ヴェルファイアの人気カラーランキング!人気色とおすすめのカラーは?

人気カラーランキング! おすすめの人気色も紹介

圧倒的な存在感のトヨタヴェルファイアは高級ミニバンとしての地位を築き、老若男女問わず大人気の車です。

街行く人の注目度も高くなるので、満足のいくボディカラー選びをしたいですよね。

そんなヴェルファイアの人気カラーランキングをみていきましょう!

トヨタ ヴェルファイアの人気カラーランキング発表!

順位カラー名
1位ホワイトパールクリスタルシャイン
2位ブラック
3位バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク
4位スパークリングブラックパールクリスタルシャイン
5位グレーメタリック
6位シルバーメタリック
7位グレイッシュブルーマイカメタリック

トヨタ ヴェルファイアの人気のカラーを紹介

1位 ホワイトパールクリスタルシャイン

ヴェルファイア ホワイトパールクリスタルシャイン

映えある1位はトヨタの他の車種でも人気上位のカラーである「ホワイトパールクリスタルシャイン」です。

ブラック系の人気カラーを抑えて1位となったのは、ブラック系カラーのラインナップが複数あるので、その分人気が細分化されている…ということもあるかもしれませんが、それでもやはり「ホワイトパールクリスタルシャイン」の人気の高さは間違いありません!

ホワイトは膨張色でもあるので、ヴェルファイアのボディの大きさがより強調されるので、存在感の際立つカラーと言えます。

また、高級車でもあるヴェルファイアに上品なこのカラーは本当にぴったりなので、選んでおいて間違いのないカラーであることは確実です。

ヴェルファイアと言えば、迫力のあるフロントマスクが印象的ですが、見ようによっては少し攻撃的過ぎるイメージも持たれてしまうので、「ホワイトパールクリスタルシャイン」はそういった印象を和らげてくれるカラーとしてもお勧めです。

洗車もしやすく傷も目立ちにくいのでお手入れがしやすい点も人気の要因です。

ちなみに+¥32,400のメーカーオプションカラーとなっています。

2位 ブラック

ヴェルファイア ブラック

次に人気なのが、こちらも昔からのトヨタの定番人気カラーである「ブラック」です。

ヴェルファイアのエクステリアにビシッとキマる迫力抜群のブラックは、フロントマスクに施されたメッキパーツもより際立つので、その精悍な佇まいにはオーナーとしても、思わず惚れ惚れしてしまうのではないのでしょうか。

他の黒と比べると、光沢感がないソリッドなカラーなのが特徴で、常にそのボディを綺麗に保つには雑に扱うのは厳禁で、手入れ自体には非常に気を遣う必要があります。

しかし、手入れの行き届いたブラックはボディに景色が綺麗に映り込むので、一目でオーナーが車を大切にしているということが伝わります。

反面、「自分はそんなにマメではないし洗車もそこまで気合を入れてすることもない…」という人にはお勧めしづらいカラーとも言えます。

3位 バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク

ヴェルファイア バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク

2位に続いて同じブラック系カラーの「バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク」の特徴を簡単に表すと「少し赤み(紫)がかった光沢のあるブラック」…といったところでしょうか。

特に明るいところでは、より赤紫っぽい印象が際立ちます。

このカラーはヴェルファイア専用色かつメーカーオプションカラー(+¥32,400)で、メーカーHPではこのカラーのヴェルファイアの写真が多く使われていることから、トヨタとしてもイチオシのカラーと言えそうです。

ガラスフレークのキラキラとした光沢のある塗装と、赤みがかったブラックが合わさることで高級感だけでなく妖艶な雰囲気も感じられ、ヴェルファイアという車に本当にぴったりなカラーです!

4位 スパークリングブラックパールクリスタルシャイン

ヴェルファイア スパークリングブラックパールクリスタルシャイン

2、3位に続いて次も同じブラック系カラーが人気上位にきました。

やはりヴェルファイアはダーク系カラーがよく似合うということでしょう!

「スパークリングブラックパールクリスタルシャイン」は、「青み(紫)がかった光沢のあるブラック」というイメージで、赤みの強い「バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク」よりは、落ち着いた大人な印象が特徴的です。

濃紺と表現されることもあるカラーで、ブラック系カラーの中では1番他とも被りにくいと言えます。

「普通のブラックには飽きたけど、やっぱりブラック系カラーが良い!」…と考えているのであれば、是非このカラーをお勧めします!

ちなみにこのカラーもメーカーオプションカラー(+¥32,400)となっています。

5位 グレーメタリック

ヴェルファイア グレーメタリック

ここからは、街中で見掛けることが他のカラーに比べて少ないカラーとなってきますが、「グレーメタリック」もとても良いカラーです。

メッキパーツが多いヴェルファイアですが、「グレーメタリック」はそれらのパーツが非常によくデザインの中に溶け込むカラーで、嫌味のないスマートな印象があります。

そういった意味ではホワイトパール系のカラーとは違った上品さがあるとも言えますね!

ヴェルファイアの中ではマイナーカラーの部類でしょうが、実際にこのカラーにされた人は満足している方が多いようです。

濃いグレーということで重厚感を残しつつも、汚れや傷などがそこそこ目立ちにくいということで、長く乗るにはぴったりなカラーとも言えるでしょう!

ヴェルファイアのピックアップカラー

シルバーメタリック

ヴェルファイア シルバーメタリック

他のカラーと比べて一味違う印象のシルバーメタリックは、無難なカラーのはずですが数が少ないのと、ヴェルファイアの大きいボディもあって意外と目立つカラーです。

そんな「シルバーメタリック」の特徴は、なんといっても「シャープさ」ではないでしょうか。

シルバーというカラーは定番カラーということもあって、どんな車種でも見掛けるカラーなので安っぽく見えたりしないか?…と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、そこはご安心ください。

ヴェルファイアの車格に見合った厚みのあるシルバーにそんな心配は無用で、現に「シルバーメタリック」は限られたグレードでしか選択できないカラーですが、上級グレードのExective Loungeで選択できるようになっていることが、それを証明しているのではないのでしょうか。

グレイッシュブルーマイカメタリック

ヴェルファイア グレイッシュブルーマイカメタリック

「グレイッシュブルーマイカメタリック」は、残念ながら人気上位には入らなかったブルー系のカラーですが、ヴェルファイアという車格に見合った落ち着いた色味は、他のカラーでは出せない上品さとお洒落さを兼ね備えた絶妙なカラーと言えます。

ヴェルファイアという選択肢でありながら

・年配の方には派手過ぎない雰囲気
・若い方には大人の落ち着いた雰囲気

…が出せるカラーということで、やはりそういったカラーはラインナップになくてはならないですよね!

傷や汚れも目立ちにくいこともあり、もっと売れても良いのに…と思うカラーです。

ヴェルファイアのオススメカラーを紹介

1番シンプルに乗りたいという人にはこのカラー!

ヴェルファイア グレーメタリック

ヴェルファイアという車には乗りたいけど、できるだけシンプルなイメージが好みという方には「グレーメタリック」がオススメです。

先ほどのカラー紹介で触れたように、程よくボディーのメッキパーツがボディカラーに馴染むので、メッキの存在感が強調され過ぎないのがポイントです。

また、このカラーは対応グレードが限られており

・HYBRIDモデルは「ZR」と「ZR”Gエディション”」
・ガソリンモデルは「ZA」「ZA”Gエディション”」「Z」「Z”Aエディション”」「Z”Gエディション”」

…で選択可能となっています。

特別仕様車「ゴールデンアイズ」のイチオシカラー

特別仕様車で選択できるカラーは

・ホワイトパールクリスタルシャイン
・グレーメタリック
・ブラック
・バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク

…の4つのカラーとなってます。

ヴェルファイア バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク

この中で私がイチオシしたいカラーは「バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク」です。

この特別仕様車は、「ゴールデンアイズ」の名前の通りヘッドライト内に施されたゴールドメッキや、フロントグリル・フォグランプのガーニッシュ・バックドアガーニッシュがダークメッキになっています。

このダークメッキは標準グレードのシルバーメッキと比べて、シルバーにブラック(見ようによっては、ブラウンやゴールド)を混ぜたような落ち着いたメッキが特徴なのですが、そのフロントマスクはより引き締まって見え、さらに厳つい雰囲気も醸し出しています。

「バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク」の明るいところでは、赤紫っぽさを含んだ光沢のあるブラックが、これらダークメッキとの相性が抜群なんです!

4つのカラーの中では1番ヤンチャな印象が強くなる面もあるので、そういった雰囲気が好みの方には是非、候補に挙げて欲しいカラーです。

ヴェルファイアのカラーまとめ

どのカラーもヴェルファイアの風格に合う素敵なカラーばかりでしたね。

ちなみに、ヴェルファイアには洗車などでできる小さなすり傷を自己修復する「セルフリストアリングコート」というものを全カラーに採用しており、新車時の光沢を長く保つことに貢献しています。

高級ミニバンであるヴェルファイアは、常に綺麗に保つことで所有感と満足感をより感じられる車ですが、「セルフリストアリングコート」の性能を維持する為に、もしワックスをかけることがあれば、コンパウンドの入っていないものを選ぶように注意しましょう!

下取り車があるならさらに新車の総額を下げる事が出来ます!

下取り車を高く売る?面倒だからあなたにあげる

新車購入で気になるのは値引きや総支払額ですが、もし下取り車があるなら、さらに支払額を下げる事が出来ます。

もちろん値引き交渉が苦手でも、簡単にできる方法なので、是非ご参考ください。

ディーラーはウソを付いている!?

新車を買うなら、取り合えずディーラーで査定してもらう人が大半でしょう。管理人も毎回そうです。

しかし、ここで注意したいのは、「ディーラーは下取り金額でウソを付いている」ケースが多い事です。

正確には、本来ある相場よりも低い下取り金額を伝えて来ます。

相場よりも低い金額で買い取れれば、新車とは別に下取り車でも大きな利益を得る事が出来ます。

なので、新車から値引きしても、下取り車の利益で補てん出来てしまうので、ディーラー的には損が無いと言う事になります。

ユーザーにとっては損しかありませんね・・・

ディーラーに騙されないためには?

以前、管理人はBMW1シリーズ(116i)を買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。その時の下取り金額は85万円です。

ただ、ディーラーが本来の相場よりも安めに言ってくる事は知っていたので、比較するために買取店にも査定を申し込みました。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の相場を教えてくれます。

 

かんたん車査定ガイドの概算相場画面

そこで出た金額は、ディーラーよりも20万円も高い金額でした。

次回ディーラーに行った時に、「買取店では105万円と言われましたけど・・」と伝えて見ると、セールスさんは少々慌てて上司に確認を取りに奥へ引っ込みました。

10分ほど経って戻ってくると、「うちもギリギリの線なので103万円+リサイクル預託金でいかがですか?」と言われました。

リサイクル料の戻りも加算すると、約104.2万円になります。

その時の契約書はこちらです。

 

下取り車の契約書

もし最初の85万円で契約していたら、19万円もの損をする所でした・・・

この時した事は、買取店の査定サイトで表示された概算相場をディーラーに伝えただけです。

これだけで19万円もアップしたので、やっぱりディーラーは下取り金額を安く見積もって来たんだな、と思いましたね。

ディーラーの査定より高ければ買取店へ売る選択も

ディーラーで契約の時に、「BMは買取店へ売る事になるかもしれないので、その時は下取りに入れない事を承知してもらえますか?」と伝えたら、あっさりOKしてくれました。

これで納車直前に、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらい、ディーラーより高ければ買取店へ売る事が出来ます。

もしディーラーの方が高ければ、そのままディーラーへ下取りに入れる事でセールスさんからOKをもらってます。この方法は、納車直前まで自分の車に乗っていられるのでおすすめです。

そして納車前に実際に2店の買取店に査定してもらいました。

1店目は、ディーラーの104.2万円に対して107万円

そして2店目には、「1店目で110万円、120万なら即決」と少し盛って伝えると、「120は相場を超えちゃってるので無理ですが・・・110ですか~・・・116万円ではいかがでしょう?」と、ディーラーよりさらに11.8万円のアップに成功です!

その時の契約書です。

買取店の契約書

一番最初の査定金額は、ディーラーの85万円だったので、実に31万円の上乗せに成功しました。

ディーラーだけでなく買取店の査定を検討して、本当に良かったと思いましたね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

1分足らずの入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されるので、管理人のようにディーラーの下取り金額と比較したい方、すぐに愛車の相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

限界まで値引きを引き出すヴェルファイアの値引き交渉術

一回の交渉だけで、ヴェルファイアから限界値引きを引き出す方法です。

短期間でしかも手間なく出来るので、何度もディーラーへ行く時間がない方、交渉事が苦手な方でも出来る方法です。

是非ご参考ください。