新型トヨタ ハリアーの人気カラーランキング!人気色とおすすめのカラーは?

人気カラーランキング! おすすめの人気色も紹介

都会派高級SUVの元祖「トヨタ・ハリアー」は、7年ぶりのモデルチェンジにより一層スタイリッシュに生まれ変わりました。

ボディカラーのラインナップも変更されましたが、先代同様に落ち着いたカラーがメインです。

ここでは新型ハリアーの人気カラーランキングを発表すると同時に、人気色とおすすめのカラーを紹介します。

トヨタ「ハリアー」の人気カラーランキング発表!

順位カラー名
1位ブラック
2位ホワイトパールクリスタルシャイン※2
3位ダークブルーマイカ
4位ストレートグレーメタリック
5位プレシャスブラックパール※1
6位スティールブロンドメタリック※3
7位センシュアルレッドマイカ※2

※1「+¥55,000」のメーカーオプションカラー
※2「+¥38,500」のメーカーオプションカラー
※3「+¥5,500」のメーカーオプションカラー

トヨタ「ハリアー」の人気のカラーを紹介

1位 ブラック

先代ハリアーでも人気が高かったソリッド塗装のブラックが、新型ハリアーでも1位にランキングされました!

5位のプレシャスブラックパールが55,000円の有料オプションなのに対し、こちらは無料で選べるのが嬉しいところ。

輝き・艶ではコストの掛かったプレシャスブラックパールには及ばないものの、ハリアーをより精悍に見せる色彩効果に違いはありません。

プラスアルファの出費なしに、ハリアーを一段とかっこよく演出できる!

そこがこのブラックが人気ナンバーワンになった理由でしょう。

ただ傷が目立ちやすいので、洗車は優しく手洗い洗車するのが基本。

また運転に際しても、路肩に寄せる時に木の枝などに擦らないよう注意が必要です。

そうしたデメリットを差し引いても、ハリアーにジャストフィットするカラーのひとつと言えるでしょう。

2位 ホワイトパールクリスタルシャイン

ハリアー人気カラー

toyota.co.jp/harrier

トヨタ車のカラーの中で1、2を争う人気カラーが、ホワイトパールクリスタルシャイン。

パール塗装ならではの輝きが美しい、高級感あふれる白です。

新型ハリアーのクーペフォルムにもよく似合い、とてもエレガントに見えます。

夜景に溶け込んでしまうブラック系に対し、ホワイト系は夜でも照明に映え、見栄えがする点も魅力ですね。

また、擦り傷・洗車傷があまり目立たないので、日常的にそれほど気を使わずに済むのもメリット。

有料色ですが、魅力あるカラーでリセールバリューも高いので、38,500円の出費を惜しまず選んで欲しいですね。

3位 ダークブルーマイカ

ハリアー人気カラー

toyota.co.jp/harrier

ダークブルーマイカは、文字通りの暗い青系カラー。

ハリアーの上質感あふれる佇まいに明るい青は似合わないので、ダーク系の青を設定したのは、さすが分かってますね。

ダーク系とはいえブラックよりは色彩感があり、マイカ塗装ならではの艶やかさもあります。

ハリアーのエクステリアデザインの美しさを際立たせるカラーであることは、間違いありません。

それなのに、追加料金なしで選べるのは嬉しいですね。

ブラックの車ばかり乗り次いできて、今度はちょっと気分を変えたい、という場合にもベストマッチするカラーです。

4位 ストレートグレーメタリック

ハリアー人気カラー

toyota.co.jp/harrier

ストレートグレーメタリックは、先代のシルバーメタリックに代わって設定された新色です。

同系統のカラーですが、こちらの方が色合いがずっと濃く、シックな雰囲気になっています。

ハリアーがものすごく魅力的に見える色、というわけではありませんが、インパクトが薄い分、見飽きることもありません。

無難であることはメリットでもあることが実感できるカラー、それがストレートグレーメタリックです。

傷や汚れ、色あせなどが目立ちにくいので、屋根のない駐車場にも気軽に止めておけることもメリットになります。

特に色に対するこだわりがないなら、候補にあげる価値がありますよ!

5位 プレシャスブラックパール

ハリアー人気カラー

toyota.co.jp/harrier

プレシャスブラックパールは、とても手間の掛った4層塗装が施されています。

その分、ハリアーのボディカラーの中でもっとも高い55,000円の追加料金が必要です。

しかし実物を見れば、その美しい仕上がりに感心し、価格の高さにも納得してしまうはず。

ソリッドのブラックでは得られない輝きを持ち、ハリアーがこの上なく魅力的に見えます。

また、ソリッドのブラックよりも傷に強く、それほど神経質にならずに使い倒せるのも魅力です。

55,000円の出費は決断力が必要ですが、決断する価値は十分あるでしょう。

ハリアーのピックアップカラー

スティールブロンドメタリック

ハリアー人気カラー

toyota.co.jp/harrier

スティールブロンドメタリックは、先代ハリアーには同系統の設定がなかった全くの新色。

ブロンズ系ともベージュ系とも一味違う、ユニークな色合いです。

決して鮮やかなカラーではありませんが、ダークというわけでもなく、程よい明るさを持っています。

人気ランキングは低いものの、ハリアーから上品な味わいを引き出す、なかなか侮れないカラーです。

同じような色を街で見かけることはまずないので、人と被るのがイヤという人にもおすすめできます。

有料色ですが、僅か5,500円の追加で済むので気軽に選んで欲しいですね。

ハリアーのおすすめカラーを紹介

リセールを重視したいの人にオススメのカラーは?

ハリアー人気カラー

toyota.co.jp/harrier

割と飽きっぽい人や新しい物好きの人は、ハリアーを買っても短期間で乗り換えよう、と思っているかもしれません。

そうした人は、買い替え時の損失を少しでも減らすため、自分の好きな色を選ぶよりも、とにかくリセールバリューの高い色を選ぶことをおすすめします。

ハリアーでリセールの高い色は、定番のホワイトパールクリスタルシャインです。

38,500円の追加料金が必要ですが、他のカラーより10万円以上高い査定額が期待できるので、選んで損はありません。

ブラックもリセールが高い色ですが、洗車傷などがたくさん付いてしまうと査定に響くのが難点。

その意味では、やはり傷が目立ちにくいホワイトパールクリスタルシャインの方が間違いないですね。

とにかく目立ちたいなら、このカラーを!

ハリアー人気カラー

toyota.co.jp/harrie

とにかく目立つのが大好き!人から注目を浴びるのが快感!という人におすすめのカラーが、センシュアルレッドマイカ。

派手さを抑えた落ち着いた赤ですが、ハリアーの中ではもっとも鮮やかなカラーです。

ただでさえインパクトのあるハリアーのスタイリングが、このセンシュアルレッドマイカを選ぶことで、一層見栄えのするものになります。

当然、他のドライバーや道行く人からの注目度も高くなるでしょう。

赤いハリアーに乗っている人は少ないので、希少性という点でもメリットがあります。

見られる快感への投資と考えれば、38,500円の追加料金など惜しいとは感じないはず!

洗車嫌いな人におすすめのカラーはこれ!

ハリアー人気カラー

toyota.co.jp/harrier

洗車は面倒なのでなるべくしたくない!という人も結構多いでしょうね。

ハリアーはボディが大きいので自分で洗車すると時間がかかりますし、ガソリンスタンドで洗車してもらうにも貴重な時間がつぶれるわけですから、気持ちは分かります!

そんな人におすすめのカラーは、ストレートグレーメタリックです。

埃や水垢などが、他のどのカラーよりも目立たないので、少しぐらい洗車をサボっても汚らしい外観になりません。

汚れが目立つとハリアーは上質感が台無しになってしまうので、洗車しなくても上質感が保たれるのは大きなメリットです。

トヨタ「ハリアー」のカラーまとめ

ハリアーはボディカラーによって落ち着いたクルマに見えたり、スポーティなクルマに見えたりします。

どのカラーを選んでもカッコいいことに変わりありませんが、雰囲気はかなり違って見えるので、じっくり慎重に選びたいものです。

この記事を参考にしながら、ぜひ後悔のないボディカラーを選んでくださいね!

下取り車があるならさらに新車の総額を下げる事が出来ます!

下取り車を高く売る?面倒だからあなたにあげる

新車購入で気になるのは値引きや総支払額ですが、もし下取り車があるなら、さらに支払額を下げる事が出来ます。

もちろん値引き交渉が苦手でも、簡単にできる方法なので、是非ご参考ください。

ディーラーはウソを付いている!?

新車を買うなら、取り合えずディーラーで査定してもらう人が大半でしょう。管理人も毎回そうです。

しかし、ここで注意したいのは、「ディーラーは下取り金額でウソを付いている」ケースが多い事です。

正確には、本来ある相場よりも低い下取り金額を伝えて来ます。

相場よりも低い金額で買い取れれば、新車とは別に下取り車でも大きな利益を得る事が出来ます。

なので、新車から値引きしても、下取り車の利益で補てん出来てしまうので、ディーラー的には損が無いと言う事になります。

ユーザーにとっては損しかありませんね・・・

ディーラーに騙されないためには?

以前、管理人はBMW1シリーズ(116i)を買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。その時の下取り金額は85万円です。

ただ、ディーラーが本来の相場よりも安めに言ってくる事は知っていたので、比較するために買取店にも査定を申し込みました。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の相場を教えてくれます。

 

車査定の概算相場画面

そこで出た金額は、ディーラーよりも20万円も高い金額でした。

次回ディーラーに行った時に、「買取店では105万円と言われましたけど・・」と伝えて見ると、セールスさんは少々慌てて上司に確認を取りに奥へ引っ込みました。

10分ほど経って戻ってくると、「うちもギリギリの線なので103万円+リサイクル預託金でいかがですか?」と言われました。

リサイクル料の戻りも加算すると、約104.2万円になります。

その時の契約書はこちらです。

 

下取り車の契約書

もし最初の85万円で契約していたら、19万円もの損をする所でした・・・

この時した事は、買取店の査定サイトで表示された概算相場をディーラーに伝えただけです。

これだけで19万円もアップしたので、やっぱりディーラーは下取り金額を安く見積もって来たんだな、と思いましたね。

ディーラーの査定より高ければ買取店へ売る選択も

ディーラーで契約の時に、「BMは買取店へ売る事になるかもしれないので、その時は下取りに入れない事を承知してもらえますか?」と伝えたら、あっさりOKしてくれました。

これで納車直前に、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらい、ディーラーより高ければ買取店へ売る事が出来ます。

もしディーラーの方が高ければ、そのままディーラーへ下取りに入れる事でセールスさんからOKをもらってます。この方法は、納車直前まで自分の車に乗っていられるのでおすすめです。

そして納車前に実際に2店の買取店に査定してもらいました。

1店目は、ディーラーの104.2万円に対して107万円

そして2店目には、「1店目で110万円、120万なら即決」と少し盛って伝えると、「120は相場を超えちゃってるので無理ですが・・・110ですか~・・・116万円ではいかがでしょう?」と、ディーラーよりさらに11.8万円のアップに成功です!

その時の契約書です。

買取店の契約書

一番最初の査定金額は、ディーラーの85万円だったので、実に31万円の上乗せに成功しました。

ディーラーだけでなく買取店の査定を検討して、本当に良かったと思いましたね。

この時利用した査定サイトは、ズバット車買取比較です。

1分足らずの入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されるので、管理人のようにディーラーの下取り金額と比較したい方、すぐに愛車の相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

限界まで値引きを引き出すハリアーの値引き交渉術

一回の交渉だけで、ハリアーから限界値引きを引き出す方法です。

短期間でしかも手間なく出来るので、何度もディーラーへ行く時間がない方、交渉事が苦手な方でも出来る方法です。

是非ご参考ください。