快適に寝れる!車中泊に適した車内が広くフラットになる車おすすめ5選

快適に寝れる!車中泊に適した車おすすめ5選

 

タンバ君
タンバ君

最近は、車中泊がちょっとしたブームになっているようだよ。

車で旅行に出かける場合、車中泊なら宿代が掛からない上、宿の予約を気にせず自由に行動できるなど、様々なメリットがあるんだ。

 

また、災害時における車中泊のメリットも、注目すべきポイントだね。

万が一自宅が被災して住むことができなくなった場合、避難所での共同生活よりもストレスが少ないのは、大きなメリットといえるね。

ただ、どんな車でも快適な車中泊ができるわけではないんだ。

 

ここでは、車中泊に適した車を5台選んで紹介するから、車の買い替えを検討されている人は是非とも参考にしてね!

 

車中泊に適した車の条件とは?

具体的な車種を紹介する前に、まず車中泊に適した車の条件について解説しましょう。

まず重要になるのが、スペースの広さです。

車中泊スペースは、身長プラスアルファくらいの長さがないと、足を折り曲げて寝る形になってしまいます。

その場合、単に熟睡ができないばかりでなく、最悪の場合エコノミークラス症候群にかかってしまうこともあるなど、デメリットは決して無視できません。

次に、車中泊できるようにシートをアレンジした際、座面もしくはフロア面が完全にフラットになることも、重要なポイントになります。

カタログに「フルフラット」にできると記載されていても、実際には段差ができてしまったり、水平にならず傾斜がついてしまったりする車種もあるので、要注意です。

段差に関しては、マットを敷けば違和感が軽減されるとはいえ、人によっては気になって熟睡できないケースもあり得ます。

また、就寝場所に傾斜があると、これもまた違和感により熟睡の妨げになってしまうでしょう。

したがって、なるべく水平で段差のない車中泊スペースを確保できることが、大変重要なポイントになります。

トヨタ・ハイエース バン

トヨタ ハイエースバン

車中泊スペースの広さやフラットさの点で、圧倒的に優れているのがトヨタのワンボックス商用車「ハイエース バン」です。

ハイエースバンの荷室長

画像:toyota.jp

荷室長は「ロングバン」で3,000mm、「スーパーロングバン」では3,540mmにも及びます。

これなら、どんなに身長が高い人でも余裕で車中泊ができるだけでなく、荷物の置き場にも困りません。

ハイエースバンの荷室幅

画像:toyota.jp

また、荷室幅も標準ボディで1,520~1,545mm、ワイドボディで1,705~1,730mmあるので、大人2人が横になっても余裕たっぷりです。

そして、フロア面のフラットさの点でも、凹凸のない完全に水平なスペースが得られるので申し分ありません。

後席の座り心地を追及するなら、乗用車版の「ハイエース ワゴン」という選択肢もあるのですが、こちらは完全にフラットな車中泊スペースが得られないのが難点です。

したがって、車中泊時の快適性を重視するなら、やはりハイエース バンがお勧めになります。

また、ボディサイズの点でも、全車3ナンバーサイズとなるハイエース ワゴンに対し、ハイエース バンは狭い道路での取り回しが楽な5ナンバーサイズも選べるのが嬉しい点です。

アイちゃん
アイちゃん

ハイエースはとっても広くて、平らになるから車中泊にピッタリな車なんだね!バンとワゴンがあるけどバンの方が凸凹しない分、車中泊には向いてるんだね。なんだかキャンプに行きたくなってきたよ~♪

日産・NV200 バネット

日産 NV200バネット

画像:nissan.co.jp

日産の商用バン「NV200 バネット」も、ハイエース バンと同様に凹凸のない水平な車中泊スペースが得られるので、お勧めの1台になります。

中でも、車中泊に特化した乗用グレード「マルチベッドワゴン」は注目の1台です。

NV200バネットのマルチベッドワゴン

画像:nissan.co.jp

通常のバネットはハイエース バン同様、フロアに直接マットを敷いて寝る形になりますが、マルチベッドワゴンは文字通りベッドが標準装備されるため、より快適に寝られます。

また、マットを敷く前にフロアの汚れを掃除する手間もいりません。

ただし、ベッドの大きさは長さ1,720mm×1,270mmとそれほど大きくないので、2人で車中泊する場合は比較的小柄な人に限られます。

一方、荷室フロアは全長2,040mm×全幅1,500mmと余裕があるので、ここなら大柄な人でも大丈夫です。

したがって、大柄な人2名で車中泊したい場合は、通常の商用グレードで十分ということになります。

ボディサイズは全車5ナンバーサイズで、ハイエース バンの標準ボディよりも小さいため、買い物などの日常ユースにも気軽に使える良さがあります。

RINちゃん
RINちゃん

NV200バネットのマルチベッドワゴンって最初からベッドがついてるんだ。これならぐっすり眠れるだろうなぁ。ああ、でも大きいお兄ちゃんは普通のやつじゃないとはみだしちゃうから気を付けて~。

ホンダ・フリード+

ホンダ フリード+

画像:honda.co.jp

これまで紹介した2車種は車中泊には非常に適している反面、ファミリーカーとしての快適性を求めると、いまひとつの感が否めません。

快適な車中泊とファミリーカーとしての快適性を両立させたい場合は、ミニバンの方が適しています。

ミニバンの中から1台選ぶとすれば、ホンダの「フリード+」でしょう。

5ナンバーサイズのコンパクト・ミニバン「フリード」の派生グレードで、荷室の低床化やフロアのフラット化などの差別化が図られています。

全長はNV200バネットよりも短いものの、後席をたたんだ時の荷室長は約1,900mm確保されているので、大柄な人の車中泊もOKです。

フリード+のシートアレンジ

画像:honda.co.jp

また、車中泊に適したシートアレンジにすると、ほぼ水平な就寝スペースが得られます。

ただし、若干の凹凸が生じてしまいますが、マットを敷けば気にならなくなるはずです。

車中泊スペースの下に収納スペースがあるため、荷物の置き場に困らないこともメリットといえるでしょう。

乗り心地や収納、安全・快適装備などの面でも優れ、経済性も高いので、総合的にかなりお勧めできます。

紫音ちゃん
紫音ちゃん

わたしはいつでも快適がいいの。フリード+は車中泊も楽しめて快適性もあるから、すごく気に入ったわ。お部屋の長さも十分あるし、荷物も邪魔にならないように工夫されているところもさすがね!

スズキ・エブリイ

スズキ エブリイ

画像:suzuki.co.jp

軽自動車は車体が小さいので、車中泊には不向きと思われるかもしれません。

しかし、決してあなどるべからずで、中にはヘタなミニバン顔負けの車中泊スペースを持つ車種もあるのです。

その代表例として、まずスズキのワンボックス商用車「エブリイ」を紹介します。

エブリイの荷室サイズ

画像:suzuki.co.jp

後席をたたんだ時の荷室長は1,955mmあり、先ほど紹介したフリード+を上回るので、大柄な人でも余裕で車中泊が可能です。

荷室幅も最大で1,385mmあるので、2人での車中泊も問題ありません。

また、フロアが完全にフラットかつ水平になる点も、大きなメリットといえます。

乗用登録の「エブリイ ワゴン」は、座り心地の良い後席が備わる点が魅力ですが、その反面フラットな就寝スペースが得られないので、車中泊用途を重視するならやはり商用登録のエブリイがお勧めです。

エブリイは、車体が小さくどんな道にも入っていけることや、維持費が安いことも大きな魅力です。

このようにエブリイは車中泊用として優れた適正を持っているので、これをベースにしたキャンピングカーがいくつも制作されています。

RINちゃん
RINちゃん

軽自動車でもゆったりとお泊りできるってびっくりだなぁ。凸凹しなくて真っすぐ寝れるからよく眠れそう。エブリイはお泊りできる車のお手本だねぇ。

ホンダ・N-VAN

ホンダ N-VAN

画像:honda.co.jp

軽自動車の中から車中泊に適した車種をもう1台選ぶとすれば、ホンダの商用バン「N-VAN」があげられます。

N-VANの荷室

助手席と後席を格納すると、助手席側の荷室長は2,560~2,635mmにも達する上、ほぼフラットになるので、車中泊に好適です。

一方、運転席側の荷室長は後席をたたんでも1,510mmに留まるので、車中泊は大人1人+子供1人が限度でしょう。

N-VANのマルチボードとクイックエアマット

画像:honda.co.jp

しかし、オプションの「マルチボード」と「クイックエアマット ダブルベッドタイプ」を導入すれば、大人2人のための快適な車中泊スペースが実現します。

ホンダ N-VANのアクセサリー

画像:honda.co.jp

これらのほかに、車中泊用のアクセサリーが多数用意されている点も、N-VANの魅力のひとつです。

また、車中泊と直接関係ありませんが、乗用ワゴンの「N-BOX」に準じた走行性能や安全装備が備わる点も、この車の魅力といえるでしょう。

アイちゃん
アイちゃん

N-VANの荷室は大人と子供一人ずつしか泊まれないかもだけど、マルチボードとクイックエアマットを組み合わせれば大人二人だって大丈夫だし、快適ベッドに大変身だね!車中泊用のアクセサリーがいっぱいあるのも嬉しいね!

快適に寝れる!車中泊に適した車内が広くフラットになる車おすすめ5選のまとめ

 

タンバ君
タンバ君

車中泊に適した車を5台紹介したけど、いずれもワンボックス車やミニバンだったね。

SUVやステーションワゴン、ハッチバック車などには、車中泊に向いた車種があまりないんだ。

 

ワンボックス車やミニバンは、走行性能や燃費などの点ではやや不利になるけど、少しでも快適に車中泊がしたいなら、欠点に目をつむってでもこうしたタイプを選んだ方がいいよ!