新型ヴォクシーの人気カラーランキング!人気色とおすすめのカラーは?

数あるミニバンの中でもトップクラスの人気を誇るヴォクシー。

ボディカラーは全6色と少なめですが、選択肢が少ないからこその迷いもあるでしょう。

ここではヴォクシーの人気カラーランキングやおすすめのカラーを紹介しますので、カラー選びの参考にしてみてください!

ヴォクシーの人気カラーランキング発表!

順位カラー名
1位アティチュードブラックマイカ
2位ホワイトパールクリスタルシャイン
3位グリッターブラックガラスフレーク
4位メタルストリームメタリック
5位スパークリングブラックパールクリスタルシャイン
6位マッシブグレー

ヴォクシーの人気のカラーを紹介

1位 アティチュードブラックマイカ

ヴォクシーにはブラック系のカラーが何と3色も設定されています。

その中で、定番のホワイトを抑えてランキングトップに輝いたのはアティチュードブラックマイカです。

無料で選べるハードルの低さや、マイカ塗装の程よい輝きが万人に受け入れられている要因でしょう。

元々精悍なフロントマスクのヴォクシーは、ブラックとの相性が優れています。

また、メッキのモールディングが一層引き立つことも魅力です。

汚れや洗車傷が目立ちやすい欠点はありますが、小まめな洗車やボディコートでカバーすることができます。

そうして手間を掛ければ掛けた分だけ、このカラーに対する愛着も増すことでしょう!

2位 ホワイトパールクリスタルシャイン

toyota.jp/voxy

ブラックとは対極的なカラー、ホワイトパールクリスタルシャインがランキング2位となりました。

こちらは33,000円の有料色ですが、手間暇の掛かったパール塗装だけあり上質感は申し分ありません。

トヨタにはソリッド塗装のスーパーホワイトⅡという白系カラーもありますが、それと比べ塗装面の汚れを落としやすく、洗車が楽なところもメリットです。

また色合いは純白というよりも少しクリーム色掛かった感じで、清潔感を確保しながら淡泊になり過ぎないところも魅力になっています。

ダークなカラーが多いヴォクシーの中で最も明るいカラーで、威圧感を少しでも抑えたい場合は最適なチョイスになるでしょう。

3位 グリッターブラックガラスフレーク

toyota.jp/voxy

33,000円のオプションカラー、グリッターブラックガラスフレークが3位にランクインしました。

光の当たり方によって色合いが微妙に変化し、明るい場所では僅かにグレー掛かって見えるのが特徴です。

光の当たったハイライト部の煌めき感は「ガラスフレーク」の名に相応しいもので、アティチュードブラックマイカにしっかり差を付けます。

漆黒の深みや落ち着き感ではアティチュードブラックマイカに分がありますが、リッチでゴージャスな雰囲気は有料カラーのグリッターブラックガラスフレークでなければ得られません。

黒の色合いに拘りがあるなら、こちらを選んだ方がいいでしょう。

4位 メタルストリームメタリック

toyota.jp/voxy

ヴォクシーには定番カラーのシルバーメタリックの設定はありませんが、その代わりに用意されているのがメタルストリームメタリックです。

ややグレー寄りのシルバーで、シルバーメタリックよりも濃厚な色合いになっています。

その金属的でソリッドな質感は、他のカラーでは得られません。

決して派手な色ではありませんが、ヴォクシーのデザインとのマッチングも良く、積極的に選びたい魅力を持っています。

また傷や汚れが目立たないので、露天の駐車場に停めている人や洗車嫌いな人にもおすすめです。

5位 スパークリングブラックパールクリスタルシャイン

toyota.jp/voxy

ヴォクシーの3つ目のブラックがスパークリングブラックパールクリスタルシャイン。

こちらも33,000円のオプションカラーで、パール塗装特有のキラキラ感がしっかり備わっています。

また色合いも独特で、単なるブラックではなく若干紫掛かっているのが特徴です。

アティチュードブラックマイカやグリッターブラックガラスフレークでは醸せない妖艶なムードを備えています。

黒では無彩色で味気ない、かと言ってストレートな紫は毒々しいので嫌だという人でも、この色なら満足できるのではないでしょうか?

ヴォクシーのピックアップカラー

マッシブグレー

toyota.jp/voxy

人気ランキングでは最下位に沈んだマッシブグレーですが、だからと言って魅力がないわけでは決してありません。

画像では重々しい色に見えますが、明るい場所に持ち込むと意外なほどの軽快さを醸します。

周囲の環境によって様々な表情を見せてくれる点こそ、このカラーの最大の魅力です。

またモノトーン系がメインのヴォクシーのボディカラーの中で、色味の強さでもトップと言えます。

さりげなく自己主張したい人におススメしたいカラーです。

ヴォクシーのオススメカラーを紹介

なるべく安全に乗りたいなら、このカラーを!

toyota.jp/voxy

ヴォクシーは予防安全装備や衝突安全装備が大変充実しています。

しかし安全性にとことん拘るなら、そもそも事故が起きにくいボディカラーを選ぶことも検討した方がいいですね。

ヴォクシーで事故が起きにくいカラーとは、ずばりメタルストリームメタリックです。

金属的な輝きを放つため昼夜を問わず視認性が高く、他の車や歩行者から発見しやすいメリットを持っています。

安全装備が盤石なヴォクシーでメタルストリームメタリックを選べば、安全対策の点で鬼に金棒になるでしょう。

ナイトドライブに最適なのはこのカラー!

toyota.jp/voxy

仕事の都合などで車に乗るのは夜が多い、あるいは夜に運転すること自体が好きという人もいることでしょう。

そんなケースでは、夜の街並みに似合うボディカラーを選びたいもの。

夜の街並みにマッチするヴォクシーのボディカラーと言えば、スパークリングブラックパールクリスタルシャインです。

このカラーは他のブラックと異なり、夜になっても周囲と完全に同化してしまうことはありません。

こと街灯などに照らされると紫掛かった色合いが映え、なんとも妖しい雰囲気を醸します。

ナイトドライブのお供に、正にベストチョイスと言えるでしょう。

ヴォクシーのカラーまとめ

ヴォクシーのボディカラーの特長は、モノトーン系が多く原色系がひとつもないことです。

その理由は、クールなエクステリアデザインとモノトーンとの相性がいいからでしょう。

その意味で選択肢が広いとは言えませんが、その範囲の中で個性的な色が揃っています。

この記事を参考にしながら、是非自分にピッタリのカラーを見つけてください!

下取り車があるならさらに新車の総額を下げる事が出来ます!

下取り車を高く売る?面倒だからあなたにあげる

新車購入で気になるのは値引きや総支払額ですが、もし下取り車があるなら、さらに支払額を下げる事が出来ます。

もちろん値引き交渉が苦手でも、簡単にできる方法なので、是非ご参考ください。

ディーラーはウソを付いている!?

新車を買うなら、取り合えずディーラーで査定してもらう人が大半でしょう。管理人も毎回そうです。

しかし、ここで注意したいのは、「ディーラーは下取り金額でウソを付いている」ケースが多い事です。

正確には、本来ある相場よりも低い下取り金額を伝えて来ます。

相場よりも低い金額で買い取れれば、新車とは別に下取り車でも大きな利益を得る事が出来ます。

なので、新車から値引きしても、下取り車の利益で補てん出来てしまうので、ディーラー的には損が無いと言う事になります。

ユーザーにとっては損しかありませんね・・・

ディーラーに騙されないためには?

以前、管理人はBMW1シリーズ(116i)を買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。その時の下取り金額は85万円です。

ただ、ディーラーが本来の相場よりも安めに言ってくる事は知っていたので、比較するために買取店にも査定を申し込みました。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の相場を教えてくれます。

 

車査定の概算相場画面

そこで出た金額は、ディーラーよりも20万円も高い金額でした。

次回ディーラーに行った時に、「買取店では105万円と言われましたけど・・」と伝えて見ると、セールスさんは少々慌てて上司に確認を取りに奥へ引っ込みました。

10分ほど経って戻ってくると、「うちもギリギリの線なので103万円+リサイクル預託金でいかがですか?」と言われました。

リサイクル料の戻りも加算すると、約104.2万円になります。

その時の契約書はこちらです。

 

下取り車の契約書

もし最初の85万円で契約していたら、19万円もの損をする所でした・・・

この時した事は、買取店の査定サイトで表示された概算相場をディーラーに伝えただけです。

これだけで19万円もアップしたので、やっぱりディーラーは下取り金額を安く見積もって来たんだな、と思いましたね。

ディーラーの査定より高ければ買取店へ売る選択も

ディーラーで契約の時に、「BMは買取店へ売る事になるかもしれないので、その時は下取りに入れない事を承知してもらえますか?」と伝えたら、あっさりOKしてくれました。

これで納車直前に、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらい、ディーラーより高ければ買取店へ売る事が出来ます。

もしディーラーの方が高ければ、そのままディーラーへ下取りに入れる事でセールスさんからOKをもらってます。この方法は、納車直前まで自分の車に乗っていられるのでおすすめです。

そして納車前に実際に2店の買取店に査定してもらいました。

1店目は、ディーラーの104.2万円に対して107万円

そして2店目には、「1店目で110万円、120万なら即決」と少し盛って伝えると、「120は相場を超えちゃってるので無理ですが・・・110ですか~・・・116万円ではいかがでしょう?」と、ディーラーよりさらに11.8万円のアップに成功です!

その時の契約書です。

買取店の契約書

一番最初の査定金額は、ディーラーの85万円だったので、実に31万円の上乗せに成功しました。

ディーラーだけでなく買取店の査定を検討して、本当に良かったと思いましたね。

この時利用した査定サイトは、ナビクル車査定です。

1分足らずの入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されるので、管理人のようにディーラーの下取り金額と比較したい方、すぐに愛車の相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

限界まで値引きを引き出すヴォクシーの値引き交渉術

一回の交渉だけで、ヴォクシーから限界値引きを引き出す方法です。

短期間でしかも手間なく出来るので、何度もディーラーへ行く時間がない方、交渉事が苦手な方でも出来る方法です。

是非ご参考ください。