トヨタ ハリアーの人気カラーランキング!人気色とおすすめのカラーは?

人気カラーランキング! おすすめの人気色も紹介

トヨタ「ハリアー」と言えば、都会派SUVとしてのジャンルを切り拓いた先駆者的な存在で、その洗練されたデザインから若い男性や女性を中心に人気の高い車です。

ボディカラーで派手さを演出するようなカラーはなく、どちらかと言うと落ち着いたカラーを中心にラインナップされている「ハリアー」ですが、それぞれのカラーにはどんな魅力があり、支持されているのでしょうか。

まずはそんな「ハリアー」の人気カラーランキングを紹介しましょう!

トヨタ「ハリアー」の人気カラーランキング発表!

順位カラー名
1位ブラック
2位ホワイトパールクリスタルシャイン※
3位スパークリングブラックパールクリスタルシャイン※
4位シルバーメタリック
5位ダークレッドマイカメタリック
6位ダークブルーマイカメタリック

※「+¥32,400」のメーカーオプションカラー

トヨタ「ハリアー」の人気のカラーを紹介

1位 ブラック

ハリアー ブラック

「都会派SUVにぴったりなのは、やはり、トヨタの高級車では定番カラーである漆黒のソリッドカラー『ブラック』の一択!」

…というように、迷わずこのカラーに決めたという方が多く、人気カラーとしても堂々の1位となりました。

スタイリッシュで洗練されたデザインがより引き締められるカラーなので

「とにかくカッコ良い!」

…と女性からの評判も良く、また若い人がハリアーに憧れるキッカケになるカラーとも言えます。

線キズなどが目立ちやすく気を遣うカラーではありますが、それ以上に所有感を満たしてくれる圧倒的な存在感が、どんな人にも支持されるカラーであること間違いなしです!

2位 ホワイトパールクリスタルシャイン

ハリアー ホワイトパールクリスタルシャイン

車のボディーカラーを選ぶ際に、ブラックもしくはホワイトで迷われる方が多いとは思いますが、ハリアーの場合も例外ではありません。

上品な高級感漂う「ホワイトパールクリスタルシャイン」は、老若男女問わず選ばれるカラーとして人気の高いカラーとなっています。

パールと言う言葉がぴったりな透き通るような美しいホワイトカラーと、一目でハリアーと分かるフロントフェイス・スタイリッシュなテールデザインとの相性も良く、どんなシーンにも馴染むカラーと言えるでしょう。

ダーク系カラーの多いハリアーの中で、傷や汚れが目立ちにくいということもあり、選びやすくて綺麗に維持しやすいカラーでもあります。

夜、灯りに照らされた時に魅せる艶やかな高級感は堪りません!

3位 スパークリングブラックパールクリスタルシャイン

ハリアー スパークリングブラックパールクリスタルシャイン

スタイリッシュさに、オシャレさをプラスしたカラーが「スパークリングブラックパールクリスタルシャイン」です。

「ブラックパール」というカラーネームになっていますが、少し紫がかったカラーである点が特徴です。

「ブラック」を乗り継いで来て、そろそろ愛車のボディカラーに変化を求める方や、手入れが少しでも楽になれば…と考えている人が、候補に入れることの多いカラーとも言えます。

実際に、明るいところでは上品でオシャレな紫がかったブラックカラー、暗い所では艶のあるブラックっぽく見え、その時々で雰囲気の変化を楽しめるカラーでもあります。

手入れの点では、「ブラック」ほどではないですが、パールカラーである分多少の手入れのしやすさ等はあります。ただダーク系カラーだけあって、気を遣うことに変わりはないでしょう。

しかし、ダーク系カラーが好きなのであれば選んで後悔しない、オーナーの満足度の高いカラーでもあるので、是非候補に入れて欲しいカラーと言えます!

4位 シルバーメタリック

ハリアー シルバーメタリック

車種を問わず選ばれる「シルバーメタリック」がハリアーでは人気4位となりました。

・手入れがしやすい
・傷が目立ちにくいのが良い
・洗車をあまりしないから汚れが目立ちにくいのが良い
・ガンガン車を使い倒したい
・特にボディカラーにこだわりはない

…そんな方には、このカラーがぴったりかと思います。

しかし、一見無難に見えるカラーかもしれませんが、メタリックカラーということで高級感のあるハリアーとの相性が良く、スマートな印象で落ち着いた大人の雰囲気をうまく表現してくれます。

上位3位までのカラーが圧倒的に多いこともあり、定番カラーながら意外と他人と被らないというのもポイントです。

5位 ダークレッドマイカメタリック

ハリアー ダークレッドマイカメタリック

2017年6月のマイナーチェンジで追加されたカラー「ダークレッドマイカメタリック」は、品があり車の存在感を高めてくれるカラーで、ハリアーの車格にぴったりなカラーと言えます。

ボルドー色のようなカラーで、クラウンやランドクルーザーにも設定されているということもあり、鮮やか…と言うよりは落ち着いた高級感と自分らしさがうまく表現されているカラーという印象があります。

ハリアーの風格ある佇まいをうまく演出してくれる「ダークレッドマイカメタリック」は、お洒落を忘れない紳士・淑女にぴったりなカラーではないでしょうか。

トヨタ「ハリアー」のオススメカラーを紹介

残価設定型プランで購入し、3年後には乗り換えを検討している人にオススメのカラー

毎月の支払い額を抑える為の新しい車の買い方である「残価設定型プラン」。

細かい説明はここでは割愛しますが、このプランで購入された人の中には、車にまだまだ価値がある新車から3年後に、下取り査定に出すことになる…という人が少なくないはずです。

場合によってはカラーの差で下取り価格に数十万円の差が出る場合も…。

次に乗り換える車の資金の為にも、少しでも高い価格で下取りしてもらいたいのが本音だと思いますが、そんな方にお勧めのカラーが「ブラック」です。

ハリアー ブラック

理由はやはり、人気No.1カラーであることから、中古車としてハリアーの購入を検討している方も「ブラック」を選ぶ割合が高いからだと言えます。

現に、新車購入時に他のカラーと悩んでいる中で、担当営業マンにリセールバリューが良いとアドバイスを受けて、最終的に「ブラック」を選ぶオーナーさんも少なくないようです。

必ずとは言い切れませんが、リセールバリューの高さ=人気の高い車ということが当てはまるので、「ブラック」に次いで「ホワイトパールクリスタルシャイン」も、リセールバリューの観点からはお勧めのカラーと言えます。

スポーティー感の出るカラーはこれ!

ハリアー ダークブルーマイカメタリック

スタイリッシュなデザインのハリアーですが、エレガンスな雰囲気で乗るのも良いけど、そんなスタイリッシュなデザインを活かしたスポーティーなイメージの方が好みだ…という方にお勧めしたいカラーが「ダークブルーマイカメタリック」です。

マイナーなカラーですが、濃く深いしっかりとした「青」が他のカラーには出せないスポーティーな雰囲気を演出してくれます。

特に闇夜に浮かぶ「ダークブルーマイカメタリック」は、ハリアーの洗練されたLEDのリヤテールランプ・フロントスモールランプのデザインと相まって、そのカッコ良さに思わずうっとりしてしまうのでは⁉︎

また、カタログとメーカーHPのカラーの雰囲気に差があるので、他車種の同カラーでも良いので実車でカラーを確認してみることをお勧めします!

使い勝手の良い万能カラーはこれ!

・プライベートからビジネスまでシーンを選ばず使える
・冠婚葬祭の時などに乗って行っても常識的に問題のないカラー
・傷が目立ちにくくお手入れが楽
・高級感も演出してくれる
・リセールバリューも期待できる

…など好みの問題を除けば、非の打ち所がない万能なカラーと言えば、「ホワイトパールクリスタルシャイン」ではないでしょうか⁉︎

ハリアー ホワイトパールクリスタルシャイン

また、このカラーは全車にメーカーオプションで装着可能な「ムーンルーフ」が1番良く映えるカラーでもあります。

あなたの様々な欲求を満たしてくれる「ホワイトパールクリスタルシャイン」の万能さは、所有してからより一層実感できるので、長く乗れば乗るほど満足度も高くなること間違いなしです!

トヨタ「ハリアー」のカラーまとめ

全体的にダークカラーが多いハリアーですが、年数を経ても人気が落ちない車とだけあって、リセールバリューを考えたカラー選びをしている方が少なくない印象があります。

しかし、どのカラーも車のキャラクターに合った上質さがうまく表現されていて魅力的なカラーであることは間違いありません!

是非、自分にぴったりなカラーを選んで、ボディカラーで後悔しないカーライフを送っていただきたいですね!

下取り車があるならさらに新車の総額を下げる事が出来ます!

下取り車を高く売る?面倒だからあなたにあげる

新車購入で気になるのは値引きや総支払額ですが、もし下取り車があるなら、さらに支払額を下げる事が出来ます。

もちろん値引き交渉が苦手でも、簡単にできる方法なので、是非ご参考ください。

ディーラーはウソを付いている!?

新車を買うなら、取り合えずディーラーで査定してもらう人が大半でしょう。管理人も毎回そうです。

しかし、ここで注意したいのは、「ディーラーは下取り金額でウソを付いている」ケースが多い事です。

正確には、本来ある相場よりも低い下取り金額を伝えて来ます。

相場よりも低い金額で買い取れれば、新車とは別に下取り車でも大きな利益を得る事が出来ます。

なので、新車から値引きしても、下取り車の利益で補てん出来てしまうので、ディーラー的には損が無いと言う事になります。

ユーザーにとっては損しかありませんね・・・

ディーラーに騙されないためには?

以前、管理人はBMW1シリーズ(116i)を買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。その時の下取り金額は85万円です。

ただ、ディーラーが本来の相場よりも安めに言ってくる事は知っていたので、比較するために買取店にも査定を申し込みました。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の相場を教えてくれます。

 

かんたん車査定ガイドの概算相場画面

そこで出た金額は、ディーラーよりも20万円も高い金額でした。

次回ディーラーに行った時に、「買取店では105万円と言われましたけど・・」と伝えて見ると、セールスさんは少々慌てて上司に確認を取りに奥へ引っ込みました。

10分ほど経って戻ってくると、「うちもギリギリの線なので103万円+リサイクル預託金でいかがですか?」と言われました。

リサイクル料の戻りも加算すると、約104.2万円になります。

その時の契約書はこちらです。

 

下取り車の契約書

もし最初の85万円で契約していたら、19万円もの損をする所でした・・・

この時した事は、買取店の査定サイトで表示された概算相場をディーラーに伝えただけです。

これだけで19万円もアップしたので、やっぱりディーラーは下取り金額を安く見積もって来たんだな、と思いましたね。

ディーラーの査定より高ければ買取店へ売る選択も

ディーラーで契約の時に、「BMは買取店へ売る事になるかもしれないので、その時は下取りに入れない事を承知してもらえますか?」と伝えたら、あっさりOKしてくれました。

これで納車直前に、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらい、ディーラーより高ければ買取店へ売る事が出来ます。

もしディーラーの方が高ければ、そのままディーラーへ下取りに入れる事でセールスさんからOKをもらってます。この方法は、納車直前まで自分の車に乗っていられるのでおすすめです。

そして納車前に実際に2店の買取店に査定してもらいました。

1店目は、ディーラーの104.2万円に対して107万円

そして2店目には、「1店目で110万円、120万なら即決」と少し盛って伝えると、「120は相場を超えちゃってるので無理ですが・・・110ですか~・・・116万円ではいかがでしょう?」と、ディーラーよりさらに11.8万円のアップに成功です!

その時の契約書です。

買取店の契約書

一番最初の査定金額は、ディーラーの85万円だったので、実に31万円の上乗せに成功しました。

ディーラーだけでなく買取店の査定を検討して、本当に良かったと思いましたね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

1分足らずの入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されるので、管理人のようにディーラーの下取り金額と比較したい方、すぐに愛車の相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

限界まで値引きを引き出すハリアーの値引き交渉術

一回の交渉だけで、ハリアーから限界値引きを引き出す方法です。

短期間でしかも手間なく出来るので、何度もディーラーへ行く時間がない方、交渉事が苦手な方でも出来る方法です。

是非ご参考ください。