新型CX-5の人気カラーランキング!人気色とおすすめのカラーは?

人気カラーランキング! おすすめの人気色も紹介

CX-5の特に人気のカラー上位3色を取り上げて解説しています。ボディカラー選びの参考にどうぞ。

CX-5の人気カラーランキング発表!

順位カラー名
1位ソウルレッドクリスタルメタリック
2位ジェットブラックマイカ
3位スノーフレイクホワイトパールマイカ
4位ソニックシルバーメタリック
5位ディープクリスタルブルーマイカ
6位マシーングレープレミアムメタリック
7位チタニウムフラッシュマイカ
8位エターナルブルーマイカ

CX-5の人気のカラーを紹介

1位 ソウルレッドクリスタルメタリック

CX-5 ソウルレッドクリスタルメタリック(赤)
※CX-5 出典mazda.co.jp

堂々の第一位は、ソウルレッドクリスタルメタリックです。

この色は、CX-5以外のマツダ車のイメージカラーにもなる、メーカー一押しに推奨されている色です。

ソウルレッドはCX-5全体の約1/4の台数を占めていることになり、多くの人が選んでいるカラーとなっています。

そして、このソウルレッドクリスタルメタリックという色は、「匠塗(たくみぬり)」という技術が施されています。

匠塗というのは、これまで困難と云われていた「鮮やかさ」と「深み」の両立に挑み、かつてない質感の高い赤色を実現した画期的な塗装技術とされています。

この技術から生まれた、鮮やかで深みのある「ソウルレッドクリスタルメタリック」が、オーナーの心をグッと掴んでいるのでしょう。

2位 ジェットブラックマイカ

CX-5 ジェットブラックマイカ(黒)
※CX-5 出典mazda.co.jp

2番目に人気の色は、ジェットブラックマイカです。

やはり二番人気というだけあり、ソウルレッドとは僅差の2位となっています。

生産台数でいうと、ソウルレッドプレミアムメタリックに匹敵する数となっていますね。

大抵の方が、黒は無難色ということで選択されることが多いようです。

全体が綺麗な黒色なので、同クラスのSUV車よりも少し高級感を出すことができ、外装オプションの装備品などの組み合わせで、エアロや全体の印象が際立つ色でもあります。

そして、ジェットブラックマイカを購入されるオーナーの方は、比較的若年層の方が多いようです。

このジェットブラックマイカですが、CX-5に限らずSUV自体が、フェンダーの色合いが黒に近い色なので、ボディカラーを黒にすると、全体的に色味に欠けていると感じることがあります。

そして、黒なので少しの汚れでも目立ってしまいますが、高級感という面では、ジェットブラックマイカが一番味を引き出せそうですね。

3位 スノーフレイクホワイトパールマイカ

CX-5 スノーフレイクホワイトパールマイカ(パール)
※CX-5 出典mazda.co.jp

三番目に人気の色は、スノーフレイクホワイトパールマイカです。

三番人気といっても、一番人気の「ソウルレッドクリスタルメタリック」や二番人気の「ジェットブラックマイカ」に匹敵する人気があるといえます。

やはり多くの人に選ばれている色ですね。

このスノーフレイクホワイトパールマイカですが、この色でしか出せない雪のような「清潔感」が、あらゆる年齢層の心を掴んでいるようです。

足回りの黒い樹脂部分とのコントラストが良い味を出していて、色自体も綺麗なホワイトパールで気に入っているといった声もあります。

ボディ全体を見ると、パールによりややぼやけている感じに見えますが、膨張色なのでワイド感が出るカラーリングというところが人気の理由となっています。

また、白は黒と同様の「無難色」だからという意見もあります。

さらに、太陽が照り付けている日でも、熱を吸収しづらい色なので、車内が暑くなりづらいので助かる、といった意見もあがっています。

CX-5のおすすめのボディカラーは?

清潔感を出したいなら「スノーフレイクホワイトパールマイカ(白)」

白であれば、上記でもお話した通り、世代を問わずに誰からでも受け入れられる「清潔感」あふれる色となります。

そして、日差しの強い日に、熱を通しにくい白色なので重宝します。

高級感を演出したいなら「ジェットブラックマイカ(黒)」

黒色であれば、見た目は確かに地味ではありますが、CX-5のボディカラーの中で、最も高級感あふれる色合いとなっています。

そして、CX-5のボディカラーの中で、最もオプションの組み合わせによる見栄えが生える色使いとなっています。

ですので、購入を検討されている場合、おすすめのボディカラーは「スノーフレイクホワイトパールマイカ(白)」か「ジェットブラックマイカ(黒)」となります。

最近のトレンドで行くなら「ソウルレッドクリスタルメタリック(赤)」

他車の赤であれば、それほど心に刺さりはしないかもしれませんが、CX-5の赤色は他車の赤色とは一味違います。

その違いは、車体価格にも表れており、このソウルレッドクリスタルメタリックは「特別塗装色」として75,600円に設定されています。

さらに、このソウルレッドクリスタルメタリックには「匠塗」という技術が採用されています。

この技術により、色に鮮やかさと深みの両方を持たせているので、店頭で一目見たときに心を奪われてしまうほどの、色味を演出しています。

なので、「定番カラーは鉄板すぎて気が進まない」という方や、「人気色以外の個性の出るボディカラーが良い」という方も、一度店頭に足を運び、自分の目でご覧になると、答えが出るかもしれませんね。

人気のボディカラーを選んだ理由

リセールの時に差が出るから

CX-5 イメージ

これは、車の購入を検討されている方には、是非参考にしていただきたい所です。

皆さんは、車を乗り換えるときのことを考えたことがあるでしょうか。

決して安い買い物ではなく、すぐに乗り換えられないからこそ、慎重に車を選ぶと思います。

ですが、車はいつ壊れるかは誰にも分かりません。不慮の事故にあってしまうかもしれませんし、何らかの原因で、車が故障してしまう危険性もあるわけです。

そんな「もしも」の時のために、リセールというものがあります。

リセールとは、簡単に言えば「年数が経って売却した時の価値」です。

このリセールバリューは、人気のボディカラーだった場合と、人気のないボディカラーだった場合とでは、その金額差は数十万円にものぼる事があります。

リセールのことも考えて人気のボディカラーを手に入れよう

人気のボディカラーにすることが、いかに大切かが分かっていただけたかと思います。

ただし、リセールは、車を購入してから10年以上乗られる方には、あまり縁がないお話となってしまいます。

特にリセールを重要視する目安としては、車を3年から5年のペースで乗り換える予定の場合になります。

CX-5のソウルレッドクリスタルメタリック・ジェットブラックマイカ・スノーフレイクホワイトパールマイカの3カラーは、特に人気のボディカラーとなっているので、3年~5年のリセール高額評価が期待出来ます。

なので、次に自分が欲しい車が出たときに、その車種の購入費用の助けになることも考えたうえで、CX-5の人気のボディカラーを選択してみてはいかがでしょうか。

もちろん、「長く乗る」「リセールは気にならない」のであれば、後悔ないように好きな色を選んで、乗る事が大事ですね。

下取り車があるならさらに新車の総額を下げる事が出来ます!

下取り車を高く売る?面倒だからあなたにあげる

新車購入で気になるのは値引きや総支払額ですが、もし下取り車があるなら、さらに支払額を下げる事が出来ます。

もちろん値引き交渉が苦手でも、簡単にできる方法なので、是非ご参考ください。

ディーラーはウソを付いている!?

新車を買うなら、取り合えずディーラーで査定してもらう人が大半でしょう。管理人も毎回そうです。

しかし、ここで注意したいのは、「ディーラーは下取り金額でウソを付いている」ケースが多い事です。

正確には、本来ある相場よりも低い下取り金額を伝えて来ます。

相場よりも低い金額で買い取れれば、新車とは別に下取り車でも大きな利益を得る事が出来ます。

なので、新車から値引きしても、下取り車の利益で補てん出来てしまうので、ディーラー的には損が無いと言う事になります。

ユーザーにとっては損しかありませんね・・・

ディーラーに騙されないためには?

以前、管理人はBMW1シリーズ(116i)を買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。その時の下取り金額は85万円です。

ただ、ディーラーが本来の相場よりも安めに言ってくる事は知っていたので、比較するために買取店にも査定を申し込みました。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の相場を教えてくれます。

 

かんたん車査定ガイドの概算相場画面

そこで出た金額は、ディーラーよりも20万円も高い金額でした。

次回ディーラーに行った時に、「買取店では105万円と言われましたけど・・」と伝えて見ると、セールスさんは少々慌てて上司に確認を取りに奥へ引っ込みました。

10分ほど経って戻ってくると、「うちもギリギリの線なので103万円+リサイクル預託金でいかがですか?」と言われました。

リサイクル料の戻りも加算すると、約104.2万円になります。

その時の契約書はこちらです。

 

下取り車の契約書

もし最初の85万円で契約していたら、19万円もの損をする所でした・・・

この時した事は、買取店の査定サイトで表示された概算相場をディーラーに伝えただけです。

これだけで19万円もアップしたので、やっぱりディーラーは下取り金額を安く見積もって来たんだな、と思いましたね。

ディーラーの査定より高ければ買取店へ売る選択も

ディーラーで契約の時に、「BMは買取店へ売る事になるかもしれないので、その時は下取りに入れない事を承知してもらえますか?」と伝えたら、あっさりOKしてくれました。

これで納車直前に、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらい、ディーラーより高ければ買取店へ売る事が出来ます。

もしディーラーの方が高ければ、そのままディーラーへ下取りに入れる事でセールスさんからOKをもらってます。この方法は、納車直前まで自分の車に乗っていられるのでおすすめです。

そして納車前に実際に2店の買取店に査定してもらいました。

1店目は、ディーラーの104.2万円に対して107万円

そして2店目には、「1店目で110万円、120万なら即決」と少し盛って伝えると、「120は相場を超えちゃってるので無理ですが・・・110ですか~・・・116万円ではいかがでしょう?」と、ディーラーよりさらに11.8万円のアップに成功です!

その時の契約書です。

買取店の契約書

一番最初の査定金額は、ディーラーの85万円だったので、実に31万円の上乗せに成功しました。

ディーラーだけでなく買取店の査定を検討して、本当に良かったと思いましたね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

1分足らずの入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されるので、管理人のようにディーラーの下取り金額と比較したい方、すぐに愛車の相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

限界まで値引きを引き出すCX-5の値引き交渉術

一回の交渉だけで、CX-5から限界値引きを引き出す方法です。

短期間でしかも手間なく出来るので、何度もディーラーへ行く時間がない方、交渉事が苦手な方でも出来る方法です。

是非ご参考ください。