NBOXの4WDの性能は?

N-BOXの性能を徹底評価!

N-BOXの4WDシステムは、普段は燃費の良いFF走行を行い、発進時や滑りやすい路面、荒れた路面などでは瞬時に4WDに切り替わり、高い走破性を発揮する独自の「リアルタイム4WD」を採用しています。

また、システムの軽量化とCVTの組み合わせで低燃費を実現する、滑りやすい路面では頼もしく、普段はしっかり低燃費となっています。

また、急ブレーキ時の車輪ロックを防ぐEBD付ABSや、加速時などの車輪空転を抑えるTCS、そして旋回時の横すべり抑制という3つの機能をトータルに制御し、クルマの姿勢の安定化を図るVSA(ABS + TCS + 横すべり抑制)も装備されているので、4WDと合わせれば大きなな安心感が得られるでしょう。

N-BOX4WD車の性能と価格

N-BOX4WD車の価格

N-BOX4WD車
※NBOX 出典honda.co.jp

N-BOXは、カスタムを含めて全てのグレードで4WDが選べるという、嬉しいグレード構成になっています。

最もリーズナブルなのが「C」グレードの1,328,000円。

FF車との価格差は13万円で、軽自動車の4WDとしては割高な設定なのですが、そのかわりに運転席/助手席シートヒーターと撥水/ヒーテッドドアミラー+フロントドア撥水ガラスがセットで付いてきます。

この価格差は全てのグレード共通なので、非常に分かりやすいはずです。

N-BOX C FF車 1,198,000円
N-BOX C 4WD車 1,328,000円

これをライバルと比べると次の様になります。

ダイハツタント FF車と4WD車の差額124,200円

ダイハツタントL”SAⅡ” FF車   1,285,200円
ダイハツタントL”SAⅡ” 4WD車 1,409,400円

スズキスペーシア FF車と4WD車の差額120,960円

スペーシア G FF車   1,274,400円
スペーシア G 4WD車 1,392,360円

N-BOX4WDの燃費をチェック、実燃費は?

4WDの燃費ってどうなの?

4WD車は重量が増えて燃費がかさみますが、N-BOXの場合はどうなのでしょうか。

もともと燃費性能に関しては他のライバルには大きく差を付けられているのですが、それは軽トールワゴンの中でも最も重い車両重量が影響しています。

さらに50㎏重くなる4WDでは「タント」や「スペーシア」にさらに差を付けられる結果になってしまいました。

FF車と4WD車の燃費差 2.2㎞/L

N-BOX C FF車 車両重量950㎏ JC08モード燃費率 25.6㎞/L
N-BOX C 4WD車 車両重量1000㎏ JC08モード燃費率 23.6㎞/L

これをライバルと比べると次の様になります。

ダイハツタント FF車と4WD車の燃費差 2.0㎞/L

ダイハツタントL”SAⅡ” FF車 車両重量840㎏ JC08モード燃費率 28.0㎞/L
ダイハツタントL”SAⅡ” 4WD車 車両重量890㎏ JC08モード燃費率 26.0.㎞/L

スズキスペーシア FF車と4WD車の差 3.0㎞/L

スペーシア G FF車 車両重量940㎏ JC08モード燃費率 32.0㎞/L
スペーシア G 4WD車 車両重量990㎏ JC08モード燃費率 29.0㎞/L

N-BOXは、FF車と4WD車の差こそ少ないのですが、改めて燃費で不利なのが分かります。

FF車であってもタント4WD車並み、スペーシアの4WD車には目を負いたくなるような差が付きます。

ただし、燃費データが改めて訂正された三菱ekスペース/日産デイズルークスの22.0㎞/L(4WD21.8㎞/L)より上回っているのはせめてもの救いです。

NBOX 4WDの実燃費はどう?

実際に走ると、JC08モード燃費とは大きくかけ離れてします。

そこで実燃費データを集計しているWebサイト「e燃費」より、最も良い数値を抜き出してみました。

スペーシア
FF車 20.7㎞/L
4WD 18.9㎞/L

N-BOX
FF車 17.2㎞/L
4WD 16.5㎞/L

タント
FF車 17.1㎞/L
4WD 16.5㎞/L

スペーシアの有利は変わりませんが、N-BOXとの差はかなり縮まり、タントとはほぼ同水準であることがわかります。

カタログ燃費ではかなり燃費が劣っていると思われたN-BOXの4WD車ですが、実際の燃費との差が少ない車種だということが分かります。

ちなみに、三菱ekスペース/日産デイズルークスもそれ程の差は無く、燃費の数奇にあまりにも過敏にならない方がいいかも知れません。もちろん不正はいけませんが。

N-BOX4WDの雪道性能をチェック

N-BOX4WDの雪道性能

ライバルと比較しても、性能的にはあまり差がないように見えますが、それぞれの足回りやボディ剛性、車両重量と重量バランスなどにより、その走行性能には微妙な影響があります。

背の高いトールワゴンは重心が高く、通常の路面でも走行性能は期待出来ないのが普通です。

しかし、N-BOXの4WD車は圧雪路面においても、終始安定しています。

後輪のスリップを検知すると瞬時に4WDに切り替わり、的確にリアに駆動力を伝えて押し出してくれるので、2WDモデルよりもスリップする感覚が圧倒的に小さくなり、VSAの作動も感じないほどなのです。

N-BOX4WDのまとめ

13万円も余計に出費してまでも、軽トールワゴンに4WDは本当に必要なのか?確かに雪道での安心感はあるので、積雪が当たり前の地域にお住まいであれば是非おすすめしたい。

しかしそうでなければFF車にもVSA(ABS + TCS + 横すべり抑制)が装備されており、スタッドレスタイヤさえあれば問題はないはずです。

しかし、4WDを雪道や悪路のための装備と捉えてはいけません。走行安定性、安全性という意味で装備すると言う考え方も必要なのではないでしょうか。

13万円はきついですが、グレードを一つ落としてでも選ぶ価値はあると思います。

あるいはこの価格差を値引き交渉のネタにしてみたらいかがでしょう?

「この価格で4WDにしてくれたら買うよ!」と。その結果がどうなるのかは保証できませんが、値引き交渉の有効な方法の一つと言えます。

下取り車があるならさらに新車の総額を下げる事が出来ます!

下取り車を高く売る?面倒だからあなたにあげる

新車購入で気になるのは値引きや総支払額ですが、もし下取り車があるなら、さらに支払額を下げる事が出来ます。

もちろん値引き交渉が苦手でも、簡単にできる方法なので、是非ご参考ください。

ディーラーはウソを付いている!?

新車を買うなら、取り合えずディーラーで査定してもらう人が大半でしょう。管理人も毎回そうです。

しかし、ここで注意したいのは、「ディーラーは下取り金額でウソを付いている」ケースが多い事です。

正確には、本来ある相場よりも低い下取り金額を伝えて来ます。

相場よりも低い金額で買い取れれば、新車とは別に下取り車でも大きな利益を得る事が出来ます。

なので、新車から値引きしても、下取り車の利益で補てん出来てしまうので、ディーラー的には損が無いと言う事になります。

ユーザーにとっては損しかありませんね・・・

ディーラーに騙されないためには?

以前、管理人はBMW1シリーズ(116i)を買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。その時の下取り金額は85万円です。

ただ、ディーラーが本来の相場よりも安めに言ってくる事は知っていたので、比較するために買取店にも査定を申し込みました。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の相場を教えてくれます。

電話で教えてもらった金額は、ディーラーよりも20万円も高い金額でした。

次回ディーラーに行った時に、「買取店では105万円と言われましたけど・・」と伝えて見ると、セールスさんは少々慌てて上司に確認を取りに奥へ引っ込みました。

10分ほど経って戻ってくると、「うちもギリギリの線なので103万円+リサイクル預託金でいかがですか?」と言われました。

リサイクル料の戻りも加算すると、約104.2万円になります。

その時の契約書はこちらです。

 

下取り車の契約書

もし最初の85万円で契約していたら、19万円もの損をする所でした・・・

この時した事は、買取店の査定サイトで表示された概算相場をディーラーに伝えただけです。

これだけで19万円もアップしたので、やっぱりディーラーは下取り金額を安く見積もって来たんだな、と思いましたね。

ディーラーの査定より高ければ買取店へ売る選択も

ディーラーで契約の時に、「ビーエムは買取店へ売る事になるかもしれないので、その時は下取りに入れない事を承知してもらえますか?」と伝えたら、あっさりOKしてくれました。

これで納車直前に、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらい、ディーラーより高ければ買取店へ売る事が出来ます。

もしディーラーの方が高ければ、そのままディーラーへ下取りに入れる事でセールスさんからOKをもらってます。この方法は、納車直前まで自分の車に乗っていられるのでおすすめです。

そして納車前に実際に買取店に査定してもらいました。

買取店には、「ディーラーで110万円、120万なら即決」と少し盛って伝えると、「120は相場を超えちゃってるので無理ですが・・・110ですか~・・・116万円ではいかがでしょう?」と、ディーラーよりさらに11.8万円のアップに成功です!

その時の契約書です。

買取店の契約書

一番最初の査定金額は、ディーラーの85万円だったので、実に31万円の上乗せに成功しました。

ディーラーだけでなく買取店の査定を検討して、本当に良かったと思いましたね。

この時利用した査定サイトは、車買取店大手のガリバーです。

1分足らずの入力で申し込み後、概算相場を教えてくれるので、管理人のようにディーラーの下取り金額と比較したい方、すぐに愛車の相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

【中古車のガリバー】スマホで愛車無料査定

限界まで値引きを引き出すNBOXの値引き交渉術

一回の交渉だけで、NBOXから限界値引きを引き出す方法です。

短期間でしかも手間なく出来るので、何度もディーラーへ行く時間がない方、交渉事が苦手な方でも出来る方法です。

是非ご参考ください。