NONEの新車が高ければ中古車や新古車を検討してみよう!

NONEの新車が高ければ中古車や新車も検討しよう!

NONEの新車が欲しいけど予算的に厳しいなら、中古車を選択肢に入れるとNONEが購入対象に入ってきます。中古車は年式が古いほど、走行距離が多いほど中古車価格は下がって行きます。

また、人気の無いボディカラーや修復歴がある車両なら、NONEの中古車相場よりも割安に購入する事が出来ます。

特に修復歴車は相場の10%以上は安くなるので、修復状態を聞いて納得できれば修復歴ありのNONEを購入しても良いと思います。

修復歴の場所ですが、後方を少し修復したレベルなら走行には問題ないでしょう

反対にフロント側で大きな修復であれば、ハンドルや足回り、エンジン等に影響が残る恐れがあるので、走行に支障をきたす可能性があります。フロント側の大きな修復であれば敬遠した方がいいかもしれません。

また修復歴ありのNONEは、買う時は安いですが売る時もその分安くなります。修復歴あり車を安く買って乗り潰す位長く乗る予定なら、修復歴ありのNONEはお勧めできます。

数年後に売る予定があるなら、売却金額が安くなるリスクを承知しておきましょう。

NONEの新古車なら新車同様に乗れる

NONEに限った事ではありませんが、軽自動車は登録しただけの新古車が多く中古車市場に出回っています。

これはディーラーがメーカーから割り当てられた台数を消化できずに(販売出来ずに)ノルマとして売れ残った車両です。登録しないと成果にならないので、ディーラーが自社で登録して中古車(新古車)として販売します。

台数が多くて自社の中古車部門で捌ききれなければ、中古車オークションに流して色々な中古車販売店でNONEの新古車が販売される事になります。

こう言ったNONEの新古車なら、新車を買うよりも割安で買えることが多いので、新車とほぼ同等のNONEを安く買う事が出来るでしょう。

NONEの新古車を新車の値引き交渉の材料にする

中古車販売店でNONEの新古車の見積もりを取れば、諸費用を含めた総支払額が分かります。
その新古車の見積もりを新車ディーラーに見せて、値引き交渉する事が出来ます。

「中古車・新古車でNONEを考えていたけど、もし安くなるなら新車も検討したい」とやると効果的でしょう。

注意したいのは、新古車でも新車と変わらない位のプライスを付けている所があるので、新車の見積もりとよく比較して、新車よりも割安な見積もりを新車ディーラーに見せるようにしましょう。

まあ見積もりを見せなくても、口頭で新古車の金額を伝えるだけでも効果はありますけどね。

 

アイちゃん
アイちゃん

中古車かあ~でも中古ってなんか不安じゃない?

買っても壊れるんじゃないかとか、事故車じゃないのかとか

タンバ君
タンバ君

確かに不安はあるけど、購入する販売店がしっかりしていれば、そこで買える中古車は信用できるよ!

アイちゃん
アイちゃん

ホント?

タンバ君
タンバ君

うん!中古車の良し悪しは中々素人では判断できないからね。専門家に頼むのもアリだよ。

もちろん、自分で好きなクルマを探す楽しみもあるけどね。

 

アイちゃん
アイちゃん

じゃあ、詳しい人は自分で探して、不安な人は探してもらえばいいんだ?

タンバ君
タンバ君

そういう事!

ガリバーのクルマコネクトで非公開車両から中古車を探してもらう

RINちゃん
RINちゃん

クルマコネクトなら、中古車の専門家が完全無料で好みの中古車を探してくれるよ!

「NONEの新古車が欲しい」

「運転しやすい車がいいな」

「荷物も積める車がいい」

など、何でもいいのでこちらの希望条件を伝えれば、それに合った中古車を探してくれるサービスです。

また、良質な中古車・割安な中古車など、すぐに買い手が付きそうなお得な中古車を、市場に出回る前に非公開車両として優先的に紹介してくれます。

申し込みは電話不要で、チャットのみでやり取り出来るので、空いた時間に好きなタイミングで希望条件を伝えたり、提案を確認する事が出来ます。

>>ガリバーのクルマコネクトはこちら

NONEの中古車をグーネットで検索

中古車情報誌のWEB版、グーネットです。車種、年式、価格、地域、色など、詳細に条件を絞って中古車を検索できます。

在庫確認など車両に関する質問、総額の見積もりなどがメールで依頼出来ます。

また、希望の車種や年式などを登録しておけば、検索条件に合う新着物件をサイト上に情報が出回る前にいち早くメールで教えてくれます。

販売店にこちらのメールアドレスは伝わりません。

下取り車があるならさらに新車の総額を下げる事が出来ます!

下取り車を高く売る?面倒だからあなたにあげる

新車購入で気になるのは値引きや総支払額ですが、もし下取り車があるなら、さらに支払額を下げる事が出来ます。

もちろん値引き交渉が苦手でも、簡単にできる方法なので、是非ご参考ください。

ディーラーはウソを付いている!?

新車を買うなら、取り合えずディーラーで査定してもらう人が大半でしょう。管理人も毎回そうです。

しかし、ここで注意したいのは、「ディーラーは下取り金額でウソを付いている」ケースが多い事です。

正確には、本来ある相場よりも低い下取り金額を伝えて来ます。

相場よりも低い金額で買い取れれば、新車とは別に下取り車でも大きな利益を得る事が出来ます。

なので、新車から値引きしても、下取り車の利益で補てん出来てしまうので、ディーラー的には損が無いと言う事になります。

ユーザーにとっては損しかありませんね・・・

ディーラーに騙されないためには?

以前、管理人はBMW1シリーズ(116i)を買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。その時の下取り金額は85万円です。

ただ、ディーラーが本来の相場よりも安めに言ってくる事は知っていたので、比較するために買取店にも査定を申し込みました。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の相場を教えてくれます。

 

かんたん車査定ガイドの概算相場画面

そこで出た金額は、ディーラーよりも20万円も高い金額でした。

次回ディーラーに行った時に、「買取店では105万円と言われましたけど・・」と伝えて見ると、セールスさんは少々慌てて上司に確認を取りに奥へ引っ込みました。

10分ほど経って戻ってくると、「うちもギリギリの線なので103万円+リサイクル預託金でいかがですか?」と言われました。

リサイクル料の戻りも加算すると、約104.2万円になります。

その時の契約書はこちらです。

 

下取り車の契約書

もし最初の85万円で契約していたら、19万円もの損をする所でした・・・

この時した事は、買取店の査定サイトで表示された概算相場をディーラーに伝えただけです。

これだけで19万円もアップしたので、やっぱりディーラーは下取り金額を安く見積もって来たんだな、と思いましたね。

ディーラーの査定より高ければ買取店へ売る選択も

ディーラーで契約の時に、「BMは買取店へ売る事になるかもしれないので、その時は下取りに入れない事を承知してもらえますか?」と伝えたら、あっさりOKしてくれました。

これで納車直前に、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらい、ディーラーより高ければ買取店へ売る事が出来ます。

もしディーラーの方が高ければ、そのままディーラーへ下取りに入れる事でセールスさんからOKをもらってます。この方法は、納車直前まで自分の車に乗っていられるのでおすすめです。

そして納車前に実際に2店の買取店に査定してもらいました。

1店目は、ディーラーの104.2万円に対して107万円

そして2店目には、「1店目で110万円、120万なら即決」と少し盛って伝えると、「120は相場を超えちゃってるので無理ですが・・・110ですか~・・・116万円ではいかがでしょう?」と、ディーラーよりさらに11.8万円のアップに成功です!

その時の契約書です。

買取店の契約書

一番最初の査定金額は、ディーラーの85万円だったので、実に31万円の上乗せに成功しました。

ディーラーだけでなく買取店の査定を検討して、本当に良かったと思いましたね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

1分足らずの入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されるので、管理人のようにディーラーの下取り金額と比較したい方、すぐに愛車の相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。