新型スバル レヴォーグの人気カラーランキング!人気色とおすすめのカラーは?

人気カラーランキング! おすすめの人気色も紹介

スバルのステーションワゴン「レヴォーグ」に、デビュー以来初となるフルモデルチェンジが発表されました。

しかしボディカラーに関しては変更はないので、そこは安心できるポイントです。

新型レヴォーグではどんなカラーが人気になっているのか、まずはランキングから発表しましょう!

スバル「レヴォーグ」の人気カラーランキング発表!

順位カラー名
1位クリスタルブラック・シリカ
2位クリスタルホワイト・パール (特別塗装色)
3位アイスシルバー・メタリック
4位マグネタイトグレー・メタリック
5位ラピスブルー・パール
6位クールグレーカーキ
7位WRブルー・パール (STI スポーツ / STI スポーツ EX限定色)
8位ピュアレッド

スバル「レヴォーグ」の人気のカラーを紹介

1位 クリスタルブラック・シリカ

艶やかな漆黒が見る者を虜にする、クリスタルブラック・シリカ。

ハンサムなマスクを持つ新型レヴォーグを、一段とかっこよく演出してくれるカラーです。

また高級感の点でも、このクリスタルブラック・シリカは申し分ありません。

リセールバリューも高いので、選んで損のないカラーです。

ただ、汚れが目立ちやすく小まめな洗車が欠かせないため、無精を自認する人は避けた方がいいでしょう。

逆に、車の手入れが大好きという人には大いにお勧めできます。

2位 クリスタルホワイト・パール

レヴォーグ人気カラー

www.subaru.jp/levorg

パール塗装ならではのキラキラ感が魅力の、クリスタルホワイト・パール。

威圧感さえ感じられるクリスタルブラック・シリカとは対照的に、こちらは清潔感が持ち味です。

そのため、このカラーは世代や性別を問わず誰にでも好まれます。

人気の理由は、他のカラーよりも癖がないことや、傷が比較的目立ちにくいこと、リセールバリューが高いことなど様々。

とにかく、デメリットよりもメリットが多いことは間違いありません。

強いてデメリットを上げるとしても、水垢が目立ちやすく、洗車をさぼると清潔感が損なわれてしまうことくらいです。

また、レヴォーグで唯一の特別塗装色 (有料) となりますが、塗装に手間がかかっているので、そこは仕方ないところ。

その上質感あふれる塗装面を間近で見れば、有料カラーであることに納得がいくでしょう。

3位 アイスシルバー・メタリック

レヴォーグ人気カラー

www.subaru.jp/levorg

レヴォーグに設定されているシルバー系カラー、アイスシルバー・メタリックは、他社に設定されているシルバーとは一味違う魅力があります。

シルバーという色に地味なイメージを持っている人も多いと思いますが、アイスシルバー・メタリックには当てはまりません。

その艶やかな光沢は、思わず見とれてしまうほど。

また、光の当たり具合によって、レヴォーグのボディラインが様々に表情を変えるのも見どころです。

シルバーは無難なカラーの代表格ですが、アイスシルバー・メタリックは単に無難なだけに留まらない魅力を持っています。

4位 マグネタイトグレー・メタリック

レヴォーグ人気カラー

www.subaru.jp/levorg

マグネタイトは、日本語で磁鉄鉱と呼ばれる鉱物の名称。

この鉱物は黒い光沢を放つのが特徴ですが、マグネタイトグレー・メタリックは正にその色を再現したカラーです。

一般的なグレーよりも、ブラックに近い色合いになっています。

レヴォーグを精悍に見せてくれる点では、クリスタルブラック・シリカ以上と言えるかもしれません。

暗めの色が好きだけれど真っ黒では味気ない、という人に選んでほしいカラーです。

5位 ラピスブルー・パール

レヴォーグ人気カラー

www.subaru.jp/levorg

レヴォーグには2種類のブルー系カラーが用意されていますが、このラピスブルー・パールの方が濃い色合いになっています。

レヴォーグをスポーティに演出しながらも、落ち着いた雰囲気があるので、目立つのが苦手な人でも選びやすいはずです。

しかし地味過ぎるということもなく、パール塗装ならではの輝きと相まって見栄えの点では申し分ありません。

ブルー系の車は意外と街で見掛ける機会が少ないので、人と被りたくない!という人にも向いています。

スバル「レヴォーグ」のピックアップカラー

レヴォーグ人気カラー

www.subaru.jp/levorg

上位にはランクインしなかったカラーで是非とも取り上げておきたいのが、WRブルー・パールです。

スバルのWRC (世界ラリー選手権) マシンでお馴染みのカラーで、正にスバルのシンボルカラーと言えます。

先ほど紹介したラピスブルー・パールよりも鮮やかな色彩感が、レヴォーグを一段とスポーティに演出。

このWRブルー・パールをまとったレヴォーグに乗り込めば、気分がアガること間違いなしです。

ただ、WRC所縁のカラーだけに、選べるのはスポーティグレード「STI スポーツ」及び「STI スポーツ EX」に限られます。

これらのグレードを選ぶユーザーがそれほど多くないことが、ランキングが振るわない要因でしょう。

しかし、WRブルー・パールにはランキング上位のカラーに勝るとも劣らない魅力があります。

スポーツマインドを持つあなたにこそ是非選んで欲しい、そんなカラーです。

スバル「レヴォーグ」のオススメカラーを紹介

家族みんなが納得できるカラーはこれ!

レヴォーグ人気カラー

www.subaru.jp/levorg

レヴォーグをファミリーカーとして使いたい人も多いはずです。

その場合、ボディカラーを自分だけで決めてしまうと家族からブーイングが出る可能性があるで、みんなが納得できるカラーを選びたいですね。

ランキングで上位3位に入ったカラーはいずれも癖がありませんが、彩感には欠けるので、家族受けはイマイチかもしれません。

そこでおすすめしたいのが、クールグレーカーキです。

グレーと聞くと冴えない色というイメージを持つ人が多いと思いますが、このクールグレーカーキはライトブルーに近い色合いなので、十分に見栄えがします。

明るさを持ちながら、決して派手というわけでもなく、万人受けする点がメリットです。

このカラーなら、家族みんなが納得できるのではないでしょうか?

一番安全性の高いカラーはこれ!

レヴォーグ人気カラー

レヴォーグは先代でも安全性の高さに定評がありましたが、新型になり安全性が一段と向上しました。

新型レヴォーグは安心感抜群の1台ですが、どうせならボディカラーも安全性にこだわりたい、という人もいることでしょう。

予防安全装備や衝突安全性も勿論重要ですが、まず事故に逢いにくいボディカラーを選ぶ、という考え方はいいですね。

安全性の高いボディカラーは、他のドライバーや歩行者などから見落とされにくく、実際の距離よりも近くに見えるカラーです。

レヴォーグのボディカラーでは、クリスタルホワイト・パールがそれに該当します。

白は車体を大きく見せる効果があり、実際よりも近くに見えるので、対向車の強引な右折や歩行者の飛び出しでヒヤっとするケースは減るはずです。

また、視界が悪くなる夕暮れ時でも目立つので、相手から見落とされる可能性も減ります。

クリスタルホワイト・パールのレヴォーグなら、心理的に安心して乗れるでしょう。

スバル「レヴォーグ」のカラーまとめ

レヴォーグのボディカラーは、奇をてらわないオーソドックスな色が多いので、「外れ」はないと思って差し支えありません。

どのカラーを選んでも、レヴォーグのスタイリッシュさを十分に引き出してくれます。

とは言え、やはりカラーによって雰囲気は違って見えるので、カラー選びは慎重でありたいものです。

この記事を参考にしながら、是非とも自分にピッタリのカラーを見つけてくださいね!

下取り車があるならさらに新車の総額を下げる事が出来ます!

下取り車を高く売る?面倒だからあなたにあげる

新車購入で気になるのは値引きや総支払額ですが、もし下取り車があるなら、さらに支払額を下げる事が出来ます。

もちろん値引き交渉が苦手でも、簡単にできる方法なので、是非ご参考ください。

ディーラーはウソを付いている!?

新車を買うなら、取り合えずディーラーで査定してもらう人が大半でしょう。管理人も毎回そうです。

しかし、ここで注意したいのは、「ディーラーは下取り金額でウソを付いている」ケースが多い事です。

正確には、本来ある相場よりも低い下取り金額を伝えて来ます。

相場よりも低い金額で買い取れれば、新車とは別に下取り車でも大きな利益を得る事が出来ます。

なので、新車から値引きしても、下取り車の利益で補てん出来てしまうので、ディーラー的には損が無いと言う事になります。

ユーザーにとっては損しかありませんね・・・

ディーラーに騙されないためには?

以前、管理人はBMW1シリーズ(116i)を買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。その時の下取り金額は85万円です。

ただ、ディーラーが本来の相場よりも安めに言ってくる事は知っていたので、比較するために買取店にも査定を申し込みました。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の相場を教えてくれます。

 

車査定の概算相場画面

そこで出た金額は、ディーラーよりも20万円も高い金額でした。

次回ディーラーに行った時に、「買取店では105万円と言われましたけど・・」と伝えて見ると、セールスさんは少々慌てて上司に確認を取りに奥へ引っ込みました。

10分ほど経って戻ってくると、「うちもギリギリの線なので103万円+リサイクル預託金でいかがですか?」と言われました。

リサイクル料の戻りも加算すると、約104.2万円になります。

その時の契約書はこちらです。

 

下取り車の契約書

もし最初の85万円で契約していたら、19万円もの損をする所でした・・・

この時した事は、買取店の査定サイトで表示された概算相場をディーラーに伝えただけです。

これだけで19万円もアップしたので、やっぱりディーラーは下取り金額を安く見積もって来たんだな、と思いましたね。

ディーラーの査定より高ければ買取店へ売る選択も

ディーラーで契約の時に、「BMは買取店へ売る事になるかもしれないので、その時は下取りに入れない事を承知してもらえますか?」と伝えたら、あっさりOKしてくれました。

これで納車直前に、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらい、ディーラーより高ければ買取店へ売る事が出来ます。

もしディーラーの方が高ければ、そのままディーラーへ下取りに入れる事でセールスさんからOKをもらってます。この方法は、納車直前まで自分の車に乗っていられるのでおすすめです。

そして納車前に実際に2店の買取店に査定してもらいました。

1店目は、ディーラーの104.2万円に対して107万円

そして2店目には、「1店目で110万円、120万なら即決」と少し盛って伝えると、「120は相場を超えちゃってるので無理ですが・・・110ですか~・・・116万円ではいかがでしょう?」と、ディーラーよりさらに11.8万円のアップに成功です!

その時の契約書です。

買取店の契約書

一番最初の査定金額は、ディーラーの85万円だったので、実に31万円の上乗せに成功しました。

ディーラーだけでなく買取店の査定を検討して、本当に良かったと思いましたね。

この時利用した査定サイトは、ナビクル車査定です。

1分足らずの入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されるので、管理人のようにディーラーの下取り金額と比較したい方、すぐに愛車の相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

限界まで値引きを引き出すレヴォーグの値引き交渉術

一回の交渉だけで、レヴォーグから限界値引きを引き出す方法です。

短期間でしかも手間なく出来るので、何度もディーラーへ行く時間がない方、交渉事が苦手な方でも出来る方法です。

是非ご参考ください。