インプレッサの人気カラーランキング!人気色とおすすめのカラーは?

人気カラーランキング! おすすめの人気色も紹介

スバルの看板車種である「インプレッサ スポーツ」は、日本を代表するスポーツハッチバックで、話題の「アイサイト」に代表される安全装備の面でも日本の車社会を牽引する人気車種と言えます!

そんな「インプレッサ スポーツ」は、すっきりしたシンプルなカラーが多い、カラーラインナップとなっています。

はたして、どんなカラーに人気が集まっているのでしょうか⁉︎

スバル「インプレッサスポーツ」の人気カラーランキング発表!

順位 カラー名
1位 クリスタルホワイト・パール
2位 クリスタルブラック・シリカ
3位 アイスシルバー・メタリック
4位 ダークブルー・パール
5位 ダークグレー・メタリック
6位 クォーツブルー・パール
7位 ピュアレッド

※「クリスタルホワイト・パール」のみ、+¥32,400の特別塗装

スバル「インプレッサ スポーツ」の人気のカラーを紹介

1位 クリスタルホワイト・パール

インプレッサ スポーツ クリスタルホワイト・パール

ホワイトパール系のカラーは、どんな車種でも定番カラーとして人気がありますが、「クリスタルホワイト・パール」は、「インプレッサ スポーツ」の雰囲気に合う、清潔感と純粋なイメージが感じられるカラーと言えます。

また、「クリスタルホワイト・パール」のシンプルな上品さが、車格以上の高級感を演出してくれ、老若男女問わず選びやすく乗りやすいカラーとなっています。

晴れた日には、艶のあるカラーが眩しいくらいに輝いてくれ、特別塗装であることも納得の美しさが堪りません!

さらに、ブラックアウトされたヘッドライトと、ホワイトパールのボディカラーとのコントラストが、よりデザインを引き締めてくれ、そんなカッコ良さに思わず惚れてしまうのでは⁉︎

2位 クリスタルブラック・シリカ

インプレッサ スポーツ クリスタルブラック・シリカ

グッとボディ全体が引き締まり、男性からの人気が高いカラーが「クリスタルブラック・シリカ」です。

ソリッドに近いはっきりとしたブラックがベースにあるカラーで、特殊な新素材が用いられたクリア層により、深みのある質感を表現しています。

ボディに映り込む景色の綺麗さが、そんな質感の高さを実証しています。

そんな美しい塗装面を、少しでも長く綺麗な状態で乗りたいと考えているこだわりのあるオーナーさんも多いようで、そんな方々はボディコーティングを施工して、傷や汚れから守りつつ、メンテナンス(洗車)のしやすい状態にしているようです。

手が掛かるカラーかもしれませんが、その分愛着の湧くカラーと言えそうですね!

3位 アイスシルバー・メタリック

インプレッサスポーツ アイスシルバー・メタリック

シルバーカラーの車は、一見ありきたりで目立たない、無難なイメージがあるかもしれせんが、「アイスシルバー・メタリック」はそんな他のシルバーカラーとは違う、魅力あるカラーと言えます。

「ブルーがかったシルバーというイメージ」

…という声が多いですが、夕暮れ時や曇りの日のような少し薄暗い場所だと、特にその雰囲気が強調され、なんとも涼しげな雰囲気が感じられます。

一方で、晴れた日の太陽の下ではツルっとした綺麗なシルバーというような印象です。

また、光の反射の仕方が綺麗で、インプレッサのデザインにマッチしたシャープさ・金属感がオーナーを魅了します。

そんなこだわりの深い「アイスシルバー・メタリック」は、傷や汚れも目立ちにくいので幅広い層から支持を得ているカラーと言えるでしょう!

4位 ダークブルー・パール

インプレッサスポーツ ダークブルー・パール

ブルーという名前が入っていますが、ネイビーという方が実際のイメージに近いカラーとなっている「ダークブルー・パール」は、派手さはありませんが落ち着きのあるとても良いカラーとなっています。

また、スバル車と言えば「ブルー」というイメージがある方も少なくないので、ブルー系カラーは一定の人気を保つ定番カラーとして定着しており、「インプレッサ スポーツ」も例外ではありません。

お洒落な雰囲気が都会の景色にうまく馴染んでくれ、落ち着いた佇まいが「仕事のできる大人の相棒」という言葉がぴったりな感じもしますね。

傷や汚れが目立ちやすい濃色系カラーになるので、「クリスタルブラック・シリカ」と同じく、ボディコーティングを施工するなどして、少しでも綺麗に保ちたいところです。

5位 ダークグレー・メタリック

インプレッサスポーツ ダークグレー・メタリック

ダーク系カラーが好みだけど、ブラックだと色味として重すぎるし、人と被り過ぎるのが気になる…

そんな方に是非お勧めしたいのが、「ダークグレー・メタリック」です。

このカラーのオーナーさんは、他のカラーにしようと思っていたところ、「ダークグレー・メタリック」の実車を見て惚れ込み、購入直前でボディカラーを変更した…というような方が多く、オーナーとして愛車の満足度が高くなるカラーとも言えます。

昼間の太陽の下ではガンメタのボディに綺麗なメタリック塗装が映え、渋さとカッコ良さが混じり合った印象の一方で、夜はブラックに近い落ち着いたカッコ良さが感じられます。

とにかくカッコ良いという声が多いカラーなのですが、何故かあまり街中では見掛けないカラーとなっており、他人と被りづらい狙い目のカラーと言えそうです!

スバル「インプレッサ スポーツ」のピックアップカラー

アイサイトを搭載し安全・安心を備えた、自分にも他人にも優しい車として、多くの人に愛される「インプレッサ スポーツ」…

インプレッサスポーツ アイスシルバー・メタリック

そんなイメージにぴったりなボディカラーが、「アイスシルバー・メタリック」です。

広告やメーカーHPでもイメージカラーとして使われているカラーなので「インプレッサ スポーツ」と言えばこのカラーを思い浮かべる方も多いかもしれません。

スポーティーなエクステリアを、美しくクールですっきりした印象としてうまく表現しているカラーですね。

人気カラー紹介でも述べたように、普通のシルバーとはひと味違った色味となっているので、他車種のようなありきたりな雰囲気にならないのも好印象と言えます。

シルバーを敬遠しがちな方も、是非一度、実車でその美しさを体感していただきたいですね!

スバル「インプレッサ スポーツ」のオススメカラーを紹介

目立つ車が好き!アグレッシブな方にオススメのカラー

インプレッサスポーツ ピュアレッド

地味で無難なカラーよりも、はっきりした色味で人とは違う目立つカラーが好きな方であれば、落ち着いたカラーが多い「インプレッサ スポーツ」では「ピュアレッド」一択となるのではないでしょうか⁉︎

鮮やかではっきりした赤は、街中でもかなり存在感を示すカラーで、アグレッシブな雰囲気と汚れが目立ちにくいという点からも、アウトドアシーンにとても似合いそうなカラーと言えます。

あまり他人と被らないカラーで、その分リセールバリューは期待できませんが、好きで選んでいるカラーであるならば関係ないでしょう!

最近、様々なメーカーから出ているメタリック調で深みのある赤とは違う、ソリッドな雰囲気の赤ですが、「インプレッサ スポーツ」の他のカラーとはガラリと雰囲気が変わるので、一目見て心揺さぶられた!…という方もいらっしゃるのでは⁉︎

「インプレッサ スポーツ」のデザインに惚れ込んだ人にオススメのカラー!

インプレッサスポーツ ダークグレー・メタリック

「インプレッサ スポーツ」の先進的でスポーティネスなエクステリアデザインが好きだという方にオススメのカラーが、「ダークグレー・メタリック」です。

美しく浮き上がるプレスラインによって、「インプレッサ スポーツ」のフォルムがくっきりと表現されるのがとてもカッコ良いと評判です。

一見渋さのあるカラーですが、メタリックカラー特有の光の当たり方によって印象が変わる様子からは、その時々で上品さやスポーティネスな雰囲気が味わえ、存分に「インプレッサ スポーツ」という車をエクステリアで楽しめるカラーとなっています。

個人的には夕陽をバックにカメラに収めると、デザイン×ボディカラーの良さが1番際立つかと思います。

きっとさらに愛車に惚れ込んでしまうはずですよ!

落ち着いたカラーが好みの人にオススメのカラー

インプレッサスポーツ クォーツブルー・パール

「インプレッサ スポーツ」では少数派ではありますが、大人の落ち着いた雰囲気が好印象なカラーが「クォーツブルー・パール」です。

派手さはありませんが、地味過ぎずに爽快感のある絶妙なブルーの鮮やかさが、お洒落な雰囲気も併せ持っていて、今のスバルのイメージにぴったりなカラーと言えます。

景色の良い自然の中を、ゆったりと走り抜ける姿が景色に馴染んで、とても似合いそうですね。

汚れも目立ちにくく、手の掛からないカラーである点も魅力です。

スバル「インプレッサ スポーツ」のカラーまとめ

個性的なカラーが少ないものの、どのカラーも機能美に優れた「インプレッサ スポーツ」の優等生な雰囲気を上手く表現しており、どのカラーも飽きのこない魅力があると言えます。

よって、ブラックやホワイトの定番カラー以外のカラーにも手の出しやすいカラーラインナップとなっているので、是非自分に合ったカラーにチャレンジしていただければ…と思います!

下取り車があるならさらに新車の総額を下げる事が出来ます!

下取り車を高く売る?面倒だからあなたにあげる

新車購入で気になるのは値引きや総支払額ですが、もし下取り車があるなら、さらに支払額を下げる事が出来ます。

もちろん値引き交渉が苦手でも、簡単にできる方法なので、是非ご参考ください。

ディーラーはウソを付いている!?

新車を買うなら、取り合えずディーラーで査定してもらう人が大半でしょう。管理人も毎回そうです。

しかし、ここで注意したいのは、「ディーラーは下取り金額でウソを付いている」ケースが多い事です。

正確には、本来ある相場よりも低い下取り金額を伝えて来ます。

相場よりも低い金額で買い取れれば、新車とは別に下取り車でも大きな利益を得る事が出来ます。

なので、新車から値引きしても、下取り車の利益で補てん出来てしまうので、ディーラー的には損が無いと言う事になります。

ユーザーにとっては損しかありませんね・・・

ディーラーに騙されないためには?

以前、管理人はBMW1シリーズ(116i)を買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。その時の下取り金額は85万円です。

ただ、ディーラーが本来の相場よりも安めに言ってくる事は知っていたので、比較するために買取店にも査定を申し込みました。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の相場を教えてくれます。

 

かんたん車査定ガイドの概算相場画面

そこで出た金額は、ディーラーよりも20万円も高い金額でした。

次回ディーラーに行った時に、「買取店では105万円と言われましたけど・・」と伝えて見ると、セールスさんは少々慌てて上司に確認を取りに奥へ引っ込みました。

10分ほど経って戻ってくると、「うちもギリギリの線なので103万円+リサイクル預託金でいかがですか?」と言われました。

リサイクル料の戻りも加算すると、約104.2万円になります。

その時の契約書はこちらです。

 

下取り車の契約書

もし最初の85万円で契約していたら、19万円もの損をする所でした・・・

この時した事は、買取店の査定サイトで表示された概算相場をディーラーに伝えただけです。

これだけで19万円もアップしたので、やっぱりディーラーは下取り金額を安く見積もって来たんだな、と思いましたね。

ディーラーの査定より高ければ買取店へ売る選択も

ディーラーで契約の時に、「BMは買取店へ売る事になるかもしれないので、その時は下取りに入れない事を承知してもらえますか?」と伝えたら、あっさりOKしてくれました。

これで納車直前に、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらい、ディーラーより高ければ買取店へ売る事が出来ます。

もしディーラーの方が高ければ、そのままディーラーへ下取りに入れる事でセールスさんからOKをもらってます。この方法は、納車直前まで自分の車に乗っていられるのでおすすめです。

そして納車前に実際に2店の買取店に査定してもらいました。

1店目は、ディーラーの104.2万円に対して107万円

そして2店目には、「1店目で110万円、120万なら即決」と少し盛って伝えると、「120は相場を超えちゃってるので無理ですが・・・110ですか~・・・116万円ではいかがでしょう?」と、ディーラーよりさらに11.8万円のアップに成功です!

その時の契約書です。

買取店の契約書

一番最初の査定金額は、ディーラーの85万円だったので、実に31万円の上乗せに成功しました。

ディーラーだけでなく買取店の査定を検討して、本当に良かったと思いましたね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

1分足らずの入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されるので、管理人のようにディーラーの下取り金額と比較したい方、すぐに愛車の相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

限界まで値引きを引き出すインプレッサの値引き交渉術

一回の交渉だけで、インプレッサから限界値引きを引き出す方法です。

短期間でしかも手間なく出来るので、何度もディーラーへ行く時間がない方、交渉事が苦手な方でも出来る方法です。

是非ご参考ください。