新型オデッセイの人気カラーランキング!人気色とおすすめのカラーは?

人気カラーランキング! おすすめの人気色も紹介

スライドドアを備えたホンダの大型ミニバンであるオデッセイは、スタイリッシュさとラグジュアリーさを兼ね備えた魅力あるクルマのひとつです。

先進の安全装備「ホンダセンシング」を全車標準装備するなど、見た目も中身も常に進化し続けるオデッセイですが、どういったボディカラーが選ばれ人気があるのでしょうか。

人気ランキングと合わせて、それぞれのカラーの特徴も紹介していきましょう!

オデッセイの人気カラーランキング発表!

順位カラー名
1位プラチナホワイト・パール ※
2位クリスタルブラック・パール
3位プレミアムヴィーナスブラック・パール ※ ※2
4位スーパープラチナ・メタリック ※
5位プレミアムスパイスパープル・パール ※
6位コバルトブルー・パール
7位プレミアムディープロッソ・パール ※

※ 40,000円(税別)高のオプションカラー
※2 「ABSOLUTE」のみの設定カラー

オデッセイの人気のカラーを紹介

1位 プラチナホワイト・パール

オデッセイ プラチナホワイト・パール

ダークカラーのラインナップが多い中で、1番の人気カラーは「プラチナホワイト・パール」となりました。

まさに純白という言葉がぴったり合う、透き通るような綺麗なホワイトカラーをしています。

また、太陽の出た天気の良い日は、ボディを直接見るのが躊躇われるくらい眩しい輝きを放ちます。

大きいボディと明るいカラーという組み合わせで周りからの視認性も良いという点も、パールホワイト色の持つあまり知られていないメリットであったりしますね。

癖がなく、万人を受け入れてくれるカラーなので、ボディカラーを決めきれず迷った時は「プラチナホワイト・パール」を選んでおけば間違いないのではないでしょうか。

2位 クリスタルブラック・パール

オデッセイと言えば、ブラック系のカラーがよく似合うイメージがありませんか?

オデッセイ クリスタルブラック・パール

漆黒のボディカラーで全体がグッと引き締まり、カッコ良さを求めるユーザーの方はまずこの「クリスタルブラック・パール」が、カラー選びの第一候補に挙がるのではないでしょうか。

そこにパール塗装ならではの、艶感と上品さが加わることで高級感が増し、ユーザーの所有感を高めてくれます。

そんな「クリスタルブラック・パール」の良さを維持する為に、傷や汚れからボディを守る為のボディコーティングと、可能であれば屋根付きの駐車場が欲しいところですね。

3位 プレミアムヴィーナスブラック・パール

オデッセイ プレミアムヴィーナスブラック・パール

「プレミアムヴィーナスブラック・パール」は、カラーラインナップの中で唯一のABSOLUTE専用カラーとなっています。

更に、世界初と言う「純金でコートした大粒形ガラス」を用いたパール塗装が施されているということで、何だか特別感を感じずにはいれないですよね。

そんな「プレミアムヴィーナスブラック・パール」ですが、日中は普通のブラックとも見えるオデッセイが、夜になり水銀灯などの灯りの下になるとまた違った見え方をします。

ブラックの中にあるゴールドを含んだ煌びやかなガラスフレークが綺麗に光を反射して、艶やかな青紫色へと表情を変えるので、これまたホワイトパールや通常のブラックパールと言ったカラーとは違った、上質感を演出してくれます。

ダークカラーでクルマを綺麗に維持するのは大変ですが、光の当たり方や時間帯によって変わる表情の豊かさが、何よりの魅力だと言えるでしょう!

4位 スーパープラチナ・メタリック

オデッセイ スーパープラチナ・メタリック

明るいボディカラーを検討されているユーザーに人気のカラーが「スーパープラチナ・メタリック」です。

普通のシルバーとは違い、オプションカラーとだけあって高級感や重厚感のある力強いシルバーカラーだと言えます。

また、フロントグリルなどの各所メッキパーツが主張し過ぎるのが苦手な方にも受け入れられ、ボディ全体で一体感のある印象を受けますね。

一方で、特性の異なる2つのカラーベースを使用したスーパープラチナ塗装によって、光の当たり方とボディラインに応じてできる陰影が、通常のシルバーカラーよりも一層はっきりと表現されています。

「シルバー=ありきたりなカラー」と言った感じはなく、オデッセイのデザインの映えるシャープでカッコ良く、飽きのこない満足度の高いカラーとなっています。

5位 プレミアムスパイスパープル・パール

オデッセイ プレミアムスパイスパープル・パール

表情の豊かさという点ではこの「プレミアムスパイスパープル・パール」も、3位の「プレミアムヴィーナスブラック・パール」に負けていません。

メタリック感の強い薄いパープルカラーで、ボディの造形に応じた光の当たり方でボディカラーの見え方が全然変わってくるのが面白いカラーで、逆光だと一瞬「グレー色のクルマだっけ?」…と勘違いしてしまいそうになります。

そうした表情の豊かさもあって、個性的で意外と目立つカラーだったりもします。

よって、このカラーをチョイスした実際のユーザーは、ボディカラー選びを慎重に進めて熟考した上で決めたという方が多いようですね。

その分、そんな個性的なカラーも自分だけのクルマだという特別感が味わえると、実際のユーザーからは高評価のようです!

オデッセイのオススメカラーを紹介

お手入れが楽なカラーを選ぶなら⁉︎

「汚れたクルマに乗っているのは嫌だ!」

「なるべく清潔感があって、綺麗な状態をキープしたい」

決して極端に綺麗好きではなくても、愛車は綺麗にしておきたいと考える人は少なくないでしょう。

しかし、そうは言っても毎週末に何時間も掛けて洗車をする程のものでもないし…と考える方にオススメのカラーが「プラチナホワイト・パール」です!

オデッセイ プラチナホワイト・パール

洗車傷等が目立ちにくくお手入れのしやすいカラーなので、クルマが汚れた時は洗車機にサッと通して簡単に拭きあげるだけで、ホワイトパールの持つ輝きを取り戻してくれます。

また、もうひとつお手入れの楽なカラーとして挙げたいのが「スーパープラチナ・メタリック」です。

精悍で透き通るようなシルバーのボディカラーも、基本的には傷や汚れなどが目立ちにくく、特に雨の後の泥はねや黒い縦筋汚れは「プラチナホワイト・パール」よりも目立ちにくいと言えるでしょう!

どちらのカラーもオデッセイの中で数少ない明るいトーンのカラーで、お手入れのしやすさという点では、やはりダーク系カラーは不利になってしまいますね。

綺麗好きな人は勿論のこと、逆に洗車は滅多にしないという人にとっても、ホワイトやシルバー系のボディカラーはオススメのカラーだと言えるでしょう!

品格ある大人のカラーと言えばこれ!

比較的オデッセイの中ではマイナーなカラーではありますが、オデッセイの車格に相応しい品格を備えたカラーとして紹介したいカラーが「プレミアムディープロッソ・パール」です。

オデッセイ プレミアムディープロッソ・パール

カタログでは鮮やかなワインレッドカラーに見えますが、実際には「濃い小豆色」または「こげ茶色」に見えるという声が多く、カタログの写真でカラーを判断するのはオススメしません。

とは言え、街中でもあまり見掛けることがないカラーで実際のイメージが湧きにくいかもしれませんが、実はホンダの人気車種であるN-BOXやヴェゼルでもラインナップされているカラーなので、オデッセイ以外の車種でなら見たことがあるかもしれませんね。

そんな濃い小豆色の「プレミアムディープロッソ・パール」は良い意味で、クルマそのものを主張し過ぎない落ち着いたカラーでありながら、決して「地味」という印象で終わらせない華やかさを内に秘めたカラーだと言えます。

夕暮れ時には夕陽に照らされ、夜になると月灯りに照らされた「プレミアムディープロッソ・パール」の持つ品格のある美しさが、見る人すべてを魅了すると言っても決して言い過ぎではないことが、実車を見れば分かって頂けるはずです!

スポーティーな個性を出したい人にオススメのカラー!

ミニバンの中でも低床を活かしたスタイリッシュさが売りのオデッセイですが、そんなオデッセイをスポーティーに乗りたいという世の中のお父さん方は少なくないはずです!

そんな方にオススメのカラーが2017年11月のマイナーチェンジで追加になった「コバルトブルー・パール」です。

オデッセイ コバルトブルー・パール

爽快感あるブルーは、思わずクルマに乗って大人数で出掛けたくなるような気分にさせてくれ、いつまでも気持ちが若々しくいれるようなカラーだと言えますね!

そんな「コバルトブルー・パール」のオデッセイは、ホンダ純正アクセサリーをはじめとしたエクステリアパーツで、スポーティーにカッコ良くチューニングするにはピッタリなカラーではないでしょうか!

きっと存在感ある愛車に仕上がること間違いありませんね!

オデッセイのカラーまとめ

カラーラインナップ7色中5色がオプションカラーと、ユーザーの懐事情には少々響くボディカラーが多いオデッセイですが、それぞれに個性があり綺麗なカラーばかりですね。

いずれも実車を見るとオプションカラーであることも納得の塗装の美しさで、その中でもやはり長く乗るのに飽きずに、リセールバリューも安定している定番カラーに人気が集まる結果となりました。

一方で、人気ランキングでは下位になったマイナーなカラーも拘りのある素敵なカラーばかりなので、愛車に自分らしさを出していきたい方は是非、マイナーなカラーも比較検討に入れてみてはいかがでしょうか!

下取り車があるならさらに新車の総額を下げる事が出来ます!

下取り車を高く売る?面倒だからあなたにあげる

新車購入で気になるのは値引きや総支払額ですが、もし下取り車があるなら、さらに支払額を下げる事が出来ます。

もちろん値引き交渉が苦手でも、簡単にできる方法なので、是非ご参考ください。

ディーラーはウソを付いている!?

新車を買うなら、取り合えずディーラーで査定してもらう人が大半でしょう。管理人も毎回そうです。

しかし、ここで注意したいのは、「ディーラーは下取り金額でウソを付いている」ケースが多い事です。

正確には、本来ある相場よりも低い下取り金額を伝えて来ます。

相場よりも低い金額で買い取れれば、新車とは別に下取り車でも大きな利益を得る事が出来ます。

なので、新車から値引きしても、下取り車の利益で補てん出来てしまうので、ディーラー的には損が無いと言う事になります。

ユーザーにとっては損しかありませんね・・・

ディーラーに騙されないためには?

以前、管理人はBMW1シリーズ(116i)を買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。その時の下取り金額は85万円です。

ただ、ディーラーが本来の相場よりも安めに言ってくる事は知っていたので、比較するために買取店にも査定を申し込みました。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の相場を教えてくれます。

 

かんたん車査定ガイドの概算相場画面

そこで出た金額は、ディーラーよりも20万円も高い金額でした。

次回ディーラーに行った時に、「買取店では105万円と言われましたけど・・」と伝えて見ると、セールスさんは少々慌てて上司に確認を取りに奥へ引っ込みました。

10分ほど経って戻ってくると、「うちもギリギリの線なので103万円+リサイクル預託金でいかがですか?」と言われました。

リサイクル料の戻りも加算すると、約104.2万円になります。

その時の契約書はこちらです。

 

下取り車の契約書

もし最初の85万円で契約していたら、19万円もの損をする所でした・・・

この時した事は、買取店の査定サイトで表示された概算相場をディーラーに伝えただけです。

これだけで19万円もアップしたので、やっぱりディーラーは下取り金額を安く見積もって来たんだな、と思いましたね。

ディーラーの査定より高ければ買取店へ売る選択も

ディーラーで契約の時に、「BMは買取店へ売る事になるかもしれないので、その時は下取りに入れない事を承知してもらえますか?」と伝えたら、あっさりOKしてくれました。

これで納車直前に、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらい、ディーラーより高ければ買取店へ売る事が出来ます。

もしディーラーの方が高ければ、そのままディーラーへ下取りに入れる事でセールスさんからOKをもらってます。この方法は、納車直前まで自分の車に乗っていられるのでおすすめです。

そして納車前に実際に2店の買取店に査定してもらいました。

1店目は、ディーラーの104.2万円に対して107万円

そして2店目には、「1店目で110万円、120万なら即決」と少し盛って伝えると、「120は相場を超えちゃってるので無理ですが・・・110ですか~・・・116万円ではいかがでしょう?」と、ディーラーよりさらに11.8万円のアップに成功です!

その時の契約書です。

買取店の契約書

一番最初の査定金額は、ディーラーの85万円だったので、実に31万円の上乗せに成功しました。

ディーラーだけでなく買取店の査定を検討して、本当に良かったと思いましたね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

1分足らずの入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されるので、管理人のようにディーラーの下取り金額と比較したい方、すぐに愛車の相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

限界まで値引きを引き出すオデッセイの値引き交渉術

一回の交渉だけで、オデッセイから限界値引きを引き出す方法です。

短期間でしかも手間なく出来るので、何度もディーラーへ行く時間がない方、交渉事が苦手な方でも出来る方法です。

是非ご参考ください。