CX-5のエアロパーツのおすすめは純正?社外品?

CX-5のエアロパーツ特集!純正エアロVS社外エアロ

CX-5のおすすめ純正エアロ

純正カスタムでおすすめは「DAMD」

DAMD
※CX-5 出典mazda.co.jp

CX-5の自体に派手な加飾はないので、純正のエアロパーツくらい付けてみようかな、と思っている方におすすめのメーカーが「DAMD」というメーカーです。

こちらの「DAMD」なのですが、なんと東京オートサロンなどで数々の賞を受賞しており、その評価は確かなものとなっています。

ディーラーで取り付け可能で保安基準に適合しているので、もちろん車検に通ります。

DAMDフロントグリルガーニッシュ \25,380
DAMDステンレスウィンドゥトリム \29,160
DAMDフロントプロテクター    \65,407
DAMDリヤアンダープロテクター  \60,912

マツダ純正アクセサリーのエアロキット

純正アクセサリー
※CX-5 出典mazda.co.jp

マツダ純正のアクセサリーにラインナップされているCX-5のエアロパーツも、さりげなく個性を主張できるおススメのパーツです。

エクステリアセット(1)
(1)フロントグリルガーニッシュ&フォグランプベゼルガーニッシュ/LEDフォグランプ用
(2)ドアミラーガーニッシュ(ブリリアントブラック)
\38,124

エクステリアセット(2)
(1)フロントアンダーガーニッシュ
(2)リアアンダーガーニッシュ
(3)アルミホイール(19×7J)/GRAPHITE SILVER
\254,286

○各エアロパーツの名称・金額
フロントスカート(ブリリアントブラック) \56,376
サイドスカート(ブリリアントブラック)  \79,488
リアアンダースカート(ブリリアントブラック) \55,296
カーボン調ボンネットフィルム      \66,857
フロントアンダーガーニッシュ       \76,115
サイドアンダーガーニッシュ        \91,542
リアアンダーガーニッシュ         \75,085
フロントバンパーフィン         \22,464
ボンネットガーニッシュ         \31,536
フォグランプガーニッシュ        \37,584
LEDアクセサリーランプ \50,490
フォグランプフィン           \23,822
リフトゲートガーニッシュ        \28,972
リフリフレクターガーニッシュ      \33,480

CX-5のおすすめ社外エアロメーカー

カスタムガレージ スパーク admiration Belta(ベルタ)

カスタムガレージ スパーク
※出典:garage-spark.jp

ベルタのモットーは、「高クオリティ」「厳選マテリアル」「完成しつくされたデザイン」「考えつくされている機能性」「品格」の全てにおいて徹底的に拘っているというところです。

このベルタのカスタマイズによって、洗練されたSUVは、卓越したラインワークと上質感あふれる造形美で、本来持っているCX-5としての高級感を、より強く引き出してくれます。

ケンスタイル

ケンスタイル
※CX-5 出典mazda.co.jp

フロント、サイド、リアガーニッシュの他、パーツ単体はさりげないですが、トータルでドレスアップする事で、非常に個性的なフォルムのCX-5になります。

ディーラーで購入可能です。

DUCKS-GARDEN(ダックスガーデン)

DUCKS-GARDEN
※出典:ducks-garden.co.jp

ダックスガーデンのエアロパーツは、まるでサーキット上がりのようなスポーツテイストに溢れています。

コンセプト自体も「スポーティー」であり「ダンディー」であり「インテリジェンス」であること。

かなり大胆なデザインのエアロを身にまといつつも、決して下品に見せないあたりに手腕のほどが伺えます。

roadHouse KADDIS

roadHouse KADDIS
※出典:roadhouse.co.jp

「都会派SUV」をコンセプトとしたエアロパーツを取り扱っています。

普段は街乗り、オフには都会の喧騒から離れ大自然の中でリフレッシュできる、ヨーロピアンな雰囲気を醸し出す[都会派SUV]スタイルがコンセプトのエアロパーツです。

AutoEXE KE-05S for CX-5

AutoEXE KE-05S for CX-5
※出典:autoexe.co.jp

AutoEXEの取り扱っているエアロパーツは、「SUVにストリートスポーツの快感を」がコンセプトになっています。

このKE-05では、公道において、よりダイレクトな操舵感を生むストリートスポーツカーを目指しています。

そのため、サスペンションやブレーキなどの走りの性能のさらなる高揚と共に、ストリートスポーツの主張を明快にするスタイリングを行っています。

AutoEXE KE-04 for CX-5

AutoEXE KE-04 for CX-5
※出典:autoexe.co.jp

KE-05では、イメージの洗練と機能の充実を図りましたが、KE-04では、量産グレードでは出来なかった質感やパフォーマンスの実現を試みています。

スタイリングキッドは、過剰な変化を排した知的な佇まいを表現しています。

そして、ハーフタイプのフロントスポイラーとLEDデイタイムランプキッド、ピアノブラックなど、「SUVらしい力感と洗練を備えたスポーツフィルムを完成させているのです。

CX-5のエアロを安く入手するには中古エアロ?それとも?

中古パーツ店に行く

必ず目的のエアロパーツが売られているとは限りません。

ですが、運良く売られていれば、ディーラーなどで購入するよりも、ほぼ確実に安い値段で購入することが可能です。

もし近くに中古パーツ店がない場合には、最寄りの中古パーツ店を調べて、行く前に電話などをして、商品があるか確認をしてから行くようにしましょう。

こうすることにより、確実に安く目的のエアロパーツを入手しやすくなります。

ネットオークション、ネット通販で探す

もし近くに販売店がなくて、どうしても行けないという場合には、ネットオークションで探すというのも一つの手です。

人気の車種であれば、需要もあるのでそれなりに多くの中古パーツが出回っています。

また、ネット通販ならディーラーやカーショップで購入するよりも、安く割引価格で購入する事も可能です。

ただ問題は取り付けと塗装をどうするか、ですね。持ち込み専門の取り付け業者もあるので、ネットで探してみるか、CX-5の購入ディーラーで持ち込み取り付けをお願いしてもいいでしょう。

その場合は、持ち込み工賃割り増しのケースもあるので、担当セールスさんに割り増し工賃なしでお願いしましょう(笑)

塗装済みなら、自分で取り付けにチャレンジしても良いですが、エアロは想像以上に大きいので、一人ではなく二人以上で作業した方がいいでしょう。

CX-5のおすすめのエアロメーカーは?

カスタムガレージ スパーク
※出典:garage-spark.jp

高級感を演出したいなら「DAMD」

車に乗っていると、多少なりとも高級感を演出したくなりますよね。

そんな時に、CX-5だからこそオススしたいエアロメーカーは、DAMDです。

DAMDは前述した通り、数少ない純正のドレスアップを行っているメーカーで、ディーラーを通してのドレスアップとなるので、違法改造となる心配がありません。

こちらのメーカーは、高級感溢れるエアロパーツが多いので、CX-5に高級感を出したい場合にはオススメとなります。

全てにおいて完璧を目指したいなら「Belta」

ベルタは、前述した通り、「高クオリティ」「厳選マテリアル」「完成しつくされたデザイン」「考えつくされている機能性」「品格」の5つにおいて徹底的に拘りぬいています。

このベルタでドレスアップを行えば、高級感あふれるドレスアップと考えつくされた機能性を併せ持った、非の打ち所がない「完璧」なCX-5が出来上がるでしょう。

エアロパーツに自分だけの個性を出したいなら「ケンスタイル」

従来までのエアロパーツは、「ベースが高額で入手しづらい・エアロパーツが大きすぎて扱いに困る」ということが、多々ありました。

ですが、ケンスタイルのエアロパーツは、ガーニッシュ類でまとめられていて、パーツ単体もそれほど大きくありません。

全て取り付けて個性的なCX-5に仕上げても良いですし、好みの場所だけ取り付けて、自分だけの個性を主張しても良いでしょう。

ダンディーでありスポーティーさも出したいなら「ダックスガーデン」

ダックスガーデンのエアロパーツは、まるでサーキット上がりのようなスポーツテイストに溢れています。

大胆なエアロの作りでありつつも、下品に見えることがなくむしろ上品にさえ感じ、さらにスポーティーな感じすらも演出しています。

このような大人の魅力を醸し出しつつ、どこか爽やかといった雰囲気は、ダックスガーデンにしか出せない味です。

高級感というよりも、ダンディーな雰囲気を出しつつ、尚且つスポーティーな感じを出したい、と思っている方におすすめのメーカーです。

下取り車があるならさらに新車の総額を下げる事が出来ます!

下取り車を高く売る?面倒だからあなたにあげる

新車購入で気になるのは値引きや総支払額ですが、もし下取り車があるなら、さらに支払額を下げる事が出来ます。

もちろん値引き交渉が苦手でも、簡単にできる方法なので、是非ご参考ください。

ディーラーはウソを付いている!?

新車を買うなら、取り合えずディーラーで査定してもらう人が大半でしょう。管理人も毎回そうです。

しかし、ここで注意したいのは、「ディーラーは下取り金額でウソを付いている」ケースが多い事です。

正確には、本来ある相場よりも低い下取り金額を伝えて来ます。

相場よりも低い金額で買い取れれば、新車とは別に下取り車でも大きな利益を得る事が出来ます。

なので、新車から値引きしても、下取り車の利益で補てん出来てしまうので、ディーラー的には損が無いと言う事になります。

ユーザーにとっては損しかありませんね・・・

ディーラーに騙されないためには?

以前、管理人はBMW1シリーズ(116i)を買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。その時の下取り金額は85万円です。

ただ、ディーラーが本来の相場よりも安めに言ってくる事は知っていたので、比較するために買取店にも査定を申し込みました。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の相場を教えてくれます。

 

かんたん車査定ガイドの概算相場画面

そこで出た金額は、ディーラーよりも20万円も高い金額でした。

次回ディーラーに行った時に、「買取店では105万円と言われましたけど・・」と伝えて見ると、セールスさんは少々慌てて上司に確認を取りに奥へ引っ込みました。

10分ほど経って戻ってくると、「うちもギリギリの線なので103万円+リサイクル預託金でいかがですか?」と言われました。

リサイクル料の戻りも加算すると、約104.2万円になります。

その時の契約書はこちらです。

 

下取り車の契約書

もし最初の85万円で契約していたら、19万円もの損をする所でした・・・

この時した事は、買取店の査定サイトで表示された概算相場をディーラーに伝えただけです。

これだけで19万円もアップしたので、やっぱりディーラーは下取り金額を安く見積もって来たんだな、と思いましたね。

ディーラーの査定より高ければ買取店へ売る選択も

ディーラーで契約の時に、「BMは買取店へ売る事になるかもしれないので、その時は下取りに入れない事を承知してもらえますか?」と伝えたら、あっさりOKしてくれました。

これで納車直前に、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらい、ディーラーより高ければ買取店へ売る事が出来ます。

もしディーラーの方が高ければ、そのままディーラーへ下取りに入れる事でセールスさんからOKをもらってます。この方法は、納車直前まで自分の車に乗っていられるのでおすすめです。

そして納車前に実際に2店の買取店に査定してもらいました。

1店目は、ディーラーの104.2万円に対して107万円

そして2店目には、「1店目で110万円、120万なら即決」と少し盛って伝えると、「120は相場を超えちゃってるので無理ですが・・・110ですか~・・・116万円ではいかがでしょう?」と、ディーラーよりさらに11.8万円のアップに成功です!

その時の契約書です。

買取店の契約書

一番最初の査定金額は、ディーラーの85万円だったので、実に31万円の上乗せに成功しました。

ディーラーだけでなく買取店の査定を検討して、本当に良かったと思いましたね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

1分足らずの入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されるので、管理人のようにディーラーの下取り金額と比較したい方、すぐに愛車の相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

限界まで値引きを引き出すCX-5の値引き交渉術

一回の交渉だけで、CX-5から限界値引きを引き出す方法です。

短期間でしかも手間なく出来るので、何度もディーラーへ行く時間がない方、交渉事が苦手な方でも出来る方法です。

是非ご参考ください。