NBOX/カスタムの試乗レポート!走りと走行性能は?

NBOX/カスタムの試乗レポート!CX-5の魅力とは?

2011年に発売されて以来、軽自動車全体の販売台数で常に首位を争うN-BOXは、現在でもライバルを寄せ付けない人気を保っています。

その人気の要因は卓越したパッケージングによるところが大きいのですが、優れた走行性能も人気になっているのです。ここではその走行性能にスポットをあててみましょう。

N-BOX試乗の前にエクステリアデザインをチェックしよう

2015年11月に改良された最新モデルの外観上の変化は少ないのですが、フロントグリルにメッキのバーが入って、さりげなくオシャレになっています。

N-BOX標準モデル

N-BOX標準モデル
※NBOX 出典honda.co.jp

軽規格ギリギリまで利用する軽トールワゴンの中でも、N-BOXはその空間を最大限に利用したデザインで、四隅にタイヤを配し、エンジンルームを可能な限り小さくした結果、名前の通りにボックス形状になっています。

無骨なまでの箱柄デザインですが、軽自動車サイズだとカワイらしささえ感じられ、女性にも人気があるのもわかります。

N-BOXカスタム

N-BOXカスタム
※NBOX 出典honda.co.jp

カスタムのメッキ加飾を多様した迫力あるフロントグリルは、軽トールワゴンの類似グレードの中でもずば抜けており、少々やりすぎの感があり、好き嫌いがあるようですが、これが四角いボディに妙にマッチしてシリーズ全体の人気を牽引しているのです。

N-BOXの走りは?走行性能をチェック!

背が高く、軽自動車の中で最も重量のある「N- BOX」の走りはどうだろうか。

軽快さでは軽量ボディのスズキスペーシアに劣るものの、非常に高いボディ剛性によって、アクセル&ブレーキペダル、ステアリング等のしっかり感が実感させられるのがN-BOXの走りにとって大きな安心感につながっています。

車の重量は軽くした方がメリットが大きいのは良く言われている事ですが、ヨーイドンの競争でもしない限りは、軽トールワゴンの重量は軽ければいいというものではないと実感させてくれます。

ノンターボ(NA)車

エンジン性能はノンターボでも十分な印象。

もしも急坂路などで不足に感じたら、インパネの緑のECONボタンを一時的にオフするという小技もありますが、乗り味はゆったり感重視の設定ながら、ステアリングフィールはしっかりしており、とくに不安感はないでしょう。

もっとも、 アクセルを強く踏み込むような走行シーンでは、回転音の高まりに対しトルクや加速が付いてこない印象もありますが、ターボ車でなくても、N-BOXのパワーは軽自動車でもっとも高く、日常的に街中で乗るのであるならこれでも十分な性能です。

他社の軽トールワゴンではこれ以下なのですから。

最高出力 43kw(58ps)/7,800rpm
最大トルク 65N・m(6.6kgf・m)4,700/rpm

ターボ車

ターボ車
※NBOX 出典honda.co.jp

ターボモデルの走りはやはり頼もしく、軽自動車であることを忘れるほどです。

加速の伸び感や静粛性などは、高速道路でもストレスはなく、快適にドライブすることが可能です。

最高出力こそ自主規制のため、ノンターボ車からさほどアップしていませんが、最大トルクのアップ率は大きく、1.0L車並みと思うと想像がつきやすいでしょう。

本革巻ステアリングホイールにはシフト操作が可能なパドルを備え、キレ味のいい最適なパワーを気軽に引き出して走れます。

また、標準タイプ、カスタムともに、ターボ車にはクルーズコントロールも装備され、快適な走行も味わう事が出来ます。

最高出力 47kw(64ps)/6,000rpm
最大トルク 104N・m(10.6kgf・m)2,600/rpm

4WD車

今では装着が義務付けられている、横滑り防止装置(VSA)を、軽自動車としていち早く全車標準装備とするなど、圧雪などの厳しい路面状況で、FF車であっても安心して運転できるように配慮してきました。

そのことも発売後5年が経過した現在でも売れ続ける要因というるでしょう。

FF車でも安心なのですから、4WDモデルの安定感は、重心高の高いN-BOXでも感心させられることでしょう。

N-BOX のリアルタイム4WDモデルは終始安定して走行出来て、後輪のスリップを検知すると瞬時に4WDに切り替わり、的確にリアに駆動力を伝えて押し出してくれ、FFモデルよりもスリップする感覚が圧倒的に小さく、VSAの作動もめったにないぐらいです。

N-BOX試乗レポート、まとめ

N-BOX試乗レポート
※NBOX 出典honda.co.jp

N-BOX 1,198,000円~(4WD1,328,000円~)
N-BOXカスタム 1,480,000円~(4WD1,610,000円~)
N-BOX ターボ 1,470,000円~(4WD1,600,000円~)
N-BOXカスタムターボ 1,670,000円~(4WD1,800,000円~)

日常の足として割り切るのならノンターボで十分ですが、走りの質の高さを優先させるなら、やはりターボを選んでおいたほうがいいということになります。

しかし、一度ターボモデルを試乗すると、ノンターボにすることは難しい、そのくらいの差があるのも事実です。

さらに4WDとなると車両価格は際限なく上がってしまい、軽自動車を選択する意味がなくなってしまいかねませんが、どれかを我慢するとするなら、降雪地域にお住まいでなければFFで十分安心して走れますので、ターボを選択した方が良さそうです。

もし、他の軽自動車からの乗り換えを考えているならば、ターボさえも我慢しても、走行性能に不満はないと思います。

カスタムに付いてはお好み次第でということになります。

下取り車があるならさらに新車の総額を下げる事が出来ます!

下取り車を高く売る?面倒だからあなたにあげる

新車購入で気になるのは値引きや総支払額ですが、もし下取り車があるなら、さらに支払額を下げる事が出来ます。

もちろん値引き交渉が苦手でも、簡単にできる方法なので、是非ご参考ください。

ディーラーはウソを付いている!?

新車を買うなら、取り合えずディーラーで査定してもらう人が大半でしょう。管理人も毎回そうです。

しかし、ここで注意したいのは、「ディーラーは下取り金額でウソを付いている」ケースが多い事です。

正確には、本来ある相場よりも低い下取り金額を伝えて来ます。

相場よりも低い金額で買い取れれば、新車とは別に下取り車でも大きな利益を得る事が出来ます。

なので、新車から値引きしても、下取り車の利益で補てん出来てしまうので、ディーラー的には損が無いと言う事になります。

ユーザーにとっては損しかありませんね・・・

ディーラーに騙されないためには?

以前、管理人はBMW1シリーズ(116i)を買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。その時の下取り金額は85万円です。

ただ、ディーラーが本来の相場よりも安めに言ってくる事は知っていたので、比較するために買取店にも査定を申し込みました。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の相場を教えてくれます。

 

かんたん車査定ガイドの概算相場画面

そこで出た金額は、ディーラーよりも20万円も高い金額でした。

次回ディーラーに行った時に、「買取店では105万円と言われましたけど・・」と伝えて見ると、セールスさんは少々慌てて上司に確認を取りに奥へ引っ込みました。

10分ほど経って戻ってくると、「うちもギリギリの線なので103万円+リサイクル預託金でいかがですか?」と言われました。

リサイクル料の戻りも加算すると、約104.2万円になります。

その時の契約書はこちらです。

 

下取り車の契約書

もし最初の85万円で契約していたら、19万円もの損をする所でした・・・

この時した事は、買取店の査定サイトで表示された概算相場をディーラーに伝えただけです。

これだけで19万円もアップしたので、やっぱりディーラーは下取り金額を安く見積もって来たんだな、と思いましたね。

ディーラーの査定より高ければ買取店へ売る選択も

ディーラーで契約の時に、「BMは買取店へ売る事になるかもしれないので、その時は下取りに入れない事を承知してもらえますか?」と伝えたら、あっさりOKしてくれました。

これで納車直前に、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらい、ディーラーより高ければ買取店へ売る事が出来ます。

もしディーラーの方が高ければ、そのままディーラーへ下取りに入れる事でセールスさんからOKをもらってます。この方法は、納車直前まで自分の車に乗っていられるのでおすすめです。

そして納車前に実際に2店の買取店に査定してもらいました。

1店目は、ディーラーの104.2万円に対して107万円

そして2店目には、「1店目で110万円、120万なら即決」と少し盛って伝えると、「120は相場を超えちゃってるので無理ですが・・・110ですか~・・・116万円ではいかがでしょう?」と、ディーラーよりさらに11.8万円のアップに成功です!

その時の契約書です。

買取店の契約書

一番最初の査定金額は、ディーラーの85万円だったので、実に31万円の上乗せに成功しました。

ディーラーだけでなく買取店の査定を検討して、本当に良かったと思いましたね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

1分足らずの入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されるので、管理人のようにディーラーの下取り金額と比較したい方、すぐに愛車の相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

限界まで値引きを引き出すNBOXの値引き交渉術

一回の交渉だけで、NBOXから限界値引きを引き出す方法です。

短期間でしかも手間なく出来るので、何度もディーラーへ行く時間がない方、交渉事が苦手な方でも出来る方法です。

是非ご参考ください。