ヴェルファイアの人気グレードと装備を評価!おすすめのグレードは?

ヴェルファイアの人気グレード徹底比較

トヨタの高級ミニバンにして最高級の大型サルーンであるヴェルファイアですが、その押し出しの強いルックスから、ファミリー層だけでなく、若年ユーザーにも高い人気を誇ります。

そんなヴェルファイアには、多くのオプションや特別仕様車がありますが、ヴェルファイアの中でもおすすめのグレードやオプション等を紹介していきます。

皆さんが、ヴェルファイアを購入する参考にどうぞ。

ヴェルファイアの売れ筋人気グレードベスト5を発表!

トヨタが発表したヴェルファイアのグレード別販売台数や中古車流通量、ディーラーに対する調査など、当サイトの独自調査によって割り出したヴェルファイアのグレード人気ランキングが、こちらです。

順位グレード名価格(万円)流通台数
1位2.5Z Gエディション466.4492台
2位2.5Z390.8305台
3位ハイブリッドZR Gエディション565.4164台
4位2.5X35283台
5位2.5 V453.968台

ヴェルファイアの価格帯は352~775.2万円と、国産車としてはかなり高額の部類です。

そんなヴェルファイアの売れ筋は、エアロボディのZ系。

その中でも、手頃な排気量と価格に対して装備が充実、コストパフォーマンスに優れた2,500㏄のヴェルファイア2.5Z Gエディション、同じく2.5Zに人気が集まっています。

ヴェルファイアの人気グレードの装備を比較

ここでは、ヴェルファイアの人気グレードについている装備とその魅力を紹介していきます。

ヴェルファイアのグレードごとに装備も特徴があるので、見比べた上でどのヴェルファイアを購入するか、ヴェルファイアのグレード選びに役立てて貰えればと思います。

ヴェルファイア2.5Z Gエディションの主な装備は?

ヴェルファイア2.5ZGエディション

ヴェルファイア2.5Z Gエディションは、2,500㏄ヴェルファイア エアロタイプの最上級グレードとなります。

ヴェルファイアの人気ナンバーワン・売れ筋グレードの魅力は、装備にもあるようです。

○エアロタイプのボディ

ヴェルファイアのフロントバンパー
※ヴェルファイアのフロントバンパー

ヴェルファイアのリアバンパー
※上:ヴェルファイアのリアバンパー/下:ヴェルファイアのサイドマッドガード

ヴェルファイア2.5Z Gエディションはエアロタイプなので、標準タイプの「ヴェルファイア2.5X」や「ヴェルファイア2.5V」等と比較して、エアロタイプのエクステリアがスタイリッシュに決まっています。

ヴェルファイアのフロントマスク
※参考:ヴェルファイア2.5X(通常タイプ)のフロントバンパー。こっちもアイアンマンみたい(笑)で、個人的には好みです。

○18インチアルミホイール(切削光輝+ブラック塗装)

ヴェルファイアの18インチアルミ

18インチアルミホイール
※上:ヴェルファイア2.5Z Gエディション/下:ヴェルファイア2.5X

ヴェルファイア2.5Z Gエディションは切削光輝+ブラック塗装により、繊細な立体的デザインが楽しめる18インチアルミホイールで足元を引き締め、軽快なドライビングスタイルを演出しています。

参考として、ヴェルファイア2.5Xの16インチアルミホイールを並べてみましたが、ヴェルファイア2.5Z Gエディション(18インチアルミホイール)の方が、より洗練された印象を受けます。

〇運転席・助手席パワーシート+助手席パワーオットマン

ヴェルファイアのパワーシート

運転席と助手席に、シートポジションを電動調整できるパワーシートを採用。

運転席は前後スライド/リクライニング/シート上下/シート前端上下の4項目、助手席は前後スライド/リクライニングの2項目の調整ができます。

また、運転席とドアミラーのポジションを3パターンまで記憶・再現できる「マイコンプリセットドライビングポジションシステム」も装備。

家族に複数の運転免許保有者がいるなら、是非とも欲しい機能です。

さらに、助手席の乗員がゆったりくつろげるパワーオットマンも付きます。

〇快適温熱シート+ベンチレーションシート

ヴェルファイアの快適温熱シート

ヴェルファイアのベンチレーションシート

ヴェルファイア2.5 Z Gエディションのフロントシート (運転席・助手席) には、座面と背もたれを暖める快適温熱シート (シートヒーター) と、座面と背もたれに送風して蒸れを防ぐベンチレーションシートが付きます。

※セカンドシートには付きません。

春夏秋冬どんな季節でも、フロントシートの乗員は快適に過ごせます。

シートヒーターは多くの車種に採用されていますが、ベンチレーションシート採用車は少なく、高級車ヴェルファイアならではの魅力ですね。

○エグゼクティブパワーシート[7人乗り・セカンドシート]

ヴェルファイアのエグゼクティブパワーシート

ヴェルファイア2.5Z Gエディションには、最大500㎜の前後スライドでゆったりと座れるエグゼクティブパワーシートが用意されています。

角度調整式大型ヘッドレストや独立したカップホルダー&ポケット付きアームレスト、更にはオットマン(足乗せ)やリクライニングは電動式……

などなど、文字通り「エグゼクティブ(Executive・贅沢)」なセカンドシートは、同乗者に「ヴェルファイアに乗る」満足感を与えてくれる事でしょう。

○本革巻き4本スポークステアリングホイール

本革巻き4本スポークステアリングホイール

ヴェルファイア2.5Z Gエディションのステアリングホイールには、使い込むほど手に馴染む本革巻き&4本スポークが採用されており、ヴェルファイアの確かな走行性能と軽快なドライビングを演出しています。

また、ステアリングホイールのトップとアンダーに配されたメタルウッドが、ヴェルファイア2.5Z Gエディションのコクピットをクールに引き立てているのも、管理人の好みです。

ステアリングヒーター

更にヴェルファイア2.5Z Gエディションにはステアリングヒーターも装備されているため、寒い日でも手がかじかまず、快適なハンドリングを楽しむことが出来るでしょう。

ヴェルファイア2.5 Zの主な装備は?

ヴェルファイア2.5Z

ヴェルファイア2.5Zは、2,500㏄エアロタイプのヴェルファイアでは中間に位置するグレードとなります。

上位グレードであるヴェルファイア2.5Z Gエディションにも負けない装備もあるので、よく見比べて貰えればと思います。

○リラックスキャプテンーシート[7人乗り・セカンドシート]

ヴェルファイアのリラックスキャプテンシート

ヴェルファイア2.5Z(7人乗り)のセカンドシートは、最大830㎜の超ロングスライドが可能です。

また、マニュアルオットマンや無段階調整ができるアームレストなどの豪華装備が、ヴェルファイア2.5Z の車内空間にハイグレード感をもたらします。

〇6:4分割チップアップシート [8人乗り・セカンドシート]

ヴェルファイアの分割チップ

ヴェルファイア2.5 Z (8人乗り) のセカンドシートは、左右6:4に分割してチップアップ (跳ね上げ) ができます。

セカンドシートにベビーカーなどを載せたい時に便利です。

またリクライニング機能やアームレストも備えているので、リラックスキャプテンシートほどではないものの、乗員は十分くつろげるでしょう。

○スーパーUVカット機能付ガラス(フロントドア)

ヴェルファイア2.5Zのフロントドアガラスには、紫外線を約99%カットするスーパーUVカット機能付ガラスが採用されています。

それ以外のガラスも、紫外線を約90%カットするUVカット機能付なので、室内の快適性は十分です。

加えて、スライドドア&リアクォーター&バックドアはプライバシーガラスとなっており、走行中や休憩中に車内への覗き込みを防ぎます。

ヴェルファイア ハイブリッド ZR Gエディションの主な装備は?

ヴェルファイアハイブリッドZRGエディション

ヴェルファイア ハイブリッド ZR Gエディションは、ハイブリッドエアロタイプのヴェルファイアの中では最上級グレードとなります。

価格は高めながら、エアロタイプの矜持を魅せる装備が充実している事から、売れ筋グレード第3位の大健闘です。

ヴェルファイアの中でも、予算とエアロタイプのバランスが取れたグレードと言えるでしょう。

○17インチアルミホイール

ヴェルファイアの17インチアルミ

 

18インチアルミホイール/16インチアルミホイール
※比較:18インチアルミホイール(切削光輝+ブラック塗装)/16インチアルミホイール

ヴェルファイア ハイブリッド ZR Gエディションの17インチアルミホイールは、ハイパークロームメタリック塗装が施されています。

先ほど紹介したヴェルファイア2.5Z Gエディションのアルミホイールより1インチ小さく、切削光輝仕上げもないため、ルックスはやや見劣りする印象です。

しかし、シンプルですっきりしたデザインは、これはこれで悪いものではありません。

繊細なあまり華奢に見えがちな切削光輝アルミホイールと、少し野暮ったく見えがちな16インチアルミホイールとの中間に位置しています。

洗練されたデザインですから、ヴェルファイア ハイブリッド ZR Gエディションの足元を引き立て、絶妙なドライビングを期待させてくれるでしょう。

〇アダプティブハイビームシステム

ヴェルファイア ハイブリッド ZR Gエディションは、ヘッドランプの照射範囲を自動調整するアダプティブハイビームシステムを装備します。

夜間にハイビームで走行中、先行車や対向車を検知すると、相手が眩しくないように左右の照射範囲を調整する機能です。

○合成皮革シート表皮

 

ヴェルファイアの合成皮革シート

ヴェルファイア ハイブリッド ZR Gエディションは、シート表皮にブラックの合成皮革を採用。

エグゼクティブラウンジのプレミアムナッパ本革ほどではありませんが、高級感と手触りの良さが魅力です。

自分は高級車に乗っている、という満足感が得られるでしょう。

○両側パワースライドドア+パワーバックドア

ヴェルファイアのパワースライドドア

ヴェルファイア ハイブリッド ZR Gエディションには、ワンタッチで助手席側のスライドドアを開錠&オープンできる「パワースライドドア」が両側についています。

スイッチに触るだけで大きなスライドドアが開閉できるので、荷物を持っている時やお子さんを抱いている時などは、特に便利です。

また、バックドアにも電動開閉できるパワーバックドアを装備。

小柄な人や力の弱い人でも、ヴェルファイアの大きなバックドアが簡単に開閉できます。

ヴェルファイア・その他の人気装備は?

○ツインムーンルーフ

ツインムーンルーフ

ヴェルファイアのフロント&セカンドシートの天井(ルーフ)に装着される、大きな天窓です。

ヴェルファイアの天窓から見上げるお月さまはさぞキレイだろうな……というロマンチックな気分で「ムーンルーフ」と命名(たぶん)。

フロント&リアの「ツイン」になっていて、フロントはチルトアップ、リアは電動スライドが可能です。

空からの光を採りこむことで、ヴェルファイアの車内空間を明るく開放的に演出。とても人気の高いメーカーオプションとなっています。

【対応グレード】
ハイブリッド:全グレード(サイドリフトアップシート装着車を除く)
ガソリン車:全グレード

【オプション料金】
121,000円

○T-コネクトSDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンドシステム

ヴェルファイアのJBLプレミアムサウンドシステム

トヨタのコネクティッドサービス「T-コネクト」に対応した10.5インチSDナビゲーションシステムと、アメリカのJBLが開発したプレミアムサウンドシステムのセットです。

ブルーレイ/DVD/CD再生機能や、TVチューナー、AM/FMチューナーも搭載するなど、マルチメディアにも対応。

スマホ連携機能ももちろん備わるので、機能性は申し分ありません。

12チャンネルのアンプで17個のスピーカーを駆動するJBLプレミアムサウンドシステムは、さすが老舗オーディオメーカー製と納得できる高音質です。

【対応グレード】
ハイブリッド:エグゼクティブラウンジ系に標準装備、それ以外にメーカーセットオプション設定
ガソリン車:エグゼクティブラウンジ系に標準装備、それ以外にメーカーセットオプション設定

【オプション料金】
656,000~743,600円

〇13.3インチリヤエンターテインメントシステム

ヴェルファイアのリヤエンターテインメントシステム

後席の乗員がHDMI端子に接続した映像コンテンツなどを楽しめる、13.3インチ画面のエンターテインメントシステムです。

マイナーチェンジにより、それまでの12.1インチからサイズアップし、迫力が増しました。

リモコンが付属し、開閉や角度調整は座ったままでOK。

小さいお子さんはドライブ中に飽きてしまい、グズることもあると思いますが、この装備があればそんな心配もなくなるでしょう。

【対応グレード】
ハイブリッド:エグゼクティブラウンジ系に標準装備、それ以外にメーカーオプション設定
ガソリン車:エグゼクティブラウンジ系に標準装備、それ以外にメーカーオプション設定

【オプション料金】
180,000~198,000円

ヴェルファイアのおススメグレードは、売れ筋ナンバー1の「ヴェルファイア2.5Z Gエディション」!

ヴェルファイア2.5ZGエディション

これまでヴェルファイアの各グレードについて色々と紹介して来ましたが、その中でも当サイトがおススメするのは、売れ筋ナンバーワンの「ヴェルファイア2.5Z Gエディション」です。

なぜおススメなのか? 売れるヴェルファイアには、売れる理由があるのです。

これから、その「ヴェルファイア2.5Z Gエディションが売れる理由と魅力」を紹介していきます。

クールなエクステリアとインテリア

クールなエクステリアとインテリア

ヴェルファイア2.5Z Gエディションは、「ヴェルファイア2.5Z」の系列に属するエアロタイプになります。

その精悍な顔立ちとしっかりした足回りは、もともとカッコいいヴェルファイアの中でも、更にスポーティなドライビングスタイルを予感させるデザインとなっています。

通常タイプのヴェルファイアと並べて見比べれば、その差は歴然。「ヴェルファイアを買うならエアロタイプ」という声が多いのも、うなずける話です。

充実の装備と、納得のコストパフォーマンス

納得のコストパフォーマンス

ヴェルファイア2.5Z Gエディションは、ヴェルファイアのエアロタイプ(Z系)でも中間グレードに属しますが、車格の異なる3,500㏄を別にすると、2,500㏄ヴェルファイアの最上級グレードとなります。

その中で最下級グレードのヴェルファイアZと価格を比べると、その差は約76万円ですが、その分だけ2.5Z Gエディションは装備が充実しています。

主要なものでも18インチアルミホイールやエグゼクティブパワーシート等など、ヴェルファイアの高級感を最大限に引き出してくれる装備が約76万円なら、むしろ安いとさえ感じてしまいそうです。

そもそも高級なヴェルファイア、ちょっとランクを妥協したところで、その車両価格は軽く300万円を超えるのですから、装備が充実した2.5Z Gエディションを選びたいものです。

そうした心理が働くことで、ユーザーの人気が集中したものと思われ、ヴェルファイア2.5Z Gエディションの優れたコストパフォーマンスを裏づけています。

下取り車があるならさらに新車の総額を下げる事が出来ます!

下取り車を高く売る?面倒だからあなたにあげる

新車購入で気になるのは値引きや総支払額ですが、もし下取り車があるなら、さらに支払額を下げる事が出来ます。

もちろん値引き交渉が苦手でも、簡単にできる方法なので、是非ご参考ください。

ディーラーはウソを付いている!?

新車を買うなら、取り合えずディーラーで査定してもらう人が大半でしょう。管理人も毎回そうです。

しかし、ここで注意したいのは、「ディーラーは下取り金額でウソを付いている」ケースが多い事です。

正確には、本来ある相場よりも低い下取り金額を伝えて来ます。

相場よりも低い金額で買い取れれば、新車とは別に下取り車でも大きな利益を得る事が出来ます。

なので、新車から値引きしても、下取り車の利益で補てん出来てしまうので、ディーラー的には損が無いと言う事になります。

ユーザーにとっては損しかありませんね・・・

ディーラーに騙されないためには?

以前、管理人はBMW1シリーズ(116i)を買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。その時の下取り金額は85万円です。

ただ、ディーラーが本来の相場よりも安めに言ってくる事は知っていたので、比較するために買取店にも査定を申し込みました。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の相場を教えてくれます。

 

車査定の概算相場画面

そこで出た金額は、ディーラーよりも20万円も高い金額でした。

次回ディーラーに行った時に、「買取店では105万円と言われましたけど・・」と伝えて見ると、セールスさんは少々慌てて上司に確認を取りに奥へ引っ込みました。

10分ほど経って戻ってくると、「うちもギリギリの線なので103万円+リサイクル預託金でいかがですか?」と言われました。

リサイクル料の戻りも加算すると、約104.2万円になります。

その時の契約書はこちらです。

 

下取り車の契約書

もし最初の85万円で契約していたら、19万円もの損をする所でした・・・

この時した事は、買取店の査定サイトで表示された概算相場をディーラーに伝えただけです。

これだけで19万円もアップしたので、やっぱりディーラーは下取り金額を安く見積もって来たんだな、と思いましたね。

ディーラーの査定より高ければ買取店へ売る選択も

ディーラーで契約の時に、「BMは買取店へ売る事になるかもしれないので、その時は下取りに入れない事を承知してもらえますか?」と伝えたら、あっさりOKしてくれました。

これで納車直前に、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらい、ディーラーより高ければ買取店へ売る事が出来ます。

もしディーラーの方が高ければ、そのままディーラーへ下取りに入れる事でセールスさんからOKをもらってます。この方法は、納車直前まで自分の車に乗っていられるのでおすすめです。

そして納車前に実際に2店の買取店に査定してもらいました。

1店目は、ディーラーの104.2万円に対して107万円

そして2店目には、「1店目で110万円、120万なら即決」と少し盛って伝えると、「120は相場を超えちゃってるので無理ですが・・・110ですか~・・・116万円ではいかがでしょう?」と、ディーラーよりさらに11.8万円のアップに成功です!

その時の契約書です。

買取店の契約書

一番最初の査定金額は、ディーラーの85万円だったので、実に31万円の上乗せに成功しました。

ディーラーだけでなく買取店の査定を検討して、本当に良かったと思いましたね。

この時利用した査定サイトは、ズバット車買取比較です。

1分足らずの入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されるので、管理人のようにディーラーの下取り金額と比較したい方、すぐに愛車の相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

限界まで値引きを引き出すヴェルファイアの値引き交渉術

一回の交渉だけで、ヴェルファイアから限界値引きを引き出す方法です。

短期間でしかも手間なく出来るので、何度もディーラーへ行く時間がない方、交渉事が苦手な方でも出来る方法です。

是非ご参考ください。