NBOXのおすすめカーナビは純正?社外ナビ?

NBOXのおすすめカーナビを紹介!

今では装備していない人の方が珍しいのがカーナビ。

カーショップでも主力商品として色々なメーカーのものがところ狭しと陳列されています。

ディーラーにおいても従来のオーディオ製品に変わる貴重な収益源として、新車購入者に勧めており、「今ならカーナビ半額!」などと集客の目玉商品となっているケースもあります。

それではディーラーで取り付ける純正のカーナビと、カーショップで取り付けるいわゆる社外品のカーナビではどちらが良いのでしょうか?そもそもどのような違いがあるのでしょうか?

ホンダ純正カーナビのメリットとデメリット

純正カーナビのメリット

メリットとしては、カタログの写真と同じですから、それぞれの車種の内装にマッチした取り付けがされているので、違和感がなくスッキリした装着感になることが大きいでしょう。

ハンドルに付属するスイッチなどで操作する機能がある車種の場合や、ホンダのインターナビなどのように独自の情報を取得できる機能も標準で装備され、メーカー独自のサービスが受けられます。

納車時に車と同時に営業マンから操作法を教えてもらえるので、納車と同時にすぐ利用できます。

また、故障やトラブルがあった場合は基本的にディーラーに行けばいいので安心で、保証もしっかり3年付いています。

純正カーナビのデメリット

社外ナビの同スペック品より値段が高いのは一番のデメリットです。

特に最近は各メーカーや販売店の競争も激しく、定価で売っている事はまずありませんのでなおさらです。

最新機種がすぐに店頭に並べられる社外ナビと異なり、正式採用に時間がかかるため、最新技術を装備した機種が遅れて採用される傾向がありますし、メーカーによっては取り扱わないケースもあります。

NBOXの純正カーナビはどんな方におすすめなのか

・納車時からすぐナビを使いたい方
・後で取り付けるのが面倒な方
・後付けでゴチャゴチャした見栄えになるのが嫌いな方

ではないでしょうか?

NBOXの純正カーナビ

NBOXの純正カーナビ
※NBOX 出典honda.co.jp

ホンダの純正ナビと言えば「インターナビ」です。

インターナビとは最新の情報で渋滞を考慮する機能がある「通信型ナビ」で、インターナビ装着車の走行情報を集めて、交通情報として通信料無料の配信することを世界で初めて実用化した、リアルタイム交通情報を可能としており、主な特徴は次の通りです。

・主要道路以外の細い道の状況まで把握します
・いちばん早いルートを予測。曜日・時刻・大型連休などでどう変化するか渋滞のパターンまで予測します
・事故などによる突発的な渋滞や交通規制といった状況の変化も把握します

NBOX純正カーナビの価格は?

8インチプレミアムインターナビ 194,400円
スタンダードインターナビ 165,240円
ベーシックインターナビ 137,160円
エントリーインターナビプラス 117,720円
エントリーインターナビ 99,900円

軽自動車ということで、エントリータイプを選ぶ人が多いようです。

また、値引きの代わりにインターナビをサービスするケースでも、このエントリータイプが多く使われるようです。

社外カーナビのメリットとデメリット

社外カーナビ

社外カーナビのメリット

社外カーナビのメリットとして最も大きく分かりやすいのが、純正ナビの同スペック品より値段が安いということでしょう。

それもカーショップでは定価で販売されることはほぼなく、一世代前の機種や不人気の機種は大幅な値引きをされている事も良くあります。

これは年々機能が増えて高額になるカーナビを購入するユーザーにとっては、多くの品揃えの中から、自分の欲しい機能と予算に応じて多彩の選択が可能になるのです。

また、カーナビは各メーカーが常に最新技術を競っているので、機能の進歩が早いため、最新機種がすぐに店頭に並ぶのも社外品ならではのメリットといえるでしょう。

さらにグレードアップも比較的自由に行え、自分独自のシステムを構築できるのも魅力です。

社外カーナビのデメリット

機種やメーカーにとってはインテリアにジャストフィットしないことがあります。

中にはダッシュボードに上手く収まらないケースも見受けられます。

また、保証が基本的に購入時から1年(純正品はおよそ3年)ということも気になります。

保証期間内であっても、社外ナビの場合ディーラーでの作業は有料になることがあります。

社外ナビはどんな方におすすめなのか?

・とにかく安くナビを手に入れたい方
・人よりハイスペック・ハイパフォーマンスな機種が欲しい方
・自分で取り付けられる方(出来る方)

N-BOXの社外カーナビ

パナソニックGORILLA CN-G1000VD 47,393円
パイオニア楽ナビ AVIC-RZ99 72,030円
パイオニアサイバーナビ AVIC-ZH0999S  157,000円

人気なのは取り外せるポータブルタイプです。

最近は機能も充実しており、取り付けタイプと変わらぬパフォーマンスを持ちます。

正反対のハイパフォーマンスタイプはフルセグTVチューナー付きが主流です。

メーカー別では操作性や機能からもパイオニアが広い支持を集めています。

N-BOXのカーナビでおすすめなのは?

カーナビ

ここは純正のエントリータイプをおおすすめします。

エントリータイプでも機能は十分で、N-BOXのダッシュボードに良くマッチしています。

社外品ではポータブルタイプがいいでしょう。余分な機能を排除して、どなたにもすぐに使いこなせるのも魅力です。

下取り車があるならさらに新車の総額を下げる事が出来ます!

下取り車を高く売る?面倒だからあなたにあげる

新車購入で気になるのは値引きや総支払額ですが、もし下取り車があるなら、さらに支払額を下げる事が出来ます。

もちろん値引き交渉が苦手でも、簡単にできる方法なので、是非ご参考ください。

ディーラーはウソを付いている!?

新車を買うなら、取り合えずディーラーで査定してもらう人が大半でしょう。管理人も毎回そうです。

しかし、ここで注意したいのは、「ディーラーは下取り金額でウソを付いている」ケースが多い事です。

正確には、本来ある相場よりも低い下取り金額を伝えて来ます。

相場よりも低い金額で買い取れれば、新車とは別に下取り車でも大きな利益を得る事が出来ます。

なので、新車から値引きしても、下取り車の利益で補てん出来てしまうので、ディーラー的には損が無いと言う事になります。

ユーザーにとっては損しかありませんね・・・

ディーラーに騙されないためには?

以前、管理人はBMW1シリーズ(116i)を買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。その時の下取り金額は85万円です。

ただ、ディーラーが本来の相場よりも安めに言ってくる事は知っていたので、比較するために買取店にも査定を申し込みました。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の相場を教えてくれます。

 

かんたん車査定ガイドの概算相場画面

そこで出た金額は、ディーラーよりも20万円も高い金額でした。

次回ディーラーに行った時に、「買取店では105万円と言われましたけど・・」と伝えて見ると、セールスさんは少々慌てて上司に確認を取りに奥へ引っ込みました。

10分ほど経って戻ってくると、「うちもギリギリの線なので103万円+リサイクル預託金でいかがですか?」と言われました。

リサイクル料の戻りも加算すると、約104.2万円になります。

その時の契約書はこちらです。

 

下取り車の契約書

もし最初の85万円で契約していたら、19万円もの損をする所でした・・・

この時した事は、買取店の査定サイトで表示された概算相場をディーラーに伝えただけです。

これだけで19万円もアップしたので、やっぱりディーラーは下取り金額を安く見積もって来たんだな、と思いましたね。

ディーラーの査定より高ければ買取店へ売る選択も

ディーラーで契約の時に、「BMは買取店へ売る事になるかもしれないので、その時は下取りに入れない事を承知してもらえますか?」と伝えたら、あっさりOKしてくれました。

これで納車直前に、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらい、ディーラーより高ければ買取店へ売る事が出来ます。

もしディーラーの方が高ければ、そのままディーラーへ下取りに入れる事でセールスさんからOKをもらってます。この方法は、納車直前まで自分の車に乗っていられるのでおすすめです。

そして納車前に実際に2店の買取店に査定してもらいました。

1店目は、ディーラーの104.2万円に対して107万円

そして2店目には、「1店目で110万円、120万なら即決」と少し盛って伝えると、「120は相場を超えちゃってるので無理ですが・・・110ですか~・・・116万円ではいかがでしょう?」と、ディーラーよりさらに11.8万円のアップに成功です!

その時の契約書です。

買取店の契約書

一番最初の査定金額は、ディーラーの85万円だったので、実に31万円の上乗せに成功しました。

ディーラーだけでなく買取店の査定を検討して、本当に良かったと思いましたね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

1分足らずの入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されるので、管理人のようにディーラーの下取り金額と比較したい方、すぐに愛車の相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

限界まで値引きを引き出すNBOXの値引き交渉術

一回の交渉だけで、NBOXから限界値引きを引き出す方法です。

短期間でしかも手間なく出来るので、何度もディーラーへ行く時間がない方、交渉事が苦手な方でも出来る方法です。

是非ご参考ください。