気持ちいいエンジンフィーリング!乗って楽しいNAエンジン搭載のスポーツカーおすすめ5選

エンジンフィーリングが気持ちいいNAエンジンのスポーツカーおすすめ5選

 

タンバ君
タンバ君

いま、欧米を中心にダウンサイジングターボ化の流れが進み、NA(ナチュラルアスピレーション・自然吸気)エンジン搭載車の比率は下がっているんだ。

 

それはスポーツカーの世界でも同じだけど、NAエンジンならではの魅力を知る人にとっては、そんな現状を寂しく感じているんじゃないかな?

 

だけど、数は減っているものの、まだまだ新車で購入できるNAエンジン搭載のスポーツカーは存在するので、それほど悲観する必要はないよ。

 

ここでは、その中から特に注目に値するNAエンジンを積んだ車種を5台選んで紹介するね!

 

マツダ・ロードスター

マツダロードスター

画像:mazda.co.jp

NAエンジン搭載スポーツカーの代表格といえば、やはり「マツダ・ロードスター」でしょう。

ロードスターは、2代目モデルにターボ車が限定発売されたことを除き、伝統的にNAエンジンにこだわっているのが特徴です。

国内向けロードスターに搭載されるエンジンは、ソフトトップモデルが1.5L直4、ハードトップモデルのRFが2L直4となっています。

NAエンジンならではの気持ち良さを存分に味わうなら、1.5Lエンジンを搭載するソフトトップモデルに分があるでしょう。

スペックは最高出力132ps/7000rpm、最大トルク15.5kg・m/4500rpmで、小排気量NAだけあって比較的高回転型です。

マツダロードスターのこだわり装備

画像:mazda.co.jp

また、鋳造クランクシャフトを採用するほか、更にMT車は軽量フライホイールを採用するなど、フィーリング向上にこだわった設計が行われています。

その結果獲得したのが、レッドゾーンの7,500rpmまでよどみなく回るスムーズさや、シャープなスロットル・レスポンスです。

トランスミッションは6速ATも用意されていますが、このエンジンの美味しい所を十分引き出すには、抜群のシフトフィールが楽しめる6速MTの方がベターでしょう。

ワインディングロード

絶対的な動力性能は決して速くはないものの、ワインディング走行で使い切れる程よいパワーといえます。

また、ロードスターはFRスポーツカーの教科書的なハンドリングも備えているので、ドライビング・プレジャーは比類がありません。

価格は255万4,200円~325万6,200円で、軽スポーツカーを除けば最も安価なスポーツカーです。

コストパフォーマンスの点では、最強といえるでしょう。

アイちゃん
アイちゃん

ロードスターは2Lと1.5LがあるけどNAエンジンの気持ちよさを味わうなら1.5Lのほうがおすすめなんだね!

 

いろんな部分を軽量化したり、専用に作ったりして心地よいフィーリングを実現してるんだね。NAの魅力満載でこの価格は安いでしょう?!

スバル・BRZ

スバル BRZ

画像:subaru.jp

エンジンのフィーリングの良さという点で、マツダ・ロードスターに勝るとも劣らないのが「スバル・BRZ」です。

兄弟車種の「トヨタ・86」も基本設計は共通ですが、ここではエンジンの開発を担当したスバルに敬意を表し、BRZを選びました。

ロードスター同様コンベンショナルなFR方式で、搭載されるエンジンはスバルお得意の水平対向4気筒です。

スバル BRZの6速マニュアルシフト

画像:subaru.jp

排気量2Lのスクエア・ストロークから発生するアウトプットは、6速MT車が最高出力207ps/7000rpm、最大トルク21.6kg・m/6400-6800rpm、6速AT車が最高出力200ps/7000rpm、最大トルク20.9kg・m/6400-6600rpmで、かなりの高回転・高出力型となっています。

このエンジンは、高回転域までスムーズに吹き上がるだけでなく、スペックから想像するより遥かにフレキシブルで扱いやすいのが美点です。

エンジンのフィーリングを十分味合うには、ロードスターの場合と同様、やはりMTを選ぶべきでしょう。

スバル BRZのハンドリング

画像:subaru.jp

動力性能は「誰もが扱い切れる速さ」なので、公道を走るにはこのくらいが丁度いいといえます。

また、水平対向エンジンならではの低重心の恩恵が感じられるハンドリングも、BRZの魅力のひとつです。

価格は243万円~359万1,000円と、輸入スポーツカーよりも遥かに安価ながら、勝るとも劣らないドライビング・プレジャーが味わえることでしょう。

RINちゃん
RINちゃん

BRZってトヨタの86と兄弟なんだぁ。双子ちゃんだね~♪エンジンのパワーがあって、加速の伸びもよくて運転しやすいんだってさ~。

 

マニュアル車を選ぶと、よりこの車の良さを実感できるって!

日産・フェアレディZ

日産 フェアレディZ

画像:nissan.co.jp

国産スポーツカーの元祖的な存在である「日産・フェアレディZ」は、現行型デビューから丸10年が経過し、フルモデルチェンジの噂も耳にするようになりました。

しかし、直6NAという古典的な成り立ちを持つエンジンを搭載する現行モデルにも、捨て難い魅力があります。

3.7Lの排気量は直6NAエンジンとしては世界最大で、アウトプットも標準仕様が最高出力336ps/7000rpm、最大トルク37.2kg・m/5200rpm、ニスモ仕様が最高出力355ps/7400rpm、最大トルク38.1kg・m/5200rpmと強力です。

日産 フェアレディZ

画像:nissan.co.jp

また、リニアな回転フィールや鋭いスロットル・レスポンスなど、NAならではの爽快感も併せ持っています。

日産 フェアレディZの6MT

画像:nissan.co.jp

トランスミッションは、ヒール&トゥを不要とする「シンクロレブコントロール」が備わる6速MTと、7速ATの選択が可能です。

惜しむらくは、前者はシフトフィールがイマイチであること、後者は変速スピードがDCTより劣ることですが、それでもこのエンジンの魅力を大きくスポイルするものではありません。

速さの点では直線・コーナリングとも十分以上で、まず不満を感じることはないはずです。

価格が390万7,440円~640万1,160円と安くはありませんが輸入スポーツカーよりずっとリーズナブルなことも、フェアレディZの魅力といえるでしょう。

紫音ちゃん
紫音ちゃん

フェアレディZ・・・カッコいい名前ね!パワーも十分あって加速も鋭いっていうから、実力も十分ね。

 

シンクロレブコントロールっていうのが付いてるから、マニュアルが苦手な人でも上手に運転ができるんですって。これなら初めての私にも運転できるかしら?

シボレー・コルベット グランスポーツ

アメリカン・スポーツカーの代名詞的存在が、「シボレー・コルベット」です。

コルベットにはスーパーチャージャー付エンジンを搭載する「Z06」も用意されていますが、ここで紹介するのはNAエンジン搭載の「グランスポーツ」です。

搭載されるエンジンは、DOHC全盛の中、敢えて低重心・軽量なメリットを取りOHV方式を採用しています。

アウトプットは最高出力466ps/6000rpm、最大トルク64.2kg・m/4600rpmで、Z06よりは劣るとはいえ、スーパースポーツを名乗るに十分なものです。

トランスミッションは7速MTまたは8速ATが組み合わせられ、0-60mph(96km/h)加速3.6秒のダッシュ力を発揮します。

また、フロントミッドシップ・レイアウトの採用により、48:52という理想に近い前後重量配分を実現していることも特徴です。

その効果により、マッチョな外観からは想像できない機敏なハンドリングを実現していると同時に、ミッドシップ車にはない懐の深さを兼ね備えている点も魅力といえるでしょう。

価格は1,120万2,500円~1,287万3,600円と1千万オーバーにはなるものの、それでも欧州のライバル達と比べれば圧倒的に「リーズナブル」です。

RINちゃん
RINちゃん

いかにもスポーツカーみたいなお顔がいると思ったらコルベットグランスポーツっていう車だったんだぁ。466馬力ってすごいパワーだよね~。

 

エンジンが真ん中辺りについてるから、バランスが良くて走りが安定するんだって。一度乗ってみたいなぁ!

ロータス・エリーゼ

ロータス エリーゼ

画像:lotus-cars.jp

ライトウエイトスポーツのカテゴリーでマツダ・ロードスターと双璧をなす存在が「ロータス・エリーゼ」ですが、その中で最もベーシックなモデルが、1.6L NAエンジンを搭載する「エリーゼ」(グレード名なし)です。

このエンジンはトヨタ製がベースで、最高出力136ps/6800rpm、最大トルク16.3kg・m/4400rpmのアウトプットを発生します。

スペック的には凡庸ながら、800kg台という軽スポーツカー並みの車体には十分以上です。

0-100km/h加速6.5秒の俊足を発揮するほか、フィーリング面でもロータス専用チューニングによりスポーティな味が付加されているので、不満を感じることはないでしょう。

ロータス エリーゼは6MTのみの設定です。

ただ、トランスミッションは6速MTのみの設定なので、AT限定免許の方は購入を諦めざるを得ません。

ミッドシップエンジンのロータス エリーゼ

レイアウトはミッドシップ方式で、ひらひらとした俊敏なハンドリングはエリーゼの真骨頂といえます。

価格は496万8,000円で、ロードスターの廉価グレードが2台買えてしまいますが、これをもって「コストパフォマンスが低い」と評するのは野暮というものでしょう。

既に本国では生産を終了し、ディーラー在庫分のみとなっているので、NAのエリーゼに乗りたい方は急いだ方が良さそうです。

アイちゃん
アイちゃん

ロータスエリーゼのエンジンはトヨタ製とは知らなかったなぁ。パワーは普通だけど車体がすごく軽くて、専用のチューニングがされてるから、軽快な走りができるんだね!それにしても赤のエリーゼ、カッコいい!

 

えっ、?もう日本では残ってるのしか販売しないの~?!残念だなぁ!

まとめ

 

タンバ君
タンバ君

ターボエンジンはパワフルさと燃費性能が両立している点が魅力だけど、どうしてもターボラグが存在するし、高回転域の伸びもいまひとつだね。

 

その点、NAエンジンはパワーや燃費では一歩を譲るものの、「打てば響く」ようなスロットル・レスポンスと高回転域の伸びの良さがあるから、捨てがたい魅力があるね!

 

ここで紹介した5車種は、NAエンジン搭載車の中でも特に優れたフィーリングを持つモデルばかりだからおすすめだよ!