ダイハツ ムーヴキャンバスの人気グレードと装備を評価!おすすめのグレードは?

ムーヴキャンバスの人気グレード徹底比較

ダイハツのムーヴキャンバスはダイハツの軽の中でも、オシャレさとかわいさに特化したモデルで、買い物や子供の送り迎えなど、普段使い用の車として、若い女性に人気があります。

そのムーヴキャンバスのグレードやおススメモデルを紹介します。

ムーヴキャンバスの売れ筋人気グレードベスト7を発表!

メーカー発表のグレード別販売台数や中古車流通量、ディーラーへの調査など、当サイト独自に出したムーヴキャンバスの人気グレードランキングです。

順位グレード名価格(万円)流通台数
1位X リミテッド メイクアップ SA II148.0241台
2位G メイクアップ SA II154.4239台
3位X リミテッド SA II142.6171台
4位L SA II125.3129台
5位X SA II136.191台
6位X メイクアップ SA II141.569台
7位G SA II149.037台

ムーヴキャンバスの価格帯は118.8~166.9万円ですが、一番の売れ筋は比較的上位グレードの「X リミテッド メイクアップ SA II」となっていることがわかります。

ムーヴキャンバスの人気グレードの装備を比較

ムーヴキャンバス X リミテッド メイクアップ SA IIの主な装備は?

ムーヴキャンバス X リミテッド メイクアップ SA II

○電子カードキー、パワースライドドア

※G メイクアップ SA II/X リミテッド SA IIにも標準装備

電子カードキー

パワースライドドア

電子カードキーを持っていれば、ドアハンドルのスイッチを押すだけで、ロック解除と同時に電動でスライドドアが開くので、雨の日や両手がふさがっている時などに便利です。

○置きラクボックス

※G メイクアップ SA II/X リミテッド SA IIにも標準装備

置きラクボックス

後部座席のシートに荷物をのせた場合には、なにかのはずみで落ちることが心配ですが、かといって足元に置くと汚れる感じがしてイヤなものです。

そんな時に後部座席シートの下から荷物用のBOXを引き出して荷物を置くことができるので、スッキリと悩みを解決できます。

○パワースライドドアの予約ロック機能

※G メイクアップ SA II/X リミテッド SA IIにも標準装備

予約ロック機能

パワースライドドアが閉まりかけている途中で電子カードキーを操作すれば、閉まったあとに自動でロック機能まで行ってくれます。

いちいち閉まるのを確認してからロックして車を離れなくてすむので、とても便利です。

○14インチ2トーンカラードフルホイールキャップ

※G メイクアップ SA IIにも標準装備

14インチ2トーンカラードフルホイールキャップ

フルホイールキャップ

2色でデザインされた専用のホイールキャップが、足元をひきたてて、さらにいっそうかわいさを増し、オーナーの所有欲を満たします。

○メッキバンパーモール(フロント、リヤ)、メッキサイドモール、メッキアウターハンドル

※G メイクアップ SA IIにも標準装備

メッキバンパーモール

メイクアップグレード専用のメッキされたモールやアウターハンドルがエクステリアを華やかにして、オシャレ感満載です。

ムーヴキャンバス G メイクアップ SA IIの主な装備は?

ムーヴキャンバス G メイクアップ SA II

○Bi-Angle LEDヘッドランプ(AFS・オートレベリング機能・LEDクリアランスランプ付)

Bi-Angle LEDヘッドランプ

通常よりも明るく、経済性にも優れたLEDのヘッドランプを装備しています。

Bi-Angle LEDヘッドランプ

Bi-Angle LEDヘッドランプ

また、ハンドルをきった方向に光軸が自動で動くので、夜間でも進行方向がより見渡せて安全性にも貢献しています。

○オートエアコン(プッシュ式)

※G メイクアップ SA II/X リミテッド SA IIにも標準装備

オートエアコン

自動で設定温度に調節してくれオートエアコンが装備されていますので、いちいち温度や風量をかえることなく便利で快適な室内空間を過ごせます。

○スーパーUV&IRカットガラス(フロントドア)

スーパーUV&IRカットガラス

フロントドアガラスは紫外線(UV)と赤外線(IR)をカットして、日焼けやジリジリとした暑さを和らげますので、特に女性にはうれしい機能です。

○スーパークリーンエアフィルター

車外から空気を取り入れる場合に、高性能のフィルターを装備しているので、花粉やPM2.5をキャッチして、キレイな空気の室内でドライブできます。

ムーヴキャンバス X リミテッド SA II の主な装備は?

○歩行者傷害軽減ボディ

※X リミテッド メイクアップ SA II/ G メイクアップ SA IIにも標準装備

ムーヴキャンバス X リミテッド SA II

万が一、歩行者にぶつかった時に被害を軽減するために、車体の前面のフェンダー、フード、ワイパー等に衝撃緩和装置や吸収スペースを設定して、歩行者を保護する機能を高めています。

○プリテンショナー&フォースリミッター機構付フロント3点式ELRシートベルト

※X リミテッド メイクアップ SA II/ G メイクアップ SA IIにも標準装備

衝撃を受けた場合には、前席のシートベルトを瞬時に巻き取ってダメージを軽くするプリテンショナー機構と、シートベルトに一定以上の荷重をかからなくして、胸部への負担を軽くするフォースリミッター機構により、安全性を高めています。

○VSC

※X リミテッド メイクアップ SA II/ G メイクアップ SA IIにも標準装備

VSC

急なハンドル操作や滑りやすい路面で、車体がスピンしそうになった場合に、自動でブレーキやエンジンの出力をコントロールして、横滑りを防ぎます。

その他の人気の装備は?

○スマートアシストⅡ

レーダーやカメラなどにより予防安全として以下の機能を備えています。

スマートアシストⅡ

最近の車には欠かせない機能となってきました。

衝突回避支援ブレーキ機能

衝突回避支援ブレーキ機能:先行車に衝突しそうになると自動でブレーキをかけて、減速し、ダメージを回避、もしくは軽減します。

衝突警報機能

衝突警報機能(対車両、対歩行者):前方の車両や歩行者を検知して、危険が迫った場合にはブザーとメーターで知らせます。

車両逸脱警報機能

車両逸脱警報機能:車線を外れそうになるとドライバーへ警告し、危険を回避します。

誤発進抑制制御機能

誤発進抑制制御機能:時速10km以下の場合に急発進しそうになった場合に、前方の障害物を認識して、エンジン出力を低下し、ブザーとメーターで知らせます。

先行車発信お知らせ機能

先行車発信お知らせ機能:信号待ちなどで、前方の車が発信した場合にブザーとメーターで知らせます。

当サイトのおススメグレードはムーヴキャンバス G メイクアップ SA II!

ムーヴキャンバス G メイクアップ SA II

ムーヴキャンバスにはこれまでご紹介してきたように色々なグレードがありますが、当サイトのおススメグレードは「ムーヴキャンバス G メイクアップ SA II」です。

その理由をご紹介します。

オシャレでかわいい「メイクアップ」グレード

やはりこの種類の車は見た目が大切だと思います。

メイクアップグレード

メイクアップグレード

メイクアップグレードは専用装備としてエクステリアがメッキやコンビネーションランプ、2トーンのホイールなど、またインテリアにいたってはパステルカラーの専用色、さらにメッキによる飾りなど、女性としてはワクワクするようなかわいさを備えています。

このかわいさは、女性オーナーならばぜひとも欲しいインテリアです。

装備と価格差

「G メイクアップ SA II」の一つ下のグレードは「X リミテッド メイクアップ SA II」ですが、その価格差は約6.4万円、メイクアップの最下グレード「X メイクアップ SA II」との差でも約13万円です。

この価格差での装備の差ですが、価格差以上に装備が充実していると言えます。

例えばハンドル追従型のヘッドランプ、スーパーUV&IRカットのドアガラス等々。ここは上位グレードの「G メイクアップ SA II」を選択するのがベストだと思います。

ただ、セカンドカーとしても使用がメインという方はメイクアップの下位グレードや、メイクアップ以外の標準グレードを選択するのもアリかもしれません。

普段使いだからこそ

毎日のお買い物や子供の送り迎えなど、普段使いの車であるからこそ、ちょっとしたオシャレ感覚が必要だと思うのです。

日常的な毎日の生活もカワイイ車であれば、ちょっとしたことでも楽しくなるかもしれません。

そこで、軽としては少々お高いかもしれませんが、ここは最上位グレードの「G メイクアップ SA II」を推薦しておきます。

下取り車があるならさらに新車の総額を下げる事が出来ます!

下取り車を高く売る?面倒だからあなたにあげる

新車購入で気になるのは値引きや総支払額ですが、もし下取り車があるなら、さらに支払額を下げる事が出来ます。

もちろん値引き交渉が苦手でも、簡単にできる方法なので、是非ご参考ください。

ディーラーはウソを付いている!?

新車を買うなら、取り合えずディーラーで査定してもらう人が大半でしょう。管理人も毎回そうです。

しかし、ここで注意したいのは、「ディーラーは下取り金額でウソを付いている」ケースが多い事です。

正確には、本来ある相場よりも低い下取り金額を伝えて来ます。

相場よりも低い金額で買い取れれば、新車とは別に下取り車でも大きな利益を得る事が出来ます。

なので、新車から値引きしても、下取り車の利益で補てん出来てしまうので、ディーラー的には損が無いと言う事になります。

ユーザーにとっては損しかありませんね・・・

ディーラーに騙されないためには?

以前、管理人はBMW1シリーズ(116i)を買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。その時の下取り金額は85万円です。

ただ、ディーラーが本来の相場よりも安めに言ってくる事は知っていたので、比較するために買取店にも査定を申し込みました。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の相場を教えてくれます。

 

かんたん車査定ガイドの概算相場画面

そこで出た金額は、ディーラーよりも20万円も高い金額でした。

次回ディーラーに行った時に、「買取店では105万円と言われましたけど・・」と伝えて見ると、セールスさんは少々慌てて上司に確認を取りに奥へ引っ込みました。

10分ほど経って戻ってくると、「うちもギリギリの線なので103万円+リサイクル預託金でいかがですか?」と言われました。

リサイクル料の戻りも加算すると、約104.2万円になります。

その時の契約書はこちらです。

 

下取り車の契約書

もし最初の85万円で契約していたら、19万円もの損をする所でした・・・

この時した事は、買取店の査定サイトで表示された概算相場をディーラーに伝えただけです。

これだけで19万円もアップしたので、やっぱりディーラーは下取り金額を安く見積もって来たんだな、と思いましたね。

ディーラーの査定より高ければ買取店へ売る選択も

ディーラーで契約の時に、「BMは買取店へ売る事になるかもしれないので、その時は下取りに入れない事を承知してもらえますか?」と伝えたら、あっさりOKしてくれました。

これで納車直前に、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらい、ディーラーより高ければ買取店へ売る事が出来ます。

もしディーラーの方が高ければ、そのままディーラーへ下取りに入れる事でセールスさんからOKをもらってます。この方法は、納車直前まで自分の車に乗っていられるのでおすすめです。

そして納車前に実際に2店の買取店に査定してもらいました。

1店目は、ディーラーの104.2万円に対して107万円

そして2店目には、「1店目で110万円、120万なら即決」と少し盛って伝えると、「120は相場を超えちゃってるので無理ですが・・・110ですか~・・・116万円ではいかがでしょう?」と、ディーラーよりさらに11.8万円のアップに成功です!

その時の契約書です。

買取店の契約書

一番最初の査定金額は、ディーラーの85万円だったので、実に31万円の上乗せに成功しました。

ディーラーだけでなく買取店の査定を検討して、本当に良かったと思いましたね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

1分足らずの入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されるので、管理人のようにディーラーの下取り金額と比較したい方、すぐに愛車の相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

限界まで値引きを引き出すムーヴの値引き交渉術

一回の交渉だけで、ムーヴから限界値引きを引き出す方法です。

短期間でしかも手間なく出来るので、何度もディーラーへ行く時間がない方、交渉事が苦手な方でも出来る方法です。

是非ご参考ください。