言えそうです!

特別塗装で割高感のあるカラーかもしれませんが、そんなことは気にならないくらい満足度の高いカラーとなっています。

3位 インペリアルアンバー (パール)

インペリアルアンバーのエルグランド

「Highway STARS series」の専用色とはなりますが、ブラウンカラーの「インペリアルアンバー」も、魅力の高いカラーとして口コミ等で話題となっています。

ブラウンカラーの持つ程よい品の良さが、ミニバンのフラッグシップとしての存在感をより一層引き立ててくれるのが、支持されるポイントのひとつでしょう!

決して派手さはないカラーですが、メッキとのコントラストがゴージャスな印象を与えてくれ、若い方であれば落ち着きのある大人の男性(女性)、年配の方であれば年齢に相応しい品格を感じさせてくれるカラーと言えます。

また、パール煌めくブラウンカラーは、琥珀をイメージしたカラーのようで、「エルグランド」という車の歴史も感じることができるのではないでしょうか。

パール塗装なので幾分かはマシですが、ブラウンは意外と近くで見ると汚れが気になる傾向にあるので、コーティング等で普段のお手入れを楽にできるようにしておきたいところですね。

4位 メタルグレー (マルチフレックスカラー)

メタルグレーのエルグランド

続いても「Highway STARS series」の専用色である「メタルグレー」は、カタログで見るよりも実車だと少し明るく(薄く)見え、ただただグレー!…と言うよりは、紫を混ぜたような独特な色のトーンをしています。

特に明るい場所では、そのような特徴が分かりやすく感じられますが、夕暮れ時や屋内などの暗い場所になると、ダークグレーの渋さが出てきます。

メッキパーツと同系色となる為、ギラついたエクステリアが苦手な方にはぴったりなカラーと言えるのではないでしょうか。

また地味で目立ちにくいカラーに思われがちですが、大きなボディの塊感が強調されるので、存在感はしっかりと示せるカラーだと言えます。

老若男女問わず、誰が乗っても違和感の出ないのも良いところですね。

5位 ブリリアントシルバー (メタリック)

ブリリアントシルバーのエルグランド

ベーシックなカラーながらも、落ち着きや上品さがうまく調和したシルバーカラーが「ブリリアントシルバー」です。

いやらしさの無いすっきりしたカラーで万人受けするので、シーンを選ばずどこにでも乗っていけるのもシルバーならではの良い点ですね。

洗車が苦手で、傷や汚れが目立ちにくいカラーが良くて、そうなるとシルバーが妥当だという考えもありますが、透き通るようなシルバーの明るさと、金属感の出るメタリックな質感が好きでこのカラーを選んだという方も少なくないようです。

また、「エルグランド」のカラーラインナップの中で唯一、特別塗装でないということもあり、その分浮いたお金を他のオプションパーツの購入に充てるという、やりくり上手な方もいらっしゃるようですね!

日産「エルグランド」のオススメカラーを紹介

中古車市場で選ばれているカラーは⁉︎

ブリリアントホワイトパールのエルグランド

「エルグランド」はカラーラインナップが少ない分、やはり定番カラーに人気が集中しているようで、「ファントムブラック」「ブリリアントホワイトパール」の2色が、中古車市場で取り扱われている数の大半を占めているようです。

それぞれのカラーに高級志向ミニバンとして凜とした存在感を示す良さがあり、子どもたちを乗せるのがメインになるファミリー層は「ブリリアントホワイトパール」、友人たちを乗せて遊びにガンガン使いたいヤング層は「ファントムブラック」を選ぶ傾向があるようですね。

ただ、「ファントムブラック」は前ユーザーが大切に扱ってきたかどうかが、如実にボディの塗装状態に出やすいので、中古車で買うなら実車をしっかり見て購入か否かの判断をしたいところですね。

また、中古車市場で人気のカラーということでリセールバリューもこの2色の場合は有利に働くと言えそうです。

スタイリッシュでひと味違ったカラーと言えばこのカラー!

インペリアルアンバーのエルグランド

スタイリッシュさが魅力のカラーといえば「インペリアルアンバー」ではないでしょうか⁉︎

個人的に「エルグランド」にとても良く似合うカラーだと思うので、1番のオススメカラーでもあります。

そして、このカラーをひと味違ったカラーとして紹介したい理由が、このようなブラウンカラーがライバル車種にあたる「アルファード」「ヴェルファイア」「オデッセイ」などにはラインナップに無いということが1番に挙げられます。

逆に言えば、「エルグランド」というワイド&ローでミニバンでありながら、でっぷりとしていないスタイリッシュなデザインだからこそ似合うカラーだと言えます。

深みがあって上品なお洒落カラーでありながら、ゴージャスな輝きも魅せるその美しい姿は「エルグランド」だけが持つことができる特権と言っても良いでしょう!

日産「エルグランド」のカラーまとめ

5つあるカラーラインナップのうち4つが特別塗装ということで、ミニバンのフラッグシップモデルに相応しい品格あるカラーが与えられている「エルグランド」ですが、色味のバリエーションが少なく、もう少し遊び心のあるカラーがあっても良いかもしれませんね。

しかしながら、全てのカラーには軟質樹脂を配合したクリア塗装が施され、擦り傷や洗車傷程度であれば、時間が経過すると元の状態に復元する「スクラッチシールド」が採用されており、これはユーザにとっては嬉しいポイントと言えるでしょう!

下取り車があるならさらに新車の総額を下げる事が出来ます!

下取り車を高く売る?面倒だからあなたにあげる

新車購入で気になるのは値引きや総支払額ですが、もし下取り車があるなら、さらに支払額を下げる事が出来ます。

もちろん値引き交渉が苦手でも、簡単にできる方法なので、是非ご参考ください。

ディーラーはウソを付いている!?

新車を買うなら、取り合えずディーラーで査定してもらう人が大半でしょう。管理人も毎回そうです。

しかし、ここで注意したいのは、「ディーラーは下取り金額でウソを付いている」ケースが多い事です。

正確には、本来ある相場よりも低い下取り金額を伝えて来ます。

相場よりも低い金額で買い取れれば、新車とは別に下取り車でも大きな利益を得る事が出来ます。

なので、新車から値引きしても、下取り車の利益で補てん出来てしまうので、ディーラー的には損が無いと言う事になります。

ユーザーにとっては損しかありませんね・・・

ディーラーに騙されないためには?

以前、管理人はBMW1シリーズ(116i)を買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。その時の下取り金額は85万円です。

ただ、ディーラーが本来の相場よりも安めに言ってくる事は知っていたので、比較するために買取店にも査定を申し込みました。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の相場を教えてくれます。

 

かんたん車査定ガイドの概算相場画面

そこで出た金額は、ディーラーよりも20万円も高い金額でした。

次回ディーラーに行った時に、「買取店では105万円と言われましたけど・・」と伝えて見ると、セールスさんは少々慌てて上司に確認を取りに奥へ引っ込みました。

10分ほど経って戻ってくると、「うちもギリギリの線なので103万円+リサイクル預託金でいかがですか?」と言われました。

リサイクル料の戻りも加算すると、約104.2万円になります。

その時の契約書はこちらです。

 

下取り車の契約書

もし最初の85万円で契約していたら、19万円もの損をする所でした・・・

この時した事は、買取店の査定サイトで表示された概算相場をディーラーに伝えただけです。

これだけで19万円もアップしたので、やっぱりディーラーは下取り金額を安く見積もって来たんだな、と思いましたね。

ディーラーの査定より高ければ買取店へ売る選択も

ディーラーで契約の時に、「BMは買取店へ売る事になるかもしれないので、その時は下取りに入れない事を承知してもらえますか?」と伝えたら、あっさりOKしてくれました。

これで納車直前に、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらい、ディーラーより高ければ買取店へ売る事が出来ます。

もしディーラーの方が高ければ、そのままディーラーへ下取りに入れる事でセールスさんからOKをもらってます。この方法は、納車直前まで自分の車に乗っていられるのでおすすめです。

そして納車前に実際に2店の買取店に査定してもらいました。

1店目は、ディーラーの104.2万円に対して107万円

そして2店目には、「1店目で110万円、120万なら即決」と少し盛って伝えると、「120は相場を超えちゃってるので無理ですが・・・110ですか~・・・116万円ではいかがでしょう?」と、ディーラーよりさらに11.8万円のアップに成功です!

その時の契約書です。

買取店の契約書

一番最初の査定金額は、ディーラーの85万円だったので、実に31万円の上乗せに成功しました。

ディーラーだけでなく買取店の査定を検討して、本当に良かったと思いましたね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

1分足らずの入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されるので、管理人のようにディーラーの下取り金額と比較したい方、すぐに愛車の相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

限界まで値引きを引き出すエルグランドの値引き交渉術

一度の交渉のみで、エルグランドの限界値引きを引き出す方法です。少ない労力で大きい効果が得られるので、是非試してみて下さい。

>>エルグランドの一発値引き交渉はこちら